イタリア絵画によせて:無頼漢の芸術

 

 カラヴァッジョ(Caravaggio)は、絵画をバロック時代に突入させた画家として有名。宗教をテーマとした絵の人物描写は、ルネサンス・イタリア絵画の古典的伝統に則って堅固で精神的ながらも、カラヴァッジョらしくいかにも現実的、庶民的。それがバロックの太鼓判、ドラマチックな照明によって、暗い陰のなかに物語をもって浮かび上がる。
 きっと当時としては、さぞ革命的だったんだろうな。が、私は別に特に好きな画家ではない。

 カラヴァッジョの絵には確かにある種のドラマを感じる。が、それは自信満々な写実描写や、どぎつい明暗のコントラストのせいばかりでないような気がする。画題もまた、荒々しい、気味の悪いものが多く選ばれているように思う。
 つまりカラヴァッジョって、そういう趣味。

 その上、バッカスその他の、カラヴァッジョそっくりのアクのある顔。キューピッドや若き聖者の、色気のある愛らしい顔。美少年大好きナルシストだったのかも。
 つまりカラヴァッジョって、そういう性癖。

 カラヴァッジョは伝統に反抗する一方、アナーキーな性格で、放蕩の無頼漢。絵でも絵以外でも、やたらにスキャンダラス。
 さすが天才、だからこそ革命的な絵が描けたのだ、という声もあるが、私には、あそこまで血の気が多くなくてもやっぱり絵は描けたと思う。
 つまりカラヴァッジョって、そういう性格。

 彼は腹の出た聖母マリアを描いて、教会に抗議されたそう。このあたり、なんだか、カラヤンがLPのジャケットに載る写真に、自分の腹が出ているところを、「腹を隠せ」と抗議したのに似ている。
 カラヤンの腹が出ていたのは、事実なんだから仕方ないが、マリアさまのお腹が出てたかどうかなんて、事実は分かりゃしない。だから、敢えてお腹を膨らませて描かなくてもよかったわけで、「アレキサンドリアの聖カテリーナ」みたいに美しく描けばいいものを、そうしなかったのには、伝統に追従しない画家の姿勢よりもむしろ、いかにリアルに見せるかという画家の野心、思惑のようなものを感じる。

 喧嘩っ早いカラヴァッジョは、すぐに相手に殴りかかり、怪我をさせては告訴、投獄され、とうとう殺人まで犯してしまって、ローマから逃亡。
 ナポリ、シチリア、マルタへと逃げ延びるが、最後には運にも見放され続けて死んでしまった。これ、ローマから特赦の通知が届く3日前のこと。ちゃんちゃん。

 画像は、カラヴァッジョ「聖マタイの召命」。
  カラヴァッジョ(Caravaggio, ca.1571-1610, Italian)
 他、左から、
  「トランプ詐欺師」
  「マグダラのマリア」
  「聖母子と聖アンナ」
  「眠るキューピッド」
  「ゴリアテの首を持つダビデ」

     Related Entries :
       イタリア絵画
       ユトレヒト派(カラヴァジェスキ)


     Bear's Paw -絵画うんぬん- 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 弟の叛逆(続) ヌード談義 »