儚くも美しき祝祭

 

 美術展に行くたびに、相棒は、案内のリーフレットをゲットする。切り抜いた場合に備えて、表、裏のために2枚ずつ。ついでに、別の美術館で開催されるものもすべてゲットする。
 駅に案内のリーフがあれば、ダブるのも構わずゲット。巡回先の、仕様の変わったリーフがあれば、それもゲット。各2枚ずつ。
 で、一つの美術展について、案内のリーフレットが5~6枚溜まってしまう。溜まったリーフをクリアファイルに整理すると、結構な量になる。

 随分、いろんな美術展を観たものだと回想するが、半分くらいしかレビューを書いていない。小説も映画も音楽も、レビューほったらかし。

 春に東京方面に美術館ハシゴ旅行に行ったとき、ガンガンに主張して、神奈川、葉山の「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー展」を組み込んでもらった。
 一つ手前のバス停で降りて、一色海岸を歩いた。御用邸があるくらいだから、比較的品の良い街。犬を連れた年配の女性も、マダム、という感じ。
 が、こんなくらいの環境じゃ、静養はできないだろう。せっかく海を見下ろす美術館のテラスにも、ベンチの横には灰皿があって、煙たくて出て行けなかったし。

 パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(Paula Modersohn-Becker)という画家のことは、ゴーギャンから影響を受けたドイツの女流画家、というくらいしか知らなかった。絵も、ナマで観たことはなかった。
 自画像のパウラはカエルのような顔をしてるけど、写真を見ると、パウラって紛れのない美人。これ、最初の感想。
 
 彼女は、ちょうどドイツで表現主義が生まれようとしている時期に、出産後まもなく死んでしまった夭折の画家(享年31歳)。
 最初、両親の勧めで教師を目指すが、その後許しを得て画家を志した。故郷ブレーメンに近い、「悪魔の沼地」と呼ばれる湿地に囲まれた小村、ヴォルプスヴェーデに移り、そこでの芸術家コロニーに参加して、この質素な農村をモティーフに描くようになる。ヴォルプスヴェーデは、現在もなお芸術家村の感があるのだそう。
 洗練されていない農村と、そこに根を張ろうとした芸術家コロニー、という独特の精神風土の上に生まれたパウラの絵は、人間を見つめた、内省的な雰囲気を持つ。

 パリに出て、セザンヌやゴーギャンらの絵に感銘を受け、ナビ派の絵に共感した彼女の絵は、模索していた自身の芸術の方向性に、確信と自信を得たかのように、いっそう単純な、いっそう大胆なものへと、変化していく。深みが増し、存在感が増す。絵は、単純であっても容易に表現が可能だ、とでも言うように。
 描かれた人々、殊に女性や子供の、眼差しは温かく、手は赤ん坊や猫をしっかりと抱き、足は大地をしっかりと踏んでいる。
 
 画業半ばで死んでしまったパウラだけれど、惜しいと思う反面、仮にもし長生きしていたら、その後、あるいはピカソのキュビズムへと向かったかも知れない、と思い、ホッとしたりもする。

 ドイツのブレーメンには、モーダーゾーン=ベッカー美術館がある。ヴォルプスヴェーデにも、いくつかギャラリーがある。いつか行ってみるつもり。

 画像は、パウラ・モーダーゾーン=ベッカー「白い布をかぶった子供の頭部」。
  パウラ・モーダーゾーン=ベッカー(Paula Modersohn-Becker, 1876-1907, German)
 他、左から、
  「赤いチェックのクッションに座った農家の子供」
  「白樺林のなかの猫を抱いた少女」
  「母の手に抱かれた乳飲み子」
  「湿原の堀」
  「結婚六周年の日の自画像」

     Related Entries :
       ヴォルプスヴェーデ派
       ハインリヒ・フォーゲラー

     Links :
       パウラ・モーダーゾーン=ベッカー美術館
        (Paula Modersohn-Becker Museum, Bremen)


     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 雨晴海岸(続) 今更、ルパン三世 »