西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

浮世絵 三曲合奏

2013-07-02 | よもやま話 (c)yuri saionji

国周の三枚続き浮世絵「月雪花」のうち、「雪・両国柳はし舛田楼」の右端絵がこれ。

4弦の胡弓を弾いているのは、紀の国やの喜代治姉さん。


鼓が和泉や、三味線は舛田や、舞妓が海老や、そして胡弓が紀の国やの芸者ということは
この頃はまだまだ検番がたくさんあったということか。
いい時代だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK録音 | トップ | 浮世絵 舟遊び »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神谷)
2013-07-05 09:01:57
はじめまして。
いつも貴重なお話をありがとうございます。
大変勉強になります。

絵を見て思ったのですが、胡弓は四弦なのですね。
三味線同様、三絃だとばかり思い込んでいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

よもやま話 (c)yuri saionji」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。