福岡タワーとの対話

タワーとその周辺、変わる人間模様
クラシックを中心としながらも、Jazzに触手を・・・・

アナ・ヴィドヴィチのギター演奏をエアチェックする

2017年06月18日 10時15分56秒 | FMエアチェック
2017年6月18日日曜日、天候快晴。午前10時現在時外気温28℃湿度67%、北の風2m/s.
週末日曜日の朝、昨日に引き続き快晴の空。

すでに28℃まで気温上がってますが、ときおり入り込む風もあって、室内は過ごしやすいです。
ですが、ぜんぜん雨降らないですねえ。
ニュースではたんぼが干上がった地域もあるとかで、農家のかたのご苦労も大変かと思います。

昨日に引き続き、ギター演奏を聴いてます。

さて随分前にエアチェックしたものですが、これ

ベストオブクラシック・セレクション -アナ・ヴィドヴィチ ギターリサイタル-
今年の1月12日に放送されたものです。
ギター:アナ・ヴィトヴィチ
クロアチア出身のギタリストですね。
放送を聴くまで全く知りませんでしたが、エアチェック以来3回、通しで聴きました。
今、4回目です。当日の演奏曲目です。

「無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV1007」バッハ作曲、デシュパリ編曲

「大序曲 作品61」 ジュリアーニ作曲

「ソナタ イ長調 K.322」 D.スカルラッティ作曲

「ソナタ ホ長調 K.380」 D.スカルラッティ作曲

「アランブラ宮殿の思い出」 タレガ作曲

「大聖堂」 バリオス作曲

「神の愛のほどこし」 バリオス作曲

「ギターのための12の歌から イエスタデイ」レノン&マッカートニー作曲、武満徹・編曲

「南のソナチネ」 ポンセ作曲

「カヴァティーナ」 スタンリー・マイアーズ作曲

「ベネズエラ風ワルツ 第2番~エル・マラビーノ」

~東京文化会館小ホールで収録~
(2015年11月26日)

残り時間にCD音源から、
「ソナタ・ロマンティカ」 ポンセ作曲 が放送されました。

リサイタル1曲目の、無伴奏チェロ組曲が秀逸でしたね。
なんと透明感あふるる演奏でしょう。
ジンと染み入ってきます。
芯のしっかりした演奏、何度聴いても聴き飽きないですね。
「カヴァティーナ」も演奏されました、良い曲です。

休日の朝、ぼんやりアタマにホント、優しく染み入って癒やされます。


日本ブログ村クラシック鑑賞ランキングに登録しています。あなたの応援ポチポチ、お願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イェラン・セルシェルのギタ... | トップ | FMエアチェック《ベストオブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL