友ちゃんブログ

適当で、いい加減・・・それが理想

温かくもあり、冷たくもあり

2014年02月26日 23時53分28秒 | お仕事

工事着工前の近隣あいさつに20数件ほど回った。

訪問先の対応もさまざま。

 

私の声がよく聞き取れなかったのかもしれない。

「うちは決めてますから」と。

いやいや、私はセールスにきたわけではないんですが・・・(笑)

 

またある店では、

「お仕事中申し訳ありません」と切り出したんだけど、

どうも邪魔だったらしい。冷たかった。

 

近隣に駐車場がなくてどうしようか悩んでいた箇所では

訪問先の方から「ここもいいよ」と許可をいただけた。

駐車場を借りれたのは誠にありがたい。

 

Facebookお友達リクエストを頂いた方のお店にも行った。

勿論承認した方なんだけど。

残念ながら相手は気づいてくれなかった。

そうか、UPしてる写真は18の頃のだし、今はベリーショートの丸刈りだしな。

でも、ちょっとさびしい・・・。


 

「わざわざありがとうございます」

そう言ってもらうと、逆に「いい人だなぁ」なんて思ってしまう。

そして、 

同じ言葉でも、微妙なイントネーションの違いは相手に伝わるんだよね。

「 言葉は心 」 ですね。

 

 




 
 
 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Coke(コーク)

2014年02月17日 22時29分07秒 | お仕事

今日は二人の息子達に現場のお手伝いをさせた。

実は、長男は先月末付で大阪から一身上の都合によりUターンしたのである。

次男は昨日が技能検定だったので今日が振替休日。

10時の休憩にお施主様から頂いた飲み物の中に”コーラ”と”7up”があった。

私はコーラを頂いた。

Dscn7058

 

Dscn7059_2


Dscn7060


炭酸は日本のものに比べ軽めである。

これくらいだとゲップを出さずに一気に飲めそうなくらい。

大工さんは「少し甘か」という意見だった。

 
 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常識はお国で違う

2014年02月16日 17時15分42秒 | お仕事

ここんとこ、仕事ネタばかりで申し訳ない。

毎年の事だが、年度末は官公庁関係の仕事を処理するのに皆が苦労するのである。

メインアリーナの塗替え工事はクリーニングに明日から掛かるらしい。

文化棟のトイレ改修工事も始まった。文化棟は全トイレを使用禁止にして工事をしているらしい。

「トイレはスポーツ棟の方で・・・」の状態だ。

そのため、我々の工事範囲は週末は使える部分は可能な限り解放しなければならない。

そのやり繰りに元請さんも苦慮している。

さて、前にも書いたが、我々が今やってる工事は和式便器の幾つかを洋式便器に替える工事である。

それに伴い改修しなければならない部分も多くあるが、ここでは省略させてもらう。

通常既設のトイレドアは使用していない時は内側に開いており、和式便器が見えている。

使う時にドアを閉める。つまり、ドアが閉まっていれば「使用中」という訳だ。

今回、洋式に替えてその多くのドアが外開きに替わる。そして、ドアは通常しまった状態だ。

つまり、トイレの中が洋式便器なのか和式便器なのかはドアを開けないと分からない。

そこで、室名札を取り付けるようになっている。

 
 

では、室名札はどんなのにするのか?

指定された内容は、

75mm×120mm 厚さ5mm 

乳白色のアクリ板

文字はカッティングシートをはり、両面テープで貼りつける。

 
 

まず、

アクリ板の5mmは「厚すぎるやろ!」と元請さんに言った。

なら、どんな厚みがある?とのこと。

そこで、看板屋さんとやり取りして、サンプルを作ってもらった。

それが、これら。

Dscn7055

 

Dscn7057

 

厚みが5mm、3mm、2mm。

仮に文字も入れてもらった。

一部うまく伝わって無かったのかもしれない。

今回は和式トイレの方に室名札は取り付けないので、「和式」ではなく「洋式」と伝えたのだが・・・。

「親子」はベビーチェアー付のトイレの事だ。

Dscn7064

(写真追加しました)

これを持って役所の担当さんと協議してもらったら、

厚みは2mmでOK。( そうだろ。そうだろ)

表記は「洋式」 「親子」で良い。フォントは別途打ち合わせ。

但し、サンプルのように英語表記を併記したいとの意向。

「洋式」 「親子」はなんと表記すれば良いのか調べてもらえませんかという事だったとのこと。

 

そこで、ちょうど他の下請け現場のお施主様のご主人さんが外人さん(どちら出身か聞いてないので一応これで)なので、相談することにした。

内容を奥様(日本人)に伝えた。そして、奥様がご主人に伝える。

すると、以外に答えが返ってこない。

 

ご主人にしてみると、洋式トイレが当たり前でとくにその呼び名がある訳では無いらしい。

逆に「和式」に「Japanese style」と表記してもらえれば、そうでないのは洋式だと我々は分かるのではないかと言うのだ。

なるほど。「洋式」と言う呼び名こそ、日本人側の発想な訳だ。

それとトイレは英語で「BATHROOM」と言うんだそうで、あえて日本人が分かるように表記するなら「RESTROOM」だろうか、だって。

話を煮詰めていくと、外人さんに分かるような字表記だと、日本人は分かりずらくなるし、

奥様が諸外国を廻った経験から、文字表記は読める人には分かるが、読めない人には意味をなさない。アジア圏と西洋圏でも習慣が違うから、混乱をきたすことも多いのだとか。(トイレもそれぞれスタイルや使い方が違うらしい)
ならば、「マークが万国共通で良い!」という結論に至った。

そうだ。皆が良く目にする『ピクトサイン』で見つけよう。

 

ご主人がすぐにネットで検索してくれたのだが、意外にヒットしない。

覗くと画面が英語のみなのである。

なるほど、彼らにしてみると、わざわざ洋便器の表示などせず、男女の使い分けだけで良いからね。あちらにはそれを表示するピクトが無いのだ。

 

「親子」はトイレの隅にベビーチェアーが据えて或るタイプの事なんだが、

あちらでは「親子」という場所は普通に幼児が寝せれるようなベットが据えてあるのが当たり前なんだって。

一応、ご相談はここまで。「サンキュー」

 
 
 

その日、帰宅して検索してみた。

いとも簡単に、親子タイプが見つかった。Toilet_49

これでええやん!

 
 
 

次は洋式トイレ。


230westernstyletoilet

こちらには「ウエスタン スタイル トイレ」と併記してあるね。

「ジャパニーズ スタイル トイレ」と相対する表記なんだろうな。

あはは。やっぱ無理があるような気がするな。

まぁ、私的にも、元請さん的にもこれで良かったんだけど、

あえて、ピクトを統一するという点でこれに。
 

Middle_1165367468

 

男トイレはこの色をブルーで。

アクリ板の寸法を100mm×100mm。

文字は入れない。

これで担当さんへ提案。

OKが出ましたよ。

 
 
 

ちなみに、

今回は表示しないけど和式トイレはこれになるね。

Middle_1165367306

 

いやぁ、日本だからこそ検索できたピクトだね。


 

さっそく、ご相談したご夫婦に見せたら

ご主人「オー、ベリグッ!」でした。

 「ご相談に乗って頂き、ありがとうございました」と奥様に伝えると

「いやぁ、面白かったですよ。普段そんなとこまで考えないですから」 

そして、

なんと翌日、メインアリーナ横の1階女子トイレの入り口を見たら、入り口枠にこれがシールで貼ってあるではないか。

Toilet_54150x150

 

文字を添えるところが「日本人寄り」だけどね。

皆が気づかなきゃ意味ないやんか! 地味なんやろ! (後で写真撮って追加するね)  

Dscn7062

(写真追加しました。ステンの枠に貼ってあるやつ。以外に気づかんかった) 

 

23日からスポーツ棟は大部分のトイレを解放する予定なので、ご利用の際は見てね。

洋式トイレはこのピクト。

Middle_1165367468_2


 
 
 

ベビーチェアー付(1階女子トイレ1のみに1ヵ所)はこれだよ。

Toilet_49_2

ちなみにこちら(女子トイレ1)には入口すぐにベビーベットも据えてあります。

 

いやぁ、ちょうどこのピクトサインに関した仕事もそろそろ現場が始まるとですばい。

『ピクトサイン』 パロディまであって面白かばい。

一度検索してみらんね。

 

尚、今回使用するこれらのピクトサインに関しては、 
 私は公知ピクトとの認識でおり、著作権は無いものとの見解です。 
 ご意見のある場合はご連絡ください。


 

 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見れずに残念

2014年02月13日 22時37分41秒 | お仕事

シーハットスポーツ棟の床塗装は仕上がったようだ。

残念ながら、ライン引きの状況はご報告できなかった。


 

Dscn6843


改修前のラインは 

Dscn6597_2


Dscn6600

違いがお分かりか?

 

青のラインだったのが、白のラインに替わってるみたい。

確かにゾーンが四角になっている。

バスケットをやっておられる方はその違いにすぐに気づくのかもしれない。

 

「 ライン引き 」 見たかったなぁ。残念。

 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷道具

2014年02月10日 05時12分39秒 | お仕事

Dscn6779

通称「ドラム」

コードリールとも呼ぶ。

 

で、何んなの?

 

Dscn6780

止めてないと、緩んでしまう。

こんな止め方が多いんじゃなかろうか。

 

よく見ると

Dscn6781_2

これは、コード止めに違いない。

簡単には動かない。これは、この位置が正しいのか?

しばらく考えるも使い方が分からない。

で、結局、上の写真のように止めた訳だ。

あとで、ネットで検索してみた。

 

Cord_reel_100v01

 

Images

納得である。

ずれとったったい。

後で止め直しとこ。

 

実はこのドラム、現場の忘れ物。

コンクリートが付いているんで、土工さん達のだろうと聞いたのだが「違う」という。

他にも何人かに聞いたのだが、該当者がなかった。

なので、一応預かっている。

 


先日こんなことがあった。

塗装屋さんがコーキングガンを他の現場に置いてきたそうで、

「ガンもってませんか?」と言うので

 「これ、使って」と渡した。

すると、しばらくガンを凝視していた彼が「これ、私んとに似とるなぁ~」と言うので

 「あぁ、それ2・3年前にどこかの現場に忘れてあった奴やけど」

「そうです。そうです。無くしたとは2・3年前です。どこで忘れたとやろか?」

 「俺んとこの現場をやってもらった時やろね。自分(あなた)のに間違いなかばい。」

「これ、よかですか」

 「どうぞ、どうぞ。お返しします。一応、預かっとったっちゃけね」(笑)

「はい。よかったぁ」(笑)

専門が使う道具は結構な値段がするからね。愛着もあるだろうし。

 

 

こういう工具類の忘れ物はたまにある。

すぐに持ち主らしい人に連絡するが、分からない時もある。

今も、幾つか結構預かっている。

「自分のに似てる」と申し出た人には、素直にお返ししている。

たぶん、そうで間違いないだろうから。

私はあくまで、預かってるんで。

 

上の迷道具。MY道具だという方はご連絡ください。

一応確認の為、無くしただろう現場名をお教えください。

 

 

↓ ランキング参加中。ご面倒ですが、ポチッと頂ければ励みになります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加