スミレの小部屋

花に会えて嬉しい瞬間

サネカズラ

2016年10月29日 | 
いつもの散歩道を歩いていると
サネカズラの実が真っ赤に熟れていました。
木の蔓は、草の蔓とは違ってやはり頑丈ですね(あたりまえ)。
百人一首より
名にし負はば 逢坂山のさねかづら 人に知られで くるよしもがな



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« リンドウ(竜胆) | トップ | 朝の散歩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤い実は・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-29 18:17:21
いろんな 秋の実り・・サネカズラの赤も
また格別に見事ですね。
この実が 百人一首にまで詠まれて現代まで
悠久の時間が急に縮まる感じをうけて・・・
さて現代人なら なんと読みましょう??
ゆとり (sumire)
2016-10-29 21:40:51
現代人は忙しすぎますね。
万葉、平安人のように情緒豊かに暮らせないのが残念です。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事