西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

芸者

2016-10-16 | 浮世絵
これは渓斎英泉(寛政3〜嘉永元・1791〜1848年)の浮世絵
「三世相 相性競」・蓮華草だ。
制作年は文政13(1830)年だ。

書き入れは「手に取るな 野に捨てておけ 蓮華草」、
丸窓の書き入れは「面白い気性 浮気の金性」とある。

出勤前の芸者が着物を着ている図で、風呂敷に包まれているのは三味線だ。
三世相(さんぜそう)とは、過去・現在・未来の因果吉凶を
占などで解明するという考えのことをいう。
これによると、芸者は住む世界が違う。自分のそばにおこうと思うなよ、という教訓になる。
  
         
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一皿 | トップ | 長唄協会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。