西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

張り見世

2017-09-20 | 浮世絵
これは鳥居清長(宝暦2〜文化12・1752〜1815年)
の浮世絵だ。
制作年は安永9(1780)年。タイトルは「浮世七小町 通い」とある。

吉原遊廓の張り見世を描いたものだ。
しどけない姿で外の客と話をしている遊女。
左の遊女は煙草盆を前にお行儀良く座っている。
三味線の棹が一寸見えるのは隣の遊女が弾いているのか。

   

 書き入れはこうだ。
「浮世七小町 通い
 おもいきや しじのはしがき かきつめて 
 百代も同じ まろ寝せんとは」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加