福岡タワーとの対話

タワーとその周辺、変わる人間模様
クラシックを中心としながらも、Jazzに触手を・・・・

カラヤンの指揮でラヴェルの「パヴァーヌ」を聴きかじる

2017年07月15日 13時07分34秒 | 音楽、聴きかじり
2017年7月15日土曜日、天候曇り時々晴れ。午後0時現在時外気温34℃湿度65%、北の風2m/s。
連日の猛暑、まさに体力勝負の毎日だ。
豪雨災害で被災された方々の健康が気がかりです。
一日も早い復興をとの思いで、汗を流される多くのボランティアの方も、
熱中症対策を最優先で、お願いしたいですね。

ちょっとの時間外に出ただけで、したたる汗。
冷房のきいた室内で汗をかくことがないだけに、外に出たとたんに吹き出す汗で、カラダは体温調整を図っているのでしょうね。

ここ最近、よく聴いてます。
ラベルのパヴァーヌ。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」と呼ばれてますね。
今日はこのアルバムから。

Debussy: La Mer, Prélude A L'Apres Mini D' Un Faune; Ravel: Daphnis Et Chloé, Etc
Ravel: Pavane Pour Une Infante Défunte
Herbert Von Karajan: Berlin Philharmonic Orchestra
ラヴェル作曲:亡き王女のためのパヴァーヌ
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】1985年12月、1986年2月 ベルリン、フィルハーモニー

まず、ジャケットのデザインが気に入ってます。
日の出後(日の入り前かもしれませんが)の海、寄せる波を魚眼レンズで捉えてます。
かなりセンスがいいですね。

ドビュッシーの交響詩「海」がメインのアルバムですが、このアルバムからはラヴェルのパヴァーヌばっかりを
繰り返し聴いてます。

カラヤンはこういった管弦楽曲も決して手を抜きませんね。
しっかりした作品に仕上げてます。流石にカラヤン、といったところです。


日本ブログ村クラシック鑑賞ランキングに登録しています。あなたの応援ポチポチ、お願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《N響 ザ・レジェンド▽サヴァ... | トップ | 母の生命力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽、聴きかじり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL