中国留学日記

見たこと聞いたこと感じたこと。中国での毎日。

EMS

2017-06-19 14:25:34 | 日記

日本から中国に荷物を送ってもらう場合、その方法は基本的に
①船便
か、
②EMS 「express mail service (国際スピード郵便)」
かのどちらかです。

船便は届くまで1か月かもっとか、割と時間がかかりますが、その分安いです。
EMSは船便より高くはなりますが名前のとおりとても速く手もとに届きます

遅くてもいいから一気に大量の荷物を送りたい場合は船便、そんな待ってられない!って時はEMSです。
私はたまにシャンプーの詰め替え用とか洗顔とかインスタントのお味噌汁とかEMSで送ってもらいます。
今までの例でいくと土曜日に送ってもらったら火曜日にはもう中国の私の手もとに届きます。
3日で届くんですよ、めっちゃ速くないですか

そして今回ちょっと日本の家においてた資料が必要になり、日曜日に急遽EMSで送ってもらいました。
ふだん通りだと水曜日には届くと思っていたんですが届きません。
次の日もその次の日も届きませんでした。
あせりました
いすれ届くだろうと思う反面、これもう届かないパターンなんじゃ?と気が気じゃありませんでした。
なぜそんな不安がってるのかというと、(もともと心配症ってのもありますが、)送ったはずの荷物が届かないという事態は頻繁ではないにしろまあある事なんです。
私は幸運なことに中国に来てからの約2年半、一度もそのようなことはありませんでした。
ですが私の友だちが日本から成績証明書を送ってもらった時、いつまでたっても届かなかったことがありました。
あまりにも遅いので郵便局に問い合わせたところ、「どうやら配達途中紛失したようだ」と言われたそうです
その後探してもらっても見つからず、結局その子のもとに成績証明書は届きませんでした
また、国同士の関係が悪いときや、反日感情が高まる時期などは日本からの荷物は厳しい検査が入って長期間とめられたり、悪いときはそのまま捨てられてしまったりってこともあるそうです。
いやーーーー!

EMSで送った荷物がどこにあるかは公式サイトの追跡サービスで追うことができます。
それで検索してみるとなんともう届いていることになってました
基本的に配達員の人が部屋まで届けに来てくれるんですけど、一度収容所に行ってたことがあったので、ちょっと見に行って来ました。
ドキドキ
結果、ありました。

わーい、よかったー

こんな感じで、ちょっとドキドキしましたが、今回も無事に荷物届きました
送ってもらってからとどくまでちょうど一週間かかりました。
最長記録です

おまけでラーメンとカップスープはいってました
お母さんありがと〜〜

どうでもいいですけどマルちゃん正麺めちゃうまですね。
ちょっとびっくりしたんですけど
「まるで生麺」←たしかに!笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近行った場所 | トップ | 中国 輸入品スーパー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。