やっぱりチヌが好き

今日の釣果

ほったらかし・・・

2018-02-17 09:04:28 | 釣り

 2ヶ月以上ほったらかし状態。

 昨年末からなんやかんやと身の回りが忙しくて,なかなか釣りに行けない。

 11月の終わりに坊に行き,木っ端や外道達に弄ばれ,あげくの果てはサラシの外側で45センチの磯チヌまで釣れてしまった。

 12月の初め,人工島沖堤にクロを狙って行ったが,竿3本まで入れても反応なし。

 そして,今年の初釣りはなんと2月3日。再び人工島沖堤へ。そして・・・・坊主。

 今週こそ磯に行こうと思っていたら,インフルエンザのB型をもらってしまった。

 これから仕事も忙しくなるし,今シーズンはクロに会えないかもしれない。

 4月になったら再び落とし込みに入るしなぁ・・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

びっくりしたなぁ,もう!

2017-10-09 20:52:17 | 釣り

 8月25日以来更新をサボっていたら,あっという間に10月。

 詳細は省略して,9月の釣果一覧!

あ,忘れてた・・・・・8月26日,人工島沖堤

今度こそ9月,9月3日 人工島沖堤

9月10日 人工島沖堤

台風休みがあって,9月24日,雨の人工島沖堤

そして10月。まずは10月2日,ホーム。

10月7日,ホーム。波止に行く途中,見つけたのが

ワタリガニじゃないよね,たぶんイシガニ?ハサミを広げるとタモ枠からはみ出てた。おいしそうだったが,釣りの前だったので,お帰り頂いた。

次の日,10月8日もホームへ。

 そして今日,10月9日は人工島沖堤へ。開始早々35㎝のマダイが釣れて気分上昇(写真無し)!

 それからも35㎝のオオモンハタが来たり,常連のイラが来たりと楽しんでいたが,そいつは突然食って来た・・・・・・・。

 丁度カーブの真ん中辺り。着底したカニを引きはがしてフォール。2回しても反応がなかったので,巻き上げようと上げたときだった。ゴンというアタリがいきなり来た。なんだ?でかいぞ!竿が大きく曲がっている。糸を出さずに耐える,上を向いた?竿の角度はそのままでゴリ巻き!重い!なかなか巻けない!また突っ込む!耐える!何だ?イラじゃない,チヌでもない,青物でもない,ハタ?マダイ?

 ゆっくり巻いて巻いて,やっと見えてきた。一瞬でかいマダイかと思ったが,ハタだ!

今まで見たことも無い大きさ。釣った自分が一番ビックリ。興奮収まらぬまま,近くにいたロックフィッシュ狙いの人に見せると,やはり大きさにびっくりしていた。「良く上がりましたね」と言われたが,運が良かったんだろうね。オオモンハタかもと言われたが,帰ってから調べてみると,チャイロマルハタかヤイトハタのような・・・・はっきりしない。今まで釣った中で,重さだけだったら自己新記録だろう。長さは60㎝。

ストリンガーを2本掛けてキープ。

その後,40㎝のマダイを追加。チヌは・・・・・潮が透けすぎてて,すぐに逃げてしまい,メイタが1匹だけだった。

 暑さに負けて,11時半に納竿。マダイを処理した後,ハタをどうするか迷った。根魚って,成長するのに時間がかかるって何かで読んだが,ここまで大きくなるのにどれくらい掛かってるのだろう。持って帰って我が家の台所で捌けるか?

 結局,もっと大きくなってもらうために海にお帰り頂いた。船長からはもったいないと言われたが,自分で食べない分は海に帰さないとね。

 ちなみに,このブログを御覧になっている方で,このハタの正体がおわかりの方がいらっしゃいましたら,是非教えてください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痛かった出費

2017-08-25 20:09:04 | 釣り

 昨日の釣行時,タモ枠が折れた。

 魚を掬った釣行後は,必ず水洗いをしていのだけれど。継ぎ目ではなく,真ん中から折れたので,金属疲労なのかな?腐食らしい腐食も無かったので。ただ,新しいタモ枠と比べると,ジョイント部の動きが全く良くない。原因は,ムリに伸ばそうとしたことかも。

 明日は人工島沖堤に行く予定なので,このままは大きな魚が来たら獲れない(??)と思い,ポ○ント谷山店へ。

 これまでと同じく,高いけど軽くて信頼性の高い「極ver.Ⅱ」の45㎝赤を購入。

 上が壊れたタモ枠。下が新しいタモ枠。こうして見ると,今までのは褪色してるし,錆らしいものも見えている。やっぱり経年劣化はしてるんだよね。

 新しい方はジョイント部など改良されているのも分かる。ノギスで計測すると,パイプ径も1㎜ぐらい太くなっている。なんといってもジョイント部がスルスル動くのがいい。

 タモ枠が新しくなって,これだけでなんだか魚が釣れるように思えてしまう。でもタモ網って,釣ってから使うから魚を掛けないことには出番が無いんだよね・・・・。

 ま,とりあえず今回タモ枠を壊したことで,どうすれば長持ちさせられるか分かった。とにかく水洗いをしっかりしよう。

 ああ,今月の小遣いが・・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タモは壊れてもPEACEだね

2017-08-24 23:39:23 | 釣り

 24日は有休消化で平日釣行。

 久しぶりに2番に行くと船長に告げると,あるメーカーのプロモの撮影が来てるので気を付けてねと言われ「あの人?」と聞くとビンゴ!フカセで来ていた若者はそれだけで大興奮していた。

 2番の白灯台のとこで撮影していたので,少し離れた所に下ろしてもらった。「釣りビジョンとかだったら良かったのに」とか思いつつ,ちらちらと横目で見ながら,こちらは自分の準備を進める。

 するとココでアクシデントが!タモ枠を広げようと力を入れたら「ペキッ」。何年使ったかな,とうとうと折れてしまった。また痛い出費になる・・・・・。

 ずっとカメラが回ってたので,邪魔にならないように内側を赤灯台側に探り始める。しかし,アタリは無い。フカセの若者達が赤灯台のところで釣っていたので,「白のとこにいるよ」と教えてあげる。

 外側を見て行くと,型の良いチヌが見えていた。数は3番だが,型は2番の方が良いね。それでも底を探って行くが,釣れたのは常連のハトポッポが2匹だけ。

 チヌに狙いを変えて,3Bのオモリで外側を落としていくと,4ヒロくらい?コッコッとアタリ。またベラか?チヌか?と思ってあわせると,ベラやフグとは違う引き。チヌ?と思って浮かせると,あれ?赤い!なんと32㎝のマダイだった。小さいけれど,刺身は獲れるサイズだったので,気分は上々。

 しかし,チヌのあたりは1回取られただけで,一周目終了。白灯台を回ると,ディレクター?みたいな人が「落とし込みですか?釣れました?」と聞いて来たので,色々と話す事が出来て,カメラも止まっていたのでPさんとも「釣れました?」などと普通の釣り人の会話をする事に。一応「釣りビジョンでいつも見てますよ」と言うと,「ありがとうございます」とさわやかな対応が返って来た。

 テレビで見るそのまんまの感じで好感度だね,などと偉そうに思いながら,仕掛けをチヌ用に変えてまたまた赤灯台の方から桜島側を探る。

 この頃になると結構流れが速くなっていて,外側に落とすと一気に流れて行って沈まない。マスの中を一つ一つ探って行くと・・・・・

と43㎝と45㎝が来た。更にもう一匹,50近いのを上げたが,針を外してストリンガーに繋ごうとしたときに,暴れてそのまま海にお帰りになってしまった・・・・久々に良型だったのに・・・・まあいいか。

 3番ほどでは無いがアタリは結構あり,釣れた魚もまあまあの型だったので楽しめた。「今日は刺身だ!」と,マダイとチヌの大っきい方(下)を引っ張ってベースへ。

 釣れた魚を見るとやはり釣り人,Pさん達からいろいろ話かけて来られたので,しばし情報交換。この流れの速い中で,50オーバーのチヌを上げていた。流石はプロである。仕掛けを見ると,1号?1.5号?のオモリと大きなウキ。テレビでも,1号とかのウキを使ったり思い切った仕掛けの交換をしているが,その辺りの対応力がこの人の巧さなのだろうね。

 もっとじっくり見ておけば良かったのだけれど,暑さには勝てず12時で回収。Pさん達は夕方までやるらしかった。船から手を振りお別れ。せっかくだからサインもらえば良かったかな。いやいや,そんなミーハーではいかんいかん!

 「マダイが釣りたい」と言ってたが,釣れたかどうかはメーカーのページにそのうち載るだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花火大会の日には

2017-08-19 22:09:45 | 釣り

 8月19日はサマーナイト花火大会の日。

 前日の夕方,天竜丸に電話すると「1番と2番は,もう火薬が上げてあるからダメ。3番なら行けるよ」とのことで3番へ。

 5時の船で渡ったが,1番にも何人か下りた。あれ?と思ったが,後々・・・・。

 今日は,チャレンジカップで何回かお会いしたことのある熊本のKさんもフカセで3番へ。出船前に熊本の様子を聞くと,海水温が高くて苦労しているとのこと。

 3番の赤に下りて,桜島側を探り始めると,流れが速い!オモリ4号でも底が取れない。でもチヌの姿はいっぱい見える。朝からチヌを狙うか?と思ったが,やっぱりマダイが欲しい。ひたすら底を探ったが,底が取れない状態ではアタリを見極める術も無し。

 チヌに切り替える頃には,下げで潮が下がって来ていた。相変わらず流れが速いので,マスの中を探る。チヌの反応はあるのだが,アタリが小さい。糸が震えたかな?と思ったら,カラスを割られたり,半分かじられたり・・・・・分かり辛い。それでも何とか

と35㎝~41㎝が5枚。30㎝クラス(写真を撮らずにリリース)が3枚。

 沖堤3番は,アタリは多いのだが型が小さい。潮が引いたマスの中で当たって来るのは小型ばかり。だから針に乗らないことも多数あり,退屈はしなかった。

 12時に回収。あれ?1番に下りたはずの常連さん達が3番にいる・・・・・どうやら1番を追い出されたらしい。やっぱりムリだったんだね。

 1番,2番では着々と打ち上げの準備が進んでいた。

 人混みが嫌いなのでネット中継で見ていたが,「あー,2番からだ。おっ,1番からも上がった」などと思いながら見ていたのは自分だけだろうか・・・・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月前半の釣果 その2

2017-08-14 02:42:18 | 釣り

 12日土曜日は,再び本港沖堤へ。前日から村田さんに夜釣りを誘われていたが,前日は母の3回忌でムリだった。村田さん達数名は2番に上がっていたので,2番にはもう魚が残っていないだろうと思い3番へ。

 明方は,外側の際にチヌの姿がたくさん見えていたが,まずはマダイとコロを狙う。際にコロの姿が見えなかったので,まずはカニで底を探る。と,

35㎝くらいのハタや

 

50㎝オーバーのイラ(こいつは重かった)が食って来た。でもマダイのアタリは無し。

 しばらくすると,際にコロの姿が・・・・。この前カニに興味を示さなかったので,青イソメを房掛けにして落とすと・・・・コツというよりクックッというアタリが・・・・しばらく待ってウリゃーとアわせると,キター!待望のコロ!やり~と思いながらやり取りを始め,姿が見えたと思ったら・・・ありゃ~~外れてしまった。向こうが持っていくまで待てば良かったのかな。

 落ち込んでいると,バシャバシャという音が!青物のナブラか?と思って振り向くと,2番と3番の間をイルカがジャンプしながら群れで泳いでいった。

 これは,魚も隠れたなと思い,しばし休憩。30分程してから再び底をカニで探っていると,底で小さなアタリ。マダイではないので,ハタかなと思ってあわせると,ギュンとしぼり込んだ。お?マダイ?イラ?と思いながら浮かせてみると,47㎝のコロだった。型は小さいがコロが顔を見せてくれたので嬉しかった。

 その後は,カラスに変えてチヌを狙った。この前と同じく,アタリは多かった。でも食い逃げも多かった。「?」と思ってもあわせないのがいけないんだけどね。それでも,

40~45㎝を5枚はキャッチできた。でも,型は不満。アタリもたくさんあり,浮かせて外れたのも3匹あったので,まだまだ釣れただろうに,下手くそですな。まだまだ修行が足りません。

 2番の方は,夜釣りでマダイがちらほら上がったらしかったが,子連れの子どもの方が・・・・チヌは散ってしまったらしい。

 なんとか小さくてもコロが上がったのと,数的にはまずまず楽しめたので,8月前半はまあまあの結果ですかな。しかし,コロが浮いてる今がチャンスなんだろうけどね。次はいつ行けるかな。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月前半の釣果 その1

2017-08-13 22:18:37 | 釣り

 県外ナンバーをはじめ交通量が増えて,お盆らしくなってきた。久々に昼飯を食べにハッピーポイントに行ったが,226号の下りは平川から先がずっと渋滞していた。

 「お盆には海や川に行っちゃダメ」と子どもの頃に言われて以来,感心なことにその教えを守っている。というより,行ってる暇が無い。ということで,8月8日からの釣果報告。

 8月8日は有休で平日釣行。本港沖堤3番へ。

 上がって見ると,外側の際にはチヌがウジャウジャ。久々に沢山見た。また,でっかいコロも数匹浮いていた。でも,目の前にカニ落としても無関心だった。

 チヌは食い気もあり,カニでもカラスでも食って来た。

35~45まで,写真を撮ったのは7匹。撮るまでもないとリリースしたのが3匹いたから10匹は釣ってたんだ。でも型が小さかった。

 8月10日も有休平日釣行。朝一でホームへ。波気が無かったので内波止を探った。

38~45までが4匹。その後外波止に移動したが,案の定のスケベタ。ムリだろうなあと思いながら探るも,やっぱりアタリ無し。何とか一度のアタリを捉えてキャッチ。

43㎝のまずまずのチヌ。暑くなってきたので9時半で納竿。

 その2に続く。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風5号が・・・遅い

2017-08-05 19:37:27 | 釣り

 遅い。台風5号の動きが遅い。そもそも太平洋の真ん中から迷走しながらやって来て,日本近海でもうろうろ。

 これはもしかして,気象兵器か?鹿児島直撃コースだ。昨日から風が強くなって,今日は朝から強風が吹き荒れている。

 それでもまだのろのろとゆっくり近づいてくる。せっかく週明けまで有休を取ったのに,海に行けないじゃないか!

 しかし,強風や大雨で被害が出なければ良いのだが。

 昨日も有休だったが,まだ風が強く無かったのでホームへ出撃。時刻は,午前4時半。流石に平日の早朝は誰もいない。風もあり,波気もある。濁りもあって条件は最高。

 しかし,外波止を2回往復してもアタリ無し。潮も下げてしまったので,外波止を諦め,内波止へ。

 内側を探って行くが,アタリが無い。先端から10mの所まで来た時,コンコンと叩くようなアタリ!元気が良く走り回る、大きさもそこそこだ。この日初の魚なので,じっくりとやりとりをして浮かせたのは47㎝。

 先端から外側を探るが浅すぎる。根元まで戻り,2回目の内側。すると,真ん中辺りではコンというアタリの後,糸が止まった。おっ?と思って聞くように竿先を上げていくと,なかなか乗ってこない。いないのか?と思った頃,やっと反応有り。

 あまり大きく無いので,早々に浮いてきた。41㎝。

 そこから20m位進んだ所で,コンコンと叩くようなアタリ!大きいのか?いや,そうでもないか?力なく浮いてきた。45㎝。

 時刻が9時を過ぎたので,納竿。内波止で釣れるようになると盛期なのだが,外波止は何で釣れなかったのだろう。時化後はどうなのかな。台風が早々に過ぎ去ることを祈ろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぬっか~

2017-07-30 15:46:28 | 釣り

鹿児島弁講座

 暑いですね。 → ぬっかなぁ。

 すごく 暑いですね。  → まこて ぬっかなぁ。(または)わっぜ ぬっかなぁ。

 暑くて たまりませんね。→ ぬっかっせえ たまらんどなぁ。

  ※ 普段使ってる言葉です。「正しくない」と思っても気にしないでね。

土曜日,やっとゆっくり時間ができたので,久々に村田さんと本港沖堤2番へ。

天気予報では,最高気温35℃とか。午前5時の出船を待っている間も,既に蒸し暑い。

 鹿大の学生グループらと常連さんたちを乗せて,5時過ぎに出船。走り出すと風が気持ちいい。

 3番に学生さん達を下ろし,2番の白で下りる。風が無く,波気もほとんど無い。そそくさと準備を済ませ,明け方はマダイを狙う。

 村田さんは内側を,自分は外側をカニで探って行ったが,残念ながらマダイのアタリは無かった。

 今回(金曜の夕方)もポ○○トでカニが買えなかった(全部予約,しかも8月2日分とか)。遠征組が予約してて,釣具店にすれば確実に売れるからいいんだろうけど,週の半ばぐらいにならないと行けるか分からない地元民はつらいね。カニ獲りに行く時間も無いし。二人ともか○やで買ってきたけど,「か○やのカニは,弱りやすい」という意見で一致。ま,理由はいろいろと考えられるけど。

 カニを丁度使い終わって,ターゲットをチヌに変更,エサをカラスにチェンジ。内側から探ってみたが,一度アタリがあっただけ。ベースに戻ると,ロープが海に伸びていて,良型のチヌがストリンガーに繋がっていた。村田さん,流石である。

 再び外側を探る。スリットの柱の内外を探って行くが,警戒心が強いのか,食って来たのは30㎝のメイタ一匹。それでも根気良く探って行くと,柱の外側で糸がすうーっと!アワせると,一気にスリットに突っ込もうとする。元気がいい魚だが,大きくはない。糸が当たらないように気をつけながら引き摺り出したのは40㎝。

 なんとかチヌが釣れたので一安心。その後,陽が高くなるにつれ風が出て来た。水面がチャポチャポと波気も出て来た。すると,魚の警戒心が薄れたのか,姿が見えるように・・・。さらに,バホバホ(エイ)が際で餌をついばむようになった。

 これはチャンス!「バホバホの下にはでかいチヌがいる」と信じて落とすと,みごとに食って来た。が,針ハズレ。掛かりが浅いか。そのチャレンジを繰り返しながら,赤灯台の近くまで来たとき,またまたスッと糸が動いた!これまた一気にスリットに突っ込む。さっきよりも大きい。糸が当たらないようにしてても,やっぱり当たっている感触がある。切れるなよ~と思いながら,じっくり溜めて引きずり出す。もうちょいというところでまたも突っ込もうとする。切れないことを信じて強引に浮かせた。体高のある46㎝。

やっと納得のサイズが獲れた。安心すると,暑さもあってどっと疲れたが出たので,ベースに帰った。すると,村田さんのストリンガーが3つに増えていた。流石である。

 時刻は12時前。清水小学校の錦江湾遠泳大会も終わり,天竜丸も帰ってきた。そろそろ回収かなと思いつつ,日陰で休んでいると,3番に上がっていた大学生達が帰り支度を始めたので,天竜丸に確認の連絡をすると,12時15分頃迎えに来るとのこと。ま,暑いのでこれ以上は集中力も続かないからちょうど良かった。

 来週は朝方が満潮だから,ホームかな。台風の動きも気になる。暑さでバテないように気を付けよう。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

難しい

2017-07-24 22:52:33 | 釣り

 週末は,土,日曜とも10時くらいから用事があり,明け方から8時までの釣り。よって地波止での釣り。

 日の出前にカラスを獲ってホームへ。

 土曜日は,ベタ凪ぎでスケ。魚はいるが,アタリは全く無かった。

 日曜日も続けて出撃。海は同じ様な状況だったが,この日はアタリがあった。

 一発目は,竿先まで引き込むアタリ!しかし,大概こんな時は小さい奴・・・・。案の定,元気な30㎝。写真も撮らずにリリース。

 二発目は,糸がフルフルっと震えるアタリ!40後半はある良型!しかし,浮かせた所で針外れ!残念!

 3発目は,糸がわずかに 震えてので一瞬間を置いて合わせたが,カラスをグッチャり割られていた。合わせが遅い。

 4発目は,糸がスッと動いたのでスッと合わせた。元気が良い。40㎝半ばくらいか?たもを出して伸ばそうとした所で・・・・・またも針ハズレ!

 気を取り直して探って行くと,竿先を押さえ込むアタリ!慎重にやりとりして浮かせたのは42㎝。

 この後も一回カラスを割られたが,魚を捕ることはできなかった。しかし,ベタ凪ぎでスケだと厳しいね。水深があれば良いんだけど,ホームは深くても2ヒロ半くらい。底待で見えてるもんね。

 それでも,釣れてくれたから良しとしましょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加