中国語教室 会話・検定 東京 新宿 高田馬場 楊旭中国語学院(元NOVA講師)

授業料がダントツに安い!プロの講師が教えるから、会話上達が早い!中国語検定・HSK合格率が高い!自慢できる教室。

中国と日本の祝日 花火、お盆 中国語会話サロン概要2 7月10日開催しました

2010年07月13日 18時37分00秒 | 中国語会話サロン
新宿高田馬場駅より1分の中国語教室「楊旭中国語学院」で、今日、中日の祝日について、皆さんと話しました。
 
 そろそろ毎年の花火大会のシーズンが到来しますね。七月の花火大会について、皆さんは自分の故郷がとうやって花火大会をするのかを発表しました。地方によって違いところもあることが分りました、大体、家族か、お友達と一緒に酒を飲んだり、話したりして、美しい花火を見ます。
 
 それから、中日のお盆の相違について話しました。日本人はお盆に、なくなった親しい人の幽霊を招き、懐かしい気持ちを表すため、お盆踊りをして、特別な食べ物を食べます。お墓参りすることもあります。中国のお盆は段々なくなって、お墓参りすることもう「清明祭り」(毎年4月5日ぐらい)だけにしちゃって、踊り大会は特にないです。お墓の話に沿って、中日の幽霊観の相違という話題に変わってきました。日本人は死んだ人、特に死んだ親しい人は神霊になることと思われて、お墓は自分の家の傍に置いでもかまいませんが、中国人はお墓をちょっと遠いところに置いて、特定な時にお墓参りをします。
また、中国に旅行したことある人は中国のいいところを皆さんに勧めました。それに、アモイと桂林を紹介しました。アモイは大変綺麗な所で、また、桂林は山水絵のような景色で大変旅行する値打ちがあると皆さんに勧めました。    担当講師:許鳳霞
中国語教室 新宿●許鳳霞講師 中国語講師
●出身:広西南寧市
●学校:広西大学(日本語専門)学士 東京学芸大学(日本語教育専攻)修士
●趣味:作曲、中国画、歌を歌うこと、映画、旅行
●①日本語検定1級②中国語標準語テスト一等乙取得③日本語教師資格
●日本語通訳歴2年、日本語教師歴2年半、英会話講師実習1年
●只今日常会話指導担当中
●先生からのメッセージ 大学卒業後、中学校で二年半ぐらい日本語教師を担当していました。それから、短大へ転職して日本語教師の担当を続けています。明るく、活発な先生だとよく生徒さんから言われています。中国で日本からの友好訪問団に応接した時、通訳を担当しました。小さい頃から、スピーチや司会をするのが得意です。中国語の正しい発音だけではなく、中国語の上手な使い方も教えられます。分かりやすく会話の仕方を指導するので、生徒さんはきっと中国語を話せるようになると信じております。ぜひ一緒に中国語を楽しく勉強しましょう。
詳しくは楊旭中国語学院(駅前留学)新宿中国語会話サロンをご覧ください。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新HSK対策 8月8日~10月10日... | トップ | 中国の若者言葉について 中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。