オランダ絵画によせて:レンブラントの光と影

 
 
 フランス絵画の次は、神戸の「アムステルダム国立美術館展」へ。南大阪を脱出したときの安堵感、もう筆舌に尽くせない。
 この展覧会は、フェルメール「恋文」が呼び物。でもこれって、観るのは三度目。「フェルメールはもう観たから、こっちの美術展には行かなくてもいいよね?」なんて言ってた相棒が、金券ショップで、フランス絵画展のと一緒にオランダ絵画展のチケットも、ちゃんと買っていたのを見たときには、ほっとした。

 こちらの展覧会は、バロック期のオランダ絵画を一通り観ることができた。レンブラントやフェルメール、ハルス、ヤコプ・ファン・ライスダールといった有名どころはもちろん、ホーホやテルボルフやメツー、ファブリティウス、ダウやステーン、ヘダ、ヘーム、等々、とにかく、有名な画家はほぼ誰でも揃っていた。
 オランダ・バロックは、以前勉強しただけあって、分かりやすかったな。

 さて、バロックと言えば、ルーベンスがフランドルで絶大な影響を誇っていた。だからフランドル・バロックの絵はどれも、ルーベンス風の華美さ、大仰さがある。
 が、オランダにはルーベンスほどのマンモス巨匠が現われず、オランダ絵画最大の巨匠、レンブラントですら、せいぜいナウマン象と言ったところ。黄金時代と評されるだけあって、さすがに層が厚い。

 レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt van Rijn)の絵で思い浮かぶのは、何と言っても、独特の明暗対比。フェルメールが、窓からの陽光に光源を取っているのに比べると、レンブラントの光源ははっきりしない。光と陰影の対比自体はかなり強烈なのだが、光そのものは柔らかで温かい。
 この独特の光は、闇に浮かび上がる人物たちを照らすだけでなく、その内面をも照らし出す。レンブラントは、モデルの微妙な表情を描写するのに長けている。加えて、かなり大胆な粗い筆捌きが、激しい明暗効果と、人物の表情の機微と相俟って、絵に、人間ドラマという雰囲気を与えている。

 レンブラントは若くして、ヘリット・ダウを含む最初の師弟を取り、その後も工房で数多くの師弟を教えた。が、彼らはみな、初期にはレンブラントに酷似した明暗対比の絵を描きはしたが、次第に色調はより豊かに、筆致はより滑らかに、全体の雰囲気はより優美になっていった。
 結果として、ハルスと同様、レンブラントにも、その様式を継承した画家はほとんどいない。レンブラントが、オランダ絵画において傑出しているのは、そのせいもあるのかも知れない。

 レンブラントは、イタリア・ルネサンスの巨匠たちに模して、自分をファースト・ネームで呼ばせていた。野心満々、アムステルダムに赴き、サスキアと結婚。妻の伝で画商から絵の依頼を得、名声も得た。
 が、一方、サスキアを早くに亡くし、息子ティトゥスの乳母からは婚約不履行で提訴され、さらに、習作すら買い手があったというのに、どういう派手な生活をしていたのか、50歳のときに破産。晩年には、愛人ヘンドリッケとティトゥスに相次いで先立たれ、哀しく淋しく人生を閉じたという。

 画像は、レンブラント「青年期の自画像」。
  レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt van Rijn, 1606-1669, Dutch)
 他、左から、
  「夜警」
  「ユダヤの花嫁」
  「フローラに扮したサスキア」
  「水浴する女」
  「画家の息子ティトゥス」

     Related Entries :
       オランダ絵画


     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 夭逝の印象派画家 絵画史の勉強 »