西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

浮世絵 三曲合奏-2

2013-06-30 | よもやま話 (c)yuri saionji

きのうの続き、真ん中の絵。
三味線を弾いているのは桝田やのたけ姉さん。踊っている子供は海老やのはま。
肩上げをしているところをみると、今でいう舞妓か芸者見習いか。
後ろには両国橋が見える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮世絵 三曲合奏-1

2013-06-29 | よもやま話 (c)yuri saionji

これは三曲といっても、鼓と三味線と胡弓の三曲合奏。
三枚組で、明治13(1880)年国周筆の「月雪花」のうち「雪・両国柳はし、舛田楼」。

まずは左端の鼓の図。和泉やの愛子姉さん。
今でもそうだが芸者は囃子、三味線、踊り等何でも芸事ができなければいけないから大変だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮世絵 廓内

2013-06-28 | よもやま話 (c)yuri saionji
これは安政2(1855)年、国彦筆による源氏絵「春遊」だ。

廓の正月を描いたもので、三味線を弾いているのは芸者。
その前で新造二人が見ているのは、役者絵と顔見世番付だ。
廊下で禿がふざけている。


実にのどかで和やかな景色だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抜歯

2013-06-27 | プライベート

わたしは子供の時にあごが小さかったのか、
上の奥歯が並びきれず横に重なって生えてしまったようで、
かんだものが歯と歯のすきまにはさまって歯茎を圧迫、
それが痛くて結構ストレスを感じていました。

もう30年来通っている歯医者さんは
間が磨ききれないのでいずれ虫歯になりますよ、とおっしゃっていたのですが
ついにその時がきました。
治療をしても、ものがはさまるストレスからは解消されませんので
神経が正常なうちに抜いた方がいいでしょう、ということで
麻酔をかけてペンチではさんでゴリゴリ、えいやっと抜きました。

歯って出ているところより、歯根のほうが圧倒的に長いのですね、びっくりです。

記念にもらってきました。
東西、とーざい!
       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長唄協会、下浚い

2013-06-26 | 仕事関係

きょうはひどい雨の中、長唄協会の下浚いが番町の紫山会館でありました。

わたしは会計係なので、10時半から会場に詰めておりましたが、
私たちの「娘道成寺」は一番最後ですので6時頃。
もうくたびれちゃって、なかなか演奏モードに入らなかったです。

きょうの楽しみはこのお弁当。


品川にある料亭、秀さんのすし飯の巻物“巻之助”です。
きれいでしょ。
お弁当係もやっていますので、吟味しました。
美味しかったし、好評でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加