光の森

~記憶のかなたの故郷~

ラ・ゴロンドリーナ

2017-07-11 15:35:48 | 移りゆく時~想い

堀川通西の歩道を歩いていたら、鳥の鳴き声がした。近くで鳥を飼っていて鳥かごがあるのかと見上げたら、閉まっていたガレージの扉につばめが止まっていた。逃げるのを覚悟でカメラを向けたが、じっとしていた。そして撮らせてくれた。すると中からもう一羽が飛んで姿を見せた。ガレージの中に巣があるのかも。

         

1968年の3月、NHKのみんなのうたで「ラ・ゴロンドリーナ」という歌が流れた。その歌が好きで、楽譜も貰った。ずっとメキシコ民謡だと思っていたが、本当は1861年のフランス・メキシコ戦争で捕虜になりフランスに送られたナルシソ・セラデル・セビージャという人の曲。自分の姿をつばめに重ね、望郷の思いをうたったものらしい。


   

    

     

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コロコロ変わる空模様 | トップ | 梅雨後期・・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。