福岡タワーとの対話

タワーとその周辺、変わる人間模様
クラシックを中心としながらも、Jazzに触手を・・・・

モーツアルトの「ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488」第3楽章を聴き比べる(その2)

2016年12月24日 19時24分22秒 | 音楽、聴き比べ
2016年12月24日土曜日、天候曇り時々晴れ。午後7時現在時外気温8℃湿度85%、南南西の風2m/s。
年の瀬3連休の中日は土曜日、前夜来からの夜更かし。
Amazon.comプライム観放題は時の感覚無く、気が付くと朝・・・
それから就寝、11時起床と言うなんともぐうたらな生活です。

昼間ちょいとだけ外へ。
久々?浴びる日光か。

さてモーツアルトのピアノ協奏曲K.488聴き比べ。
今回はこの二人で。

Mozart: Piano Concerto #23 In A, K 488 - 3. Allegro Assai

András Schiff; Sándor Végh: Camerata Academica Salzburg
ピアノ:アンドラーシュ・シフ
指揮:シャーンドル・ヴェーグ
管弦楽:ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ
Recording Date: May 1989

やや高速なピアノですね。
管弦楽の各楽器の音色が美しい。
ずっと聴いていたくなります。
端正な音に徹したピアノと、音色の美しい管弦楽。
とてもぜいたくな仕上がりですね。



Murray Perahia: English Chamber Orchestra
ピアノ・指揮:マレイ・ペライア
管弦楽:イギリス室内管弦楽団
Recording: St. John's Square, London, Great Britain, February 16, 1984

キレと柔軟さの両面で、鍵盤を走るペライアのタッチ。
何の心配をせず聴いてます。
弾き振りのペライア、良いですね。
当方お気に入りのピアニストですが、先入観を排して試聴。
出来の良さにしばしうっとりです。


日本ブログ村クラシック鑑賞ランキングに登録しています。あなたの応援ポチポチ、お願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モーツアルトの「ピアノ協奏... | トップ | シューマンの「交響曲第3番変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL