夜と影の祈り

 

 ドイツ表現主義の鬼才、ヴァルター・グラマッテ(Walter Gramatté)。ベルリンに行けば現物に会えると思っていたのに、会えんかった。

 あまり解説が見つからなかったのだが、グラマッテは「マジック・リアリズム(魔術的リアリズム)」の画家だという。
 私には、絵画における「マジック・リアリズム」の特徴がピンと来ない。このタームで私がイメージできるのはラテンアメリカ文学で、例えば、旅の行商人が売りに来た魔法の絨毯に、村人みんなが乗って空を飛んだとか、死者たちが住む町を訪れた者が、その様子を、自身死者となり土中の棺に横たわった後に、隣の棺の死者に語るとか、そういうやつ。

 以下、受け売りだが、まとめておくと、「マジック・リアリズム」は、現実にあるものを、現実にないものと融合させる手法とされ、夢や無意識のような非現実を不可思議に表現するシュルレアリスムの類義とされる。
 20世紀初頭に発祥。1920年代、第一次大戦後のドイツにて、美術史家が、表現主義以降の流れを「マジック・リアリズム」という名称で特徴づけて以降、認知を得た。

 ほぼ同義に、「新即物主義」がある。これもまた、表現主義以降の画壇について提唱された語で、「マジック・リアリズム」とちょうど同時期に、無名の人間を非人間的・即物的に描く具象表現を特徴とする新潮流を取り上げた美術展に由来する。
 上記の事情から、「新即物主義」は実践的運動であり、「マジック・リアリズム」はその理論的、修辞学的な一定義と見なされる場合が多い。
 両者とも、ドイツにおける従来の表現主義を踏襲しつつ、その反動として起こり、第一次大戦後の社会不安を反映している。主情的、抽象的な表現主義への反発から、暗澹として温かみのない、無機的な具象描写を特徴とする。

 グラマッテについて言えば、「新即物主義」に見られる、社会に対する猥雑な皮肉や風刺、冷笑はほとんどない。そうではなく、従軍や病気という多分に個人的な非合理を想起させる。
 死と寄り添い、死を待つ人間に独特の、忍び来る運命に対する諦観、救済に縋る一縷の願望、無慈悲な自然を前にした静かな内省。そうした強迫観念的な心理が、共感を求めて押し寄せる。夜を思わす紺青と黒、その小暗い画面に灯る血のような赤の色彩で。骨と皮だけに痩せ萎み、眼だけを異常に大きくギョロつかせた、頭でっかちな姿となって。
 こうしたイメージが、「魔術」と形容されるある種の神秘的な感覚を呼び起こすのだろう。

 略歴を記しておくと、グラマッテはベルリンの生まれ。写真を見ると線の細いハンサムな若者で、第一次大戦では愛国心満々、勇んで従軍するが、健康状態が悪かったため、すぐに除隊となる。
 以後、絵に専心し、ベルリンの美術学校で修練。当時すでに解散していた、ドイツ表現主義グループ「ブリュッケ」のメンバーだった、ふたまわり年上のエーリッヒ・ヘッケルやカール・シュミット=ロットルフらと親交を持つ。
 演奏家でもある作曲家ソーニャ・フリートマン=コチェフスカヤと結婚し、その後約十年、自分と妻の肖像を中心に、描きまくる。が、病魔には絶えず蝕まれつづけ、32歳で、腸結核のため夭逝した。

 死後、回顧展が開かれ、ドイツ各都市を巡回するが、折も折、ナチスが台頭。退廃芸術の烙印を押されて、時期尚早に閉展した。

 ちなみに、グラマッテの妻ソーニャは、モスクワの生まれ。ロシア革命を逃れてイギリスに渡り、パリにて音楽を学んだ。ベルリンでグラマッテと結婚。死別後、再婚し、以降、ソフィー=カルメン・エックハルト=グラマッテと名乗り、ウィーン、さらにカナダに暮らした。
 ということで、没後、ウィニペグに協会が設立された。グラマッテの絵は、ウィニペグまで行けば会えるらしい。

 画像は、グラマッテ「疲れた花売り娘」。
  ヴァルター・グラマッテ(Walter Gramatté, 1897-1929, German)
 他、左から、
  「懺悔」
  「十字架降架」
  「夢見る少年」
  「病み上がりのソーニャ・グマラッテ」
  「赤い月のある自画像」

     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

キルギスタンの青

 

 お正月に、とある若き旅する乙女と話す機会があった。聞けば、世界じゅうを飛びまわっているという。ロシアに行くのには、旅行ビザなら簡単に取れる、というので、相棒、いろいろ伝授してもらっていた。これなら、そのうちロシアに行けそうだ!

 乙女いわく、中央アジアの何とかスタンをいくつかまわった。そこからグルジアやアルメニア方面に行こうと思っていたのだが、現地宿で意気投合した仲間たちと一緒に、急遽アイスランドへ飛んだ。キルギスの料理は美味しかった。云々……
 で、私は、キルギスを描いたクズネツォフという画家を思い出した。

 パーヴェル・クズネツォフ(Pavel Kuznetsov)。ちょっとマイナーな画家かも知れない。ロシア象徴主義の若い世代たちのリーダーで、「青薔薇派」というグループを組織した。「青薔薇派」の特徴とされる、青い靄を透かしたような、曖昧なフォルムと流麗なトーンは、ひとえに、彼の出展作品「青い噴水」に依っている(と思う)。

 イコン画家の家庭に生まれたクズネツォフ。サラトフ、さらにモスクワの美術学校で絵を学ぶ。ロシア印象派の教授連、コロヴィンとセロフの門下だったが、彼らの印象派スタイルには馴染まなかった。
 と言っても、コロヴィンやセロフら自身、新しく沸き起こったロシアの象徴派運動、「芸術世界」に参加していたわけで、画壇がもはやそういう時代。象徴主義の新風のなか、クズネツォフは、ロシア象徴主義の始祖たちであるヴルーベリとボリソフ=ムサトフを崇拝する、モスクワの若い画家たちのリーダー格だった。
 1904年、サラトフで「クリムゾン・ローズ(Alaya Roza)」展、さらに07年、モスクワで「青薔薇(Golubaya Roza)」展を組織する。いかにも象徴主義が好む、詩的、夢幻的、非現実的(というか、現実逃避的)なビジョンをずらりと並べ、批評家からは「デカダン」と糾弾される。こんなふうに罵られれば、成功というもんだ。

 が、青薔薇の熱が収まって以降は、クズネツォフの関心は、地方の民俗文化へと移っていく。彼は中央アジアを旅しながら、その共同体社会の日常生活を描く。相変わらず象徴主義らしい豊かな色彩で、かつての青への偏愛を残して。もはやぼやけることのないフォルムは、簡素で、幾何学的な造形のよう。
 そして、彼が最も好んで描いたのが、キルギスタンの大草原で暮らす遊牧の民だった。

 画業にふさわしく、やがて教鞭を取り、文化教育政策にも携わるが、こんな絵ばかり描いていたからだろう、社会主義リアリズムの到来に伴い、当局の恩恵を失ったという。

 画像は、クズネツォフ「草原にて」。
  パーヴェル・クズネツォフ(Pavel Kuznetsov, 1878-1968, Russian)
 他、左から、
  「羊毛刈り」
  「鳥市場」
  「草原のユルト」
  「東洋の美女」
  「画家ベブトワの肖像」

     Related Entries :
       青薔薇派


     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

英国のノクターン

 

 私の要チェック画家の一人、イギリスのジョン・アトキンソン・グリムショー(John Atkinson Grimshaw)。ビクトリア朝のマイナーな巨匠、なんて評価されているが、その薄明りに煙る都市の情景は、知る人ぞ知る秀逸なものばかり。

 グリムショーの絵は、私にはシャーロック・ホームズを想起させる。黄昏、夜、あるいは早朝の、月光に鈍く浮かび上がる都会。おぼろに揺れる窓明かりや街灯。霧や靄に濡れた石畳や埠頭。行き交う馬車、停泊する船舶。葉を落とした秋冬の木々。雲がまだらに流れる、あるいはどんよりと垂れこめる、不透明な空。蒸すように生暖かい、あるいは突き刺すように冷たい大気。それらが一点に向けて奥まってゆく。

 狂いのない細密なリアリズム。けれど、現実の風景とは感じられない。そのムードは、画家の独創に大いに依っている。産業が発展し、社会が繁栄し、文化が爛熟した、当時英国の都会が持っていたはずの、汚い面、気の滅入る面は捨象され、抒情的、耽美的な面だけが喚起されている。彼の夜空は青くも黒くもなく、緑閃光のような黄金色のトーンをしている。
 だからなのか、グリムショーの描く都会は、怪奇にロマンチック。そして、いくばくかの疎外感を感じさせる。

 イングランド北部、リーズの生まれ。鉄道事務員として働き、20歳で従姉と結婚。そのまま堅気の人生まっしぐら、と思いきや、数年後、突如、仕事を投げ出して画家へと転身する。
 アートショップの展示作品を手本にして、独学で絵を学び、正規の美術教育を受けることはなかった。が、天性の資質と才能があったのだろう、やがて、ラファエル前派の擁護者、ラスキンの眼にとまる。
 多くのラファエル前派の画家たち同様、詩人テニスンの熱烈なファンだったグリムショーも、テニスンの詩を主題とした幻想的な絵を描いている。濃淡の影が立ちこめる、ぼんやりとした光の色調は、もうその頃から際立っている。

 この、夜影を照らす、かすんだ光を真骨頂とした都会風景で、グリムショーはほどなく、中産階級からの人気を博する。
 ロンドンのチェルシーのアトリエ近くに、同じくアトリエを構えていたホイッスラーは、あるときグリムショーを訪ねた後に、
「僕はノクターン(夜景画)を作り出したのは自分だと思ってたよ、グリムショーの絵に会うまではね」と言ったのだそう。

 死後、人気は次第に薄れ、昨今、再度注目されてはいるが、イギリス絵画史上、特に重要視されているというわけではないらしい。

 描けば売れた彼の絵は、並べてみれば、どれも似たり寄ったりの構図、色彩、モチーフなのだが、それでも、この時代の英国で、こんなふうにストリートシーンを描いた画家がいなかったせいか、各々、捨てがたいものがある。
 そしてグリムショーの絵が、ずらりと並ぶ機会というのは、おそらく、あまりない。

 画像は、J.A.グリムショー「十一月の月光」。
  ジョン・アトキンソン・グリムショー(John Atkinson Grimshaw, 1836-1893, British)
 他、左から、
  「シャーロットの乙女」
  「ワッピングからのリバプール」
  「ロンドン、ブラックマン通り」
  「パーク・ゲートにて」
  「グラスゴーの船渠」

     Related Entries :
       ラファエル前派


     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

遥か狂乱の祖国を離れて

 

 ドイツの美術館で久しぶりに思い出した、ハンス・プルマン(Hans Purrmann)。作家ヘルマン・ヘッセとの友情で有名なのだが、私にとっては、その昔、静物画というジャンルの絵を観て初めて面白いと実感させてくれた画家。

 ドイツに表現主義が大きく盛り上がっていく時代、フランスのマティスに心酔し、終生、パリでもベルリンでも、亡命先のスイスでも、マティスに負った自らのスタイルに忠実だった。そのせいで祖国の画壇を追われた画風を手放さず、祖国の暴走の行方を見守った。

 父親の工房で室内装飾を修行したが、満足できずに画家の道へ。ミュンヘンで絵を学んだ同期には、クレーやカンディンスキーらがいた。
 ベルリン滞在の際に、当時のドイツ画壇の大御所、マックス・リーバーマンに薦められ、ベルリン分離派展に参加。この頃からドイツは、人間の内面を吐き出す表現主義が興隆する。が、プルマンは表現主義には傾倒しなかった。彼が夢中になったのは、その後すぐに赴いたパリで出会った、野獣派のマティス。

 なのでプルマンの、自然光あふれる、明るくカラフルで繊細な、いかにも絵画的な瀟洒な画風は、決定的にフランスとマティスとに負っている。パリで交流のあったピカソらのキュビズムにも動じず、現実を現実以上に豊かに創造する色彩讃歌が揺らぐことはなかった。

 その後、パリにて、同郷の女流画家と結婚。だが、第一次大戦が勃発し、帰国を余儀なくされる。この戦争中、多くの作品をパリのアトリエごと失った。

 以降、第二次大戦前夜まで、活動の拠点はベルリンへと移る。が、ナチスが台頭すると、彼の絵は、「おフランス的すぎる」という理由で頽廃芸術と見なされ、ドイツ画壇から追放される。
 ゲシュタポ監視下にあったプルマンは、失意のうちに死んだユダヤ人画家リーバーマンの葬儀に列席したことで、ドイツを逃れる。フィレンツェでヴィラ・ロマーナ校長の地位を得るが、ムッソリーニ転落後、北イタリアがドイツに占領されると、スイスに亡命する。

 長くそばで支えてくれていた妻が病死し、絵を描く気力を失ったプルマンは、ヘッセの住まうモンタニョーラ村へと移る。ナチズムの時代、ヘッセの館は、迫害された亡命文化人たちが住み着いていたのだった。
 連合軍の爆撃で、ベルリンのアトリエは燃えてしまう。だが、あの頃と同じ色彩は画家のもとに戻って来る。「仕事場の老画家」は、プルマンに捧げられたヘッセの詩。

 戦後、バーゼルにて死去。

 画像は、プルマン「花瓶とオレンジとレモンのある静物」
  (Hans Purrmann, 1880-1966, German)
 他、左から、
  「浮彫細工のある静物」
  「マリー・ブラウネの肖像」
  「裸婦」
  「カーサ・カムッツィのヘッセの部屋」
  「ラジョーレ館の中庭のベンチ」

     Related Entries :
       ヘルマン・ヘッセ


     Bear's Paw -絵画うんぬん-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ギリシャ神話あれこれ:パンドラの箱(続々)

 
 ところで、思慮の足りないエピメテウス。考えてみれば、プロメテウスと同じティタン神の血族。
 ティタン神族は、ゼウス兄弟姉妹らオリュンポス神族と戦って敗れた、いにしえの巨神。オリュンポス神族の勝利をあらかじめ知っていてゼウスの側についた、「先に慮る」プロメテウスとは異なり、「後から慮る」エピメテウスは、他のティタンたちのようにオリュンポス神族に楯突いて奈落タルタロスへと落とされたかと思いきや、そうではない。そもそも、愚鈍すぎて、ティタン戦争には関わらなかったらしい。

 さて、そんなエピメテウスに嫁いでしばらく経ったあるとき、パンドラは、「決して開けてはならない」と戒められていた甕の蓋を、案の定、中身見たさに開けてしまう。途端に、甕のなかから怪しげな形をしたものが立ち上がり、あっという間に四方へと散らばっていった。
 それは疫病、飢餓、貧困、欠乏、嫉妬、怨恨、憎悪、奸計、犯罪などの、ありとあらゆる災厄だった。以降、地上には解き放たれた悪疫や災禍が満ち満ちることになる。
 パンドラが慌てて蓋を閉めたとき、甕のなかにはただ一つ、「エルピス」だけしか残っていなかった。

 文脈からすれば、「エルピス」もおそらく災厄の一つなのだろう。これは「予兆」という意味だそうで、良い予兆なら「希望」、悪い予兆なら「絶望」となるらしい。

 が、未来を知るという「予兆」そのものが、やはり、人間にとっては生きる上で災厄なわけで、それが甕の外に飛び去ることなく、ぐずぐずと残ってくれたおかげで、人類は「予兆」に悩まされることなく生きることができる、ということだろうか。
 つまり、「絶望」が地に満ちなかったおかげで、人類は「希望」を持って生きていける、というわけだ。

 ちなみに、エピメテウスとパンドラ夫婦自身は、あまり厄災に煩わされなかったそうで、その後に起こった大洪水も、息子夫婦たちと一緒に生き延びている。

 画像は、ルドン「パンドラ」。
  オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840-1916, French)

     Previous

     Bear's Paw -ギリシャ神話あれこれ-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ