格安スマホに入れたGPSロガーアプリの精度の検証

2016-11-29 18:07:57 | Weblog

以前格安のGPSロガーを購入したが、遊び程度にしか使えなかった。
GARMINが欲しいが、いまのchimoさんじゃ手が出ない><
Holux GPSロガー M-241 の評判がいいので購入を検討しているのだがこれだって7000円近くする。手を出すのには勇気がいる ww

そこで格安スマホLiquid Z330に入れたGPSロガーアプリの精度を検証してみた。
入れたアプリは「GPSロガーAndroid」

街中での精度は問題なし。十分に使用できる。
赤で示した軌跡の中の黒い点が記録したデータ。
正確である。





今必要としているのは山行でのログだ。
行道山で確かめた結果を書いておくことにする。


            地理院地図
 
   
                   Google Earth


1~12までの番号で示した部分のデータがない。
誤差が大きいのでアプリがデータを無視した結果だ。
これらの部分は木が密集しており正確なデータが採れなかったのだろう。
ただ④に関してはルートは稜線であり不思議な感じはする。
スマホはあえて上着のポケットに入れていたのでそれが悪かったのかもしれない。
ザックに固定すればもう少しうまくいくのかもしれないが、次回以降に検討だ。

それぞれのピークでのデータ量は多い。
結論からいえば、これなら使用に不便はない。
バッテリーの問題だけだろう。
これもモバイルバッテリー充電器があればなんとかなるだろう。
(10000mAh 充電器を購入済)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の大岩山・行道山周回 その2

2016-11-28 10:40:20 | Weblog

12:50 下山開始 寝釈迦がいる浄因寺奥の院・浄因寺を経由していく。
そこから巻道をとおり大岩山駐車場まではおそらく人が使わない道だ。
出発直後の道脇にはまだまだきれいな紅葉ががんばっている。





これなら浄因寺の紅葉は最盛期だろう。楽しみだ。

鞍部にある分岐。直進すれば行道峠だ。
まだ歩いたことはない。来年にはあるきたいな^^



右側に下れば浄因寺。



13:05
寝釈迦のある岩場への分岐着。よっていくことにした。
4人づれの先客がいた。浄因寺からきた人たちだ。
ここまでは浄因寺の観光客も来るようだ。



これが寝釈迦像。1mにみたない ><



周りには無数の石像が建っている。
ここは浄因寺奥の院なのだ。









ここにはベンチ・テーブルが設置されており展望はいい。
足利の大小山方向が望める。
初日の出は大小山あたりからでてくるのだろうな。






4人づれの方がアメを2個くれた。
アメはもってきていなかったのでありがたい。
埼玉からきた人のようだ。ご姉妹と20歳前後のお子さんだ。
下っていった。


少し休んで下り始める。
途中で先ほどの4人づれに追いつく。
目の前に浄因寺の紅葉が広がる。横のきりたった崖の方向の紅葉もすばらしい。
ここ何年かで最高の紅葉のように思えた。





よくみると清心亭も開いている。
中に入ってみたいが雲行きがおかしい。
雨がふりそうだ。
ヤバイぞ。これからまだ巻道の歩きがまっている。


足利市ホームページには次のように書かれている。


▲行道山の紅葉と清心亭

『関東の高野山』といわれ、山腹にある浄因寺は和銅6年(713年)、行基上人(ぎょうきしょうにん)の開創と伝えられます。
参道から山頂にかけ3万3千体といわれる大小の石仏や、右手を枕に西向きに寝ている寝釈迦(ねじゃか)があります。
また、巨石の上には眺望絶景の建物『清心亭』(せいしんてい)があります。そこへ渡るために巨石から巨石に架けられた空中橋『天高橋』(てんこうきょう/あまのたかはし)は葛飾北斎が『足利行道山雲のかけ橋』として描きました。



浄因寺につくと案内のおばさんがニッコリ。
「お茶のんでいきますか」
檀家の人たちがボランティアで接待しているようだ。
今日は50人くらいの人が来たらしい。
ここにすみついている猫について聞いてみた。
餌は誰かはわからないがくれているようだ。
指さす方向をみると前回石段下までついてきた茶トラと黒グレイの縞猫がひなたぼっこをしていた。
あと2匹いるようだが散歩中なのかな。

4人連れがモノレールのおりくち(乗り口)のほうに歩いて行った。



雨が降り出した。
最後に清心亭の写真を何枚か撮り、オバサンにお礼を言って先をいそぐことにした。






13:55 巻道への分岐がある東屋に到着。
雨は降ってはいるが小降りのままだ。
左にいけば駐車場。
巻道へは東屋の向こう側モノレールの軌道をまたいでいくことになる。



渡ったところでモノレールが登ってきた。
あの4人づれが呼んだのだろう ^^





先を急ぐ。
踏み跡はあるがそれほどは使われていないようだ。



枯葉の積もった道を進む。浄因寺側からは連続した登りになる。





14:45
駐車場に到着






帰りに大岩毘沙門天によりこの日の山行は終了。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の大岩山・行道山周回 その1

2016-11-27 20:26:31 | Weblog

11/27(日) 天気予報では雨。
朝起きたら曇ってはいるが晴れ間ものぞく。風もない。
夕方頃に雨になるかもしれないが、近場の山ならいけそうだ。
スマホのGPSロガーも確かめたい。
8:30自宅を出る。
大岩山登山口の駐車場所に着いたのが9:45。
登山者が3組ほどいた。
いつもは人の入らない山専門に行っているのだがここは人気スポット。
楽しくなりそうだナ ww


    GPSロガーもうまく働いてくれたようだ。

往路は稜線歩き。復路は巻道をたどることにした。


  駐車場所は大岩毘沙門天駐車場のさらに上。

駐車場所から見える安蘇の山々は壮観だ。
大鳥屋山 岳ノ山 尾出山 が見えているはずなのだが・・・・・
特定できない ><






左が大岩山剣が峰への登山口。
右が巻道。浄因寺に至る。



10:50 スタート。
往路は左の道(大岩山に登る)
きれいに整備された道だ。
安蘇山塊最奧部の山とは大違いだ w
なんたって環境省が昭和57年から整備を開始した関東ふれあいの道なのだから w



頂上まで連続した急登だ。疲れる w
頂上直下の分岐。
左に行けば野山だ。行きたいが雨が心配だ。次回にしよう ^^



11:10 すぐに頂上。



GPSロガーの具合を確かめるため休憩。
インターバルを大きめにしていたようだ。短くした。

11:25 スタート。
ここからは少し下って稜線歩きだ。タッノシイィーナー www



最初の410mピークは展望がいい。
左奧が太田の金山丘陵・八王子丘陵。
太田市の山はここだけだ。最高峰が275m ><


  

  最奧が赤城山。その前の中央ちょっと右が石尊山 深高山


小さなアップダウンを繰り返す。
木の間から見える赤城もなかなかいい ^^



紅葉も最後のガンバリをみせている。



方や、 寝ぼけたツツジも咲いている。
そんなにエネルギー使ってだいじょうぶなのか。
来年どうするんだ ><




11:45 頂上着。
数人の登山者がいる。
浄因寺側からの登山者のようだ。





前に来たときにはなかった行道山の山名板がとりつけてあった。
以前は石尊山見晴台だけだったので、
行道山はどこですかときかれたことがあったのを思い出す。
目の前に梵天祭りで有名な足利石尊山がみえるので石尊山見晴台の山名はまぎらわしい。



三角点は三等三角点のはずだが・・。
肝心のところがかけている ><



東屋の後ろには石祠がある。
これが石尊宮なのだろう。
石尊宮があればそこは石尊山なのだと最近わかってきたぞ~~~~ ww
太田唐沢山にも頂上に石祠がある。
唐沢山も別名石尊山らしいからあの石祠も石尊宮なのだろう。



西から北西方向の展望はすばらしい。
反対側は木がじゃまをして展望なし。


  赤城山 石尊山 深高山


  仙人ヶ岳 赤雪山  遠くに袈裟丸山 皇海山 日光白根山
  男体山が肉眼では見えるが・・・・・ ><

昼食をすませ写真を撮っていたら12:50だ。
これから浄因寺にくだり巻道をとおッて大岩山駐車襄にもどる予定。
レッツゴー ^^





今日はここまで




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月23日(水)のつぶやき

2016-11-24 05:27:08 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

格安スマホにGPSロガーアプリを入れてみた。

2016-11-23 10:10:44 | Weblog

 格安スマホLiquid Z330にGPSロガーアプリをいれてみた。
もっと前に確かめたかったのだが容量不足でインストールできなかった。
ポケモンゴーにもあきたのでこれを削除。
やっとインストールできるようになった ww

入れたアプリは「GPSロガーAndroid」と「GPX Viewer」のふたつ。

各種設定を完了。近くの山で確かめようと思ったが朝方はひざしはあったものの北風ビュービュー。
10時頃からは曇ってきた。雪もふるとか ><
しかたない。平地でテストだ。
車で一回りしてきた結果をカシミール3Dに取り込み描画してみた。
市街地ならうまくいった。


山のなかの登山道ではどうなるだろうか。
確かめたいものだ。


      カシミール3D


 
         GPX Viewer



設定には
「GPSロガーの使い方~スマホアプリで位置情報を記録する」
http://attech.info/gpslogger-how-to-use-application/#i
を参考にさせてもらった。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加