友ちゃんブログ

適当で、いい加減・・・それが理想

電話帳で一大事 (下)

2015年04月27日 00時09分54秒 | お仕事

電話帳で一大事 (上)

電話帳で一大事 (中)

 

では、続きを(会話は大筋では間違いはないが、脚色されたものとしてお読みいただきたい)

 

 

渡海さんの家は、玄関のすぐ脇に和室があった。

しかも玄関からすぐに入れるような間取りだった。

引き戸を開け、中に入った。

奥を見ると、ご主人はテーブルの先に座っていらっしゃった。その横に、奥様もいらっしゃった。

 

 「この度は誠に申し訳ございませんでした」と正座をし頭を深々と下げた。

「はい」

 「これはお詫びの印に」と、異人堂で買ったお菓子を差し出した。

「俺は、そがんと(そのような品)をもらう為に電話した訳じゃなかばい」

 「いや、これはお詫びとして会社からの・・・」

「いやいや、それは受け取れんけん、持って帰えらんな」

 「いや、そういう訳には・・・」

「よかけん、会社にもって帰えって」

 「はい、分かりました」

 

「そこじゃ、なんやけん。こっちに来んね」

 「はい、それじゃ、失礼します」

「あんたが電話に出た人かね?」

 「あっ、いや、違います。電話に出たのは業務部長です」

「あっ、そうね。まぁ、あんたが責任者という事やろうけん、話ばするけど・・・」

 

詳しい会話のやり取りは覚えていない。

一言一句聞き漏らさないように聞いていたつもりだっがが、

玄関を入るまでほどは無いにしろ、恐ろしさは消えてなかった。

 

ご主人のお話を要約すると、

●あんたが会社の代表(責任者)として来ているので、あんたに文句を言うが、決してあんた個人をどうこう言う訳じゃないない。

●工事(仕事)をお願いしたこともない会社から、突然請求書が送られてきたら、誰だってびっくりするだろう。

●こんなことをするのは、893よりひどい。893だって何らかで絡んで(仕事をして)から、法外な請求をしてくるはずだ。

 何もしてないのに、いきなり請求してくるなんてことは893でもしない。

●請求漏れがうち一軒だけなら、まずは電話の一本があってしかるべき。

 

 

こちらの言い訳話も聞いていただいた。

(詳しいことは覚えていない)

 

 

「ところで、あの請求書を書いたのは誰ね?」と尋ねられた。

「わたしです」 それは間違いないので、そう答えた。

どうやって調べたかはお話しなかったと思う。

 

 

 

私としては予想外の展開だった。

確かに、お酒が入っているようではあるが、泥酔ではない。

怒鳴り散らすわけでもない。

わがままな言い分を聞かせるために、呼びつけた訳でもない。

 

それどころか、一通り話を終えると

「ところで、あんたは、大村ね」

 「はい、そうです」

「飲むとは好いとっとね」

 「あまり飲めませんが、好きです」

「飲みに出るね」

 「たまにですね」

「あぁ、そうね。 今日はこれだけ文句を言うたばってん、おいはそがん悪か人間じゃなかとばい。もう、言いたかしこ文句言うたけん、この話はこれで終わりたい。あんたとは今日初めておうた(会った)ばってん、同じ大村なら、これから先に飲み屋で会う事もあるかも知れん。そん時は気持ち良く会いたかけんな」

 「あっ、はい」

奥様が、「今日はお酒も入って、あがん電話ばさしたけど、悪か人間じゃなかですけん、許してくださいね」

 「いえいえ、あっ、はい」

 

 

 

今度は、私から話を

 「あの、実は私は10年ほど前に、前の道に下水本管を入れる仕事で来たことのあるとですよ。挨拶周りに伺ったんで、その時お会いしとります」

「あら、うちの前の道のや?」

 「はい、そうです。」

「あら、そうね。おいは、あん時の現場監督に電話せんばって思とったとばい」

 「何でですか」

「いや、あん工事の時、重機でうちの雨樋を壊されたとさ。現場監督が後で修繕します、ち言うたまんま来んやったったい」

 「あら、そうでしたか。それはすみませんでした。お詫びします」

「会社はどこやったかね?」

 「〇〇建設工業です」

( 中略 ) 

 

「あんたは、おいから怒られる運命やったとばい。アハハ」

 「そうかもしれんですね。アハハ」

 

その後、お茶を頂きながら少し雑談を。

1時間程経って失礼させて頂いた。 

 

 

会社に戻り総務部長に報告をした。

お菓子は受け取ってもらえなかったこと(お菓子は事務所のおやつになった)と

無礼については許して頂いたことを説明した。

 

聞くと、私が会社を出た後すぐにもご主人から

「早う責任者ばやらんか!!何時になったら来るとや!」と電話が入っていたそうである。

皆は電話口で怒鳴っている渡海さんの様子を聞いているので、

会社を出て1時間過ぎても戻らない私の事を随分心配してくれていたらしい。

なのに、笑顔で「いい人でしたよ」という私の言葉に不思議がっていた。

 

椅子に座わり、私はひとりにんまりと笑った。

電話があり「行って来い」と言われ、お菓子を買って玄関までの、あの”恐怖心”は何だったのか?

確かに、漁師町の男と女は気が荒いのかも知れんが、義理人情に厚い良いご夫婦だったじゃないか。

なんかビビッて損した気分と、晴れ晴れとした気分だった。

相手が良い人だったとはいえ、ひとつのトラブルを納めてきたという達成感を味わい終え、

中断していた業務に戻った。

 

( 私としては大して怒鳴られることも無く良かったのだが、皆さんの御期待を裏切るような結末だったことをお詫び申し上げます。へへへ)

 

 

 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

端材207

2015年04月26日 14時47分03秒 | 端材・リユース

”板もの” 出しました。

どうぞお持ち帰りください。

 

追記 : 先程、このコーナーの写真を2・3枚撮ってるご年配の男性がいた。

      ?  

      「あそこに、たまにこんなして出してあるよ。ほら」とお仲間にでも教えるおつもりか?

      

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「~の代理店」はいかがわしい

2015年04月26日 00時09分11秒 | ブログ

昨日妻が「あっ、そういえば、何とかと云う所から電話があったよ。ネット関連やったみたいけど。

私は分かりませんって言ったら、またかけます、だって。」

 

先程、その電話が入った。

「私、So-Netの代理店、〇〇の〇〇と申します。

この度、お住まいの地区に~ 」と始めたので、

途中で、「あっ、うちはそういうことはいっさいおことわりしてますんで」と告げた。

相手の男性は「あっ、そうですか。分かりました」と電話を切った。

 

実は、先週もこのような電話が入った。(あいまいです。会話の順も前後しているかも。こんな感じという事で)

「NTTコミュニケーションズ代理店の〇〇(会社名)の〇〇申します。会話はサービス向上の為、録音させて頂きます。現在光回線をお使いでしょうか?」

 「はい」

「ありがとうございます。ブロバイダーはどちらでしょうか」

 「OCNです」

「はい。ありがとうございます。お使いになる上で、遅いとかの不都合はございませんか?」

 「はい。特にないです」

 

「今回、お電話したのは、バリュープランにご加入頂くと、いまご利用のブロバイダー料金が、半額ほどになり、お安く出来るご案内です」

 「ずっとですか?」

「はい、そうです。よろしければ、この電話でご本人確認など幾つかを確認させて頂ければ、手続きが可能ですが、いかかでしょうか?」

 「はい。お願いします」

「回線のご契約は、〇〇さまご本人名義で間違いございませんか?」

 「はい」

「それでは、いつくか確認させて頂きます。お名前と生年月日をお願いします。」

 「~ 」

やり取り後、

「ありがとうございます。今お使いのパソコンは、ディスクトップでしょうか、ノートでしょうか?」

 「両方あります」

「何台ですか?」

 「 ~ 」

「それでは、今、お近くに立ち上げ可能なパソコンはお有ですか?」

 「はい、あります」

「それでは、一度電話をお切り頂きます。すぐに、別の担当の者がお電話をさせていただき、続きの処理をいたしますので、パソコンを立ち上げてお待ちください」

 「はい、分かりました」

 

妻「何の電話やった?」

私「ブロバイダー料金が半額になるって」

妻「それって、だましかもしれんよ」

私「そうやろか?」

 

「NTTコミュの代理店」という代理店が怪しいけど、

『バリュープラン』は確かにOCN(NTTコミュ)の商品だったと思うし・・・

と私は思っていた。

 

10分ほど経っただろうか?

電話が入った。

(初略)

「それでは、ブロバイダーの変更手続きを致しますので」 

 「えっ、ブロバイダーを変更するんですか?」

「はい、そうです。操作はこちらで ・・」

 「あっ、そういうこと。そんなら、やめます」

「えっ 」

 「いや、そういうことなら、やめます」

「あの、ブロバイダー料金が半額に~」

失礼だったが、話の途中で切った。

 

気付いたのは、

何でNTTコミュがわざわざブロバイダーを自分とこのOCNから他のブロバイダーに変更せんといかんのや?ってこと。

 

後で、バリュー何とかを調べてみると、

バリュープランはOCN以外のブロバイダー利用者が、OCNのサービスを利用できるというプラン。

 

つまり、いかがわしい代理店は、

OCNのブロバイダー利用者に、NTTコミュ傘下の代理店だと思わせる口振りで、

さも、NTTコミュが自分ところの新商品を売り込むがごとく話を勧め、都合よく誘導しブロバイダーを変更させようとしたに違いない。

この辺の事が良く分からない者は、ブロバイダーをOCNから他に変更しても、このバリューブランに契約をしていれば、

それまでと変わらずOCNのメールも使えるし、他のサービスも何ら変わらず受けられる訳だから、気付かないだろう。

気づくのは請求書が来てからだ。しかし、時すでに遅し。その時は、2年未満の解約は違約金がどうのこうの、という話になるのだろう。

確かに、「ブロバイダー料金が半額になる」と言ったが、ネット全体の料金が安くなるとは一言も言ってない。

これだと、ブロバイダー料金は安くなるんだろうけど、ネットを使う条件によっては、最終的には支払うお金の額は高くなることもあるに違いない。

会話を録音するのは、私がちゃんと変更の意思を口にしたことを証拠として残すためだろう。

妻が言った通りだった。だまされるところだった。

 

元々「100円でも、10円でも安く!」 なんてまったく気にしてなくて、いろいろ変更の手間が嫌なだけ。

儲かる話が危険なのと同じで、安くなる話も危ないね。

今後も『代理店さん』の話は、お断りしよう。

できれば、もう、掛けてこないで頂きたい。

お互い時間の無駄だ。

 

 

 

 

 ↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

袋掛け

2015年04月25日 17時08分35秒 | 菜園・果樹園

十数年前に、お客様から”美味しいビワの木よ”と譲り受けたのだが、

世話もしないからだろう、未だに美味しいビワにありつけない。

あまりに伸びすぎたので、数年前植木屋さんに切ってもらった。

前年だったか、いくらか摘果して袋を掛けてみたが、期待したほどにはならなかった。

 

毎年、妻の友人が”茂木びわ”を送ってくれる。

そちらが断然美味しいので、甘さの足らない我が家のビワは不人気。

テーブルに乗せておいておくのだが、皆が一つ食して終わり。なので、ほぼ売れ残る。

しかたないので、昨年(だったか?)はびわ酒にした。

 

御世話の仕方も品種によっての違いもあるんだろうけど、その品種が分からない。

結構実が大きくなってきていたので、「再度挑戦」で摘果と袋掛けをした。

 


 

いやぁ、2時間以上も掛かってしまった。

今年はどうだろう。

 

終わったのはいいが、どうやら蟻が一匹服の中に侵入したんじゃなかろうか?

痒みが移動しているんだが・・・

 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電話帳で一大事 (中)

2015年04月24日 01時36分21秒 | お仕事

前回の話は、こちらから → → 電話帳で一大事 (上)  

 

 

(それでは、続きを・・・)

 

業務部長がしきりに謝っていたのは、

「 工事をやってないお宅に、間違って請求書を送ってしまったことのお詫び」だったのだ。

しかし、間違ったのは俺じゃないはず。

 

二日前のことになる。

常務に「請求書の送り先の住所をしらべて出してくれんね」とバインダーノートを渡された。

それは工事部長と私でまとめた未請求一覧を、常務が工事台帳として転記したものだった。

台帳には邸名、住所、電話番号、工事明細や金額、請求書の発送状況、集金の状況までが書き込まれていた。

そのページの一つに、「渡海 〇〇」と名前が書かれていた。

じげもんなら知っておられるかもしれない、この渡海という名字は新城に多い名字なのである。

私は常務に「渡海〇〇さんは新城ですか?」と尋ねると、常務は「そうよ」と答えた。

渡海〇〇さんは、既客では無かった。台風被害補修工事が初めてのお客様だったようだ。

そこで、私は電話帳を取り出し、渡海〇〇さんを探した。

渡海〇〇という名を見つけ、そこに記された住所が新城と呼ばれる地域だったので、

間違いないとその住所を封筒に書き込んだのである。

記憶では電話帳に同姓同名はいなかったはずだ。

間違っていたとすれば、それは両工事部長か、常務の方ではないのか。

名前を間違って転記してしまったんじゃないのか?

そう思ったのだが、それは言えなかった。

 

まぁ、普通ならお菓子を携えて、お詫びに出向いて請求書を回収してくることで、一件落着しそうなものだが、

その送付先が、新城だったのが運が悪かったようだ。(決して新城の皆さんを侮辱するものではありません。ご理解ください)

新城は現在の杭出津一丁目で、猟師町である。

間違ったイメージかも知れないが、猟師町とくれば” 男も女も気が荒いとよく言われるのを皆さんもご存じだろう。

 

業務部長の話では、

●修繕工事なんかやってもらったことが無いのに、いきなり請求書を送りつけるとは何事か!と激怒されている。

●責任者を今すぐ、家によこせ!とおっしゃっている。

●先方(渡海〇〇さん)はお酒を飲んでいるようだ(電話が入ったのは、午後2時頃だったと思う)

との事。

 

業務部長は私の方へ歩み寄り「友〇くん、これでお菓子を買って今すぐ行ってきてくれんね」と2千円を手渡した。

”えっ、責任者に来いって言わしたとじゃなかと?”と思ったが、

2千円は業務部長が自身の財布から出してくれたので、部長から

”本来なら、私が行くべきところかもしれんが・・・すまん、お菓子代は俺が負担するから、替わりに行って来てくれ”と暗黙の了解を取られたような感じだった。

”う~ん、俺が調べて封筒に住所を書いた訳だから仕方ない、行かざるを得ないか。”

「はい・・分かりました・・行ってきます」

女性事務員の皆は、間違った先が新城だけに顔が引きつっている。 心配そうな、気の毒そうな顔でこちらを見ていた。

”聞いた内容では相手は相当激怒しとらすらしい。おまけに(昼間から)お酒を飲んどらすとやろ~、しかも、悪いことに(漁師町の)新城かよ~”

 

異人堂へ車を走らせ、お菓子を買った。

渡海さん宅の近くの道端に車を駐車したものの、

”行きたくね~よ~”だった(当時33歳)

私は怖かったのである。

この気持ちをご理解いただけないかもしれない。

しかし、私にとって新城とはそういうところだったのである。

 

お菓子の入った袋を掴み、意を決して車を降りた。

私はつぶやきながら玄関先まで進んだ。

「殺されは、せん・・・殺されは、せん・・・殺されは、せん」

怒鳴りつけられることは必至、たとえ殴られても、殺されることはない、と自分に言い聞かせながら進んだ。

 

玄関引き戸の前に立ち、もう一度 ”殺されはせん”

 

呼び鈴を押し、引き戸を開けた。

「ごめんください。〇野〇建です」

 

「おう、〇野さんか。あがらんね」と部屋の奥からご主人の声。

 

玄関へ入り、障子の引き戸を恐る恐る開けた。

 

続く・・・。

 

 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加