西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

三曲合奏

2017-01-30 | 浮世絵
これは奥村政信(貞享3〜宝暦14・1686〜1764年)の浮世絵だ。
制作年代もタイトルも不詳だが、「三味線の駒音高き薮桜」と右端に書いている。

箏は遊女、三味線は新造、胡弓は禿が弾いている。
「色座敷 二階も下も みな桜」と書き入れにあるように
桜を見ながら仲間内での遊興か。
それとも客がいるのだろうか。
遊女が髪に櫛一枚とこうがいを付けるようになったのは
享保(1716〜)の頃からだから、この絵はそれ以降のものだろう。

    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今藤新年会 | トップ | 総踊り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

浮世絵」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。