西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

「淡島」-4

2012-09-24 | 笑えます、長唄(c)y.saionji

そして淡島願人はのたまう。

「味食いしめての居続けに
 永居不埒の病となっても
 金をば水の淡島と
 使わせんとの御誓願」

●連日連夜のお茂り(情交)で、抜け殻衰弱状態になったとしても、
 金をばどんどん湯水の如く使わせなさい、と菩薩がお望み。

生身の菩薩さまに、金も精力も吸い取られた取られた男は、
あわれ病の床につく。

訳知りの君子は、
「色里に遊ぶは、金を淵に投ずるにひとし。
 所詮、乏しき人は遊ぶべき処にあらず」
と戒めている。ご用心ご用心。


 〓 〓 〓
tea break
photo by 和尚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「淡島」-3

2012-09-23 | 笑えます、長唄(c)y.saionji
「淡島」-3

井原西鶴の「好色一代男」の主人公、浮世之介は子供の時から色に目覚め、
三都の遊女といわず、鄙の女郎といわずあたりかまわぬ魚色三昧。

還暦にして好色丸にうち乗って、女ばかりの女護が島に船出したという、
生涯を色道修業にささげた強者。
その世之介が郭の守り本尊だというのだから、客はたまらない。

また、本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)をふざけ倒し、
生身の女郎の姿を神の化身とし、
その真実身を菩薩とする悪洒落も、
いかにも淡島願人ならでは。

 〓 〓 〓
tea break・海中百景
photo by 和尚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「淡島」-2

2012-09-22 | 笑えます、長唄(c)y.saionji

淡島願人は、女郎屋の帳場に祀ってある色の神様、浮世之介を暴露。
気をつけなはれと警告する。

『本地は即ち
 虚空無天の御容姿にて
 丑寅の御方は
 一代男を守り本尊と掛けられて
 腰より下は地につかず
 とんとはまるが浮世川 
 うつぼ舟やら 山谷舟』

●女郎の本地は、誰をも拒まぬ広大無辺な菩薩の姿。
 屋形鬼門の方角には、浮世之介が守り本尊として鎮座しているのだから、
 その通力で腰から下がそわそわと落ち着かず、色の川にどっぷりはまるは道理。
 

 〓 〓 〓
tea break・海中百景
photo by 和尚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「淡島」-1

2012-09-21 | 笑えます、長唄(c)y.saionji

紀州の加太淡島海岸に、淡島明神という神社がある。
この明神様は女神で、女の病に霊験あらたかとされている。
ゆえに下の病にかかりたくない吉原の遊女の間では大人気。

淡島様はわざわざ出向かなくても、向うから来てくれる。
白装束に身を包み、淡島明神の雛形を納めた厨子を背負った”淡島願人”
は江戸吉原が稼ぎ場だ。

鈴を振り振り、明神の由来や縁起を唱え、お札を売り歩く。
この曲は富士田吉治の作曲(1770・明和7年)。

『加田淡島の修業者の
 籬がもとに鈴の音の 
 振られ振られて逢われぬ恋も
 願えばいつか
 淡島せんとの 御誓願』

●ご存知淡島の願人坊、鈴を振り振り格子先に参上。
 女郎に振られて逢えない恋も、我が願力で逢わせましょうぞ。

だいたい願人坊というのは、いかがわしい匂いのする人種だが、
この願人坊も、そもそもは下の病が専門なのに、
恋の病もおまかせあれ、といいかげんなはったりをかましている。

 〓 〓 〓
tea break
photo by 和尚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「面かぶり」-2

2012-09-20 | 笑えます、長唄(c)y.saionji
 
「坊さま坊さまと 名ばかり坊さま
 法衣(ころも)いやなり 女郎衆と寝たし
 それで坊さまと 言わりょうものか
 それさそれさ そうさんせ

 かむろかむろと 名ばかりかむろ
 なじむお客に痴話する目もと 
 それでかむろと 言わるるものか 
 それさそれさ そうさんせ」

子供が、坊主やかむろをからかって遊んでいるという体の歌詞。
かむろは子供だが、女郎の予備軍。
姉さん女郎の世話をしているうちに、
知らず知らず男に媚びる術を身につけてしまうのだろう。

 〓 〓 〓
tea break・海中百景
photo by 和尚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加