オーソドックスな女流画家

 

 ルイーズ・ブレスラウ(Louise Breslau)は、フェミニズム画家マリ・バシュキルツェフが唯一ライバル視していた女流画家、と解説されている。

 良家の娘は、良妻賢母の貴婦人となるべく、教養の一環として絵や音楽をたしなむことを推奨された時代。けれども、女性が一個の画家としてのキャリアを積むことはよしとされず、絵を学ぶのに官学に入学することも許されなかった時代。
 それでも、本格的に絵を修行したがった良家の若い女性たちはわんさといて、彼女らが、女生徒を受け入れた私設アカデミーに集中したのは、自然な流れ。
 で、パリのアカデミー・ジュリアンで、ブレスラウとバシュキルツェフの人生は交差する。

 同齢の若い娘で、同じく家柄が良く裕福で、知性と教養を備え、もちろん画才にも恵まれて、しかも美人。しかも病身。しかも父親不在の少女時代。そして男性には縁がなかった(多分)。アカデミーに入るや、たちまち一目置かれたブレスラウを、同じく一目置かれた、勝利と名声を熱烈に求めるバシュキルツェフが敵視したのは、こうした性質と境遇の類似も手伝ってかも知れない。

 が、似ているとは言っても、それは文面上のことで、実際の個性や思想、嗜好などは、おそらくかなり異なっていたのではないかと思う。
 それは画風や、画題の選択にも、少しばかり現われている。二人とも写実を武器とした、自然主義的な画風なのだが、バシュキルツェフの画風はより素直で明るい。二人とも人物画に優れ、取り上げる画題も、少人数にスポットを当てた身近な庶民の日常の生活なのだが、バシュキルツェフのほうは、下層階級の女性や子供たちへの関心が目立つ。
 一方、ブレスラウが描くのは、もっぱら中産階級の室内で、写実描写はよりソフトな光に満たされている。また、逆光を好んだらしく、ひねりがあって、耽美的な画面作りの意図が見える。

 以下は受け売りだが、ブレスラウはドイツ、ミュンヘンの、裕福なブルジョアの生まれ。父は信望厚い産婦人科医で、父のチューリヒ大学就任に伴い、一家はスイスに移る。
 ブレスラウは慢性的な喘息持ちで、子供の頃、病床に繋がれる時間をやり過ごすために、ドローイングを始めたのだという。

 検死時における感染症がもとで父が急死すると、ブレスラウは、喘息の療養を兼ねて、ボーデン湖畔の修道院へと送られる。この修道院滞在中に絵画に開眼、地元画家のもとでレッスンを重ね、決意してパリのアカデミー・ジュリアンへ。傑出した才能で、アカデミー女生徒から唯一、サロンへのデビューを果たした。バシュキルツェフが張り合うのも無理はない。

 以降、サロンの常連者となったブレスラウは、裕福なパリジャンからの依頼に事欠かず、当代随一の肖像画家として成功。エドガー・ドガやアナトール・フランスら、同時代の人気芸術家たちとも親交を結んだ。
 第一次大戦中は、スイスに帰国せずにパリにとどまり、前線の兵士や看護婦を描くことで、フランスに尽力。

 ……才能もあり、良心もあり、けれども画家を志したことが人生たった一つの冒険だった、オーソドックスな女流画家、という感じ。
 で、死後は忘れられたという。

 画像は、ブレスラウ「逆光」。
  ルイーズ・ブレスラウ(Louise Breslau, 1856-1927, Swiss)
 他、左から、
  「犬を連れたアデリーヌ・ポズナンスカ嬢」
  「イギリス詩人ヘンリー・ダヴィソン」
  「読書」 
  「身繕い」
  「自画像」

     Related Entries:
       マリ・バシュキルツェフ


     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 闘う女流芸術家 東海岸の女サ... »