西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

長唄協会下浚い

2016-10-13 | 仕事関係
きょうは国立劇場稽古場で長唄協会の下浚いがありました。

1時から始まって、6時半頃に終了しました。
わたしと小山クンは演奏委員で会計ですので、最後までいなければなりません。

各流派の皆さんから集まった切符代を、各種支払いの袋に詰め、
当日支払うのです。
この作業が結構大変で、最終的に収支が合わなければいけませんので
当日が終わるまでは気が抜けません。

終わった後、すぐ近くのイタリアン、
エノテカ・ドオーロで美味しい食事をいただきました。

予約をするのを忘れて行ったのですが、滑り込みセーフで座れました。
いつも一杯なのですよ、この店は。

     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽屋の正月 | トップ | OFF »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。