どうしても言いたい

どうしても言いたかったのでブログ始めました。今皇室がアツい。

今後の展望

2017-05-13 14:54:52 | 皇室
天皇退位特例法案の全文が明らかになりました。

明らかになったとはいえ、また閣議決定、国会審議が残っています。
特に、野党の方に頑張っていただきたいので、メールやはがきで抗議活動を続けましょう!私もまた法案の主管である内閣官房に意見を送ろうと思います。野党の議員事務所にもアプローチしたい。

その上で、今後最悪、この法案が通ってしまったとして。

全然まだまだこれからですよ?

今回の法案は、現行法で皇位承継が男系男子に限られている以上、それに従えばこうなるよね、という法案でしかないのです。

私たちはさらに現行法を乗り越えて、直系長子承継を認める典範改正を目指しているわけなので、目標はまだまだ高いところにあるのです。

その高い目標に比べれば、秋篠宮が3倍の皇族費をもらうことなんで、誤差の範囲なわけなのです。

ざっくり今の状況をまとめると、

愛子天皇を望む声は圧倒的。国民の8割以上が愛子天皇を望んでいる。しかし安倍政権は日本会議男系男子カルトに支えられた政権なので、この政権下では典範改正は無理。タイミングを見ても、愛子様は18歳で立太子可能な年齢になるとは言え、その先大学や大学院と、勉強で忙しい。宮内庁のいうところの「承継順位第一位としてのお立場の重要性や皇太子殿下の公務を引き継ぐ必要性」というのがないと思うが仮にあるとして、それを担う人手が必要としてもまだ愛子さまが担うには早すぎる。拡大した公務を整理していくにしても、上皇が権勢をふるってる間は改革も難しい。その間、秋篠宮「皇嗣殿下」に雑務を担っていただいて、宮内庁の思う通りにしてあげて、その間に徳仁天皇陛下の治世が進み、宮内庁の改革も進み、公務も整理されてゆき、私たちは女性天皇を望む運動を盛り上げ、愛子様も学業を終え、機が熟したらばっさり皇室典範改正で愛子皇太子誕生!皇嗣職廃止!

私にはこういう未来が見えます。

秋篠宮にはせいぜい宮内庁利権に利用されつつ公務公務と頑張っていただき、つかの間の「皇嗣気分」を味わっていただきましょう。

タイミング的にもぴったりではないですか?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「皇嗣」って何さ | トップ | ジーク・ジオン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む