謹賀新年。

あけましておめでとうございます。
ちんじゅの森は17回目のお正月を迎えました。
今年も理事で絵本作家のあべ弘士さんの絵馬が東京大神宮に並んでいます。ねずみ年のあべさんの還暦を機に、東京大神宮のオリジナルの絵馬をつくり始めて早や10年。あと2つを残すのみとなりました。
あべ弘士さんとの出会いは2002年。「あらしのよるに」のファンだった私が、仕事で関わった本の挿絵をあべさんに依頼したのがきっかけです。
以後、ちんじゅの森の趣旨にご賛同くださり、理事として支えてくださっています。
あべさんと出会ったことで、NHK旭川放送局の80周年イベントに出演させていただいたり、古夜のポスターのイラストや絵馬制作、絵本「なめとこ山の熊」の映像紙芝居の制作・公演など、多くの活動をご一緒させていただいています。
このご縁で、2011年旭川にも「かわうそ倶楽部」というNPOをつくりました。(https://www.facebook.com/gallery.purupuru)
こちらはあべ弘士さんが理事長で、私は理事で事務局長です。そして、副理事長はちんじゅの森も、かわうそ倶楽部も澁澤壽一さん。
澁澤さんとの出会いは、私がちんじゅの森をつくるきっかけとなりました。
ハウステンボスを立ち上げ、農学博士で、大学の講師を勤め、民俗学に精通し、環境問題のエキスパートでもあります。いくつものNPOの設立に関わり、全国で次代を担う人たちを育成しています。
澁澤さんからは知識と知恵を、あべさんからは感性を磨くことを学びました。
新たな年の始まりですので、今日はちんじゅの森の理事の皆さんをご紹介しようと思います。
新潟県在住/遠山實さん
設立して間もない頃、澁澤さんにご案内いただいて伺った新潟県村上市高根という集落の遠山實さんは、Team励風をマタギの山に連れて行って、山小屋で柴刈や薪割りなど、民話に出てくる生活を体験させてくださり、山の生活を知らない都会の若者の民話語りに、深みを与えてくださいました。語り用のイスや、拍子木なども手作り。山を知り尽くした遠山さんの足取りは軽く、あっという間に山菜やキノコを手に戻ってこられ、あべさんも「師匠」と呼ぶほどの方です。
北海道在住/永野京子さん
ちんじゅの森を立ち上げる前に関わっていた「千年の森」というシンポジウムの事務局の仕事で、東大演習林をつくられたどろがめさん(故・高橋延清氏)の環境教育ビデオの撮影に富良野で立ち会った際、どろがめさんのマネージメントをされていました。
永野さんは、どろがめさんの弟子と呼ばれた先生方と立ち上げたNPOで勉強会や森づくりを札幌で引き継がれています。

神奈川県在住/正木晃さん
どろがめさんとのご縁のある方として永野さんからご紹介いただき、当時早稲田大学の宗教学の講義で講堂をいっぱいにしていらした正木晃さんの授業を拝見し、アニメ宗教学の面白さにはまり、東京大神宮で「アニメ宗教学」「神社で世界の三大宗教を学ぶ」などの「彩・選・単塾」や式年遷宮をご紹介する「ご遷宮フォーラム」で大変お世話になりました。

東京都在住/及川猛広さん
ちんじゅの森は、私がまだイベント会社コムブリッジに在籍中に立ち上げたのですが、その時の同僚が、現在「古夜」の脚本を書いてくれている及川猛広氏です。
繊細な心と豊富な知識で、私の思いを200%にして実現してくださる貴重な存在です。
神奈川県在住/引地幸市さん
日枝神社で「古夜」を初めて公演したときに、日枝神社さんからご紹介されました。当時、文化放送にご在籍で、古夜の宣伝を依頼したことがきっかけで、ちんじゅの森に興味を持っていただきました。以後、ラジオやJRの車内広告でちんじゅの森をご紹介くださるなど、ちんじゅの森の広報に大変貢献してくださっています。http://mediumjp.com/profile.html

愛知県在住/増田達彦さん
増田さんと水野雅弘さんとの出会いは、富良野演習林と渋澤さんの撮影で富良野にご一緒しました。
増田さんはCBC等のTV番組の制作をされています。撮影の際ご一緒した富良野のペンションで神話の話に花が咲きました。
ごちゃごちゃにおもちゃ箱の様にひっくり返った私の頭の中を、的確な言葉で整理してくださいます。
https://www.facebook.com/gengorou.mizusumasi/

和歌山県在住/水野雅弘さん
震災を機に和歌山県に移住され、東京と和歌山を行ったり来たり…というか、全国を飛び回っていらっしゃいます。
持続可能な環境社会への啓発メディア「グリーンTVJapan」をはじめ、和歌山でも(株)TREEを立ち上げ、政府・自治体・企業などの映像やICTを使った教育やプロモーションも数多く展開されています。https://www.facebook.com/masahiro.mizuno.75


ちんじゅの森の理事の皆さんは、今の日本に一番必要な人材。
今年は気持ちも新たに、次の世代に皆さんの知恵と知識と感性をつなげていく活動を精力的に行っていく所存です。
どうぞ、ご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
ちんじゅの森は皆さんの会費と寄付で運営しています。
入会金はありません。年会費は一口2000円。
ぜひ、ちんじゅの森サポーターとしてご支援いただけますようお願い申し上げます。
お問い合わせはこちらまで↓
otoiawase@chinju-no-mori.or.jp
ちんじゅの森事務局
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 宣言! ちんじゅの森基金 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。