Kent Shiraishi Photo Studio

北海道美瑛町の大自然や身近な写真を、
海外写真サイトから配信致します。

"SAMURAI PHOTOGRAPHERS"

2016年10月12日 | 世界で通用するArtistになるために学ぶ!
"SAMURAI PHOTOGRAPHERS"
チーム「サムライ・フォトグラファーズ」を作りたい。

これから書く発想はもちろん僕自身の発想です。
「それは違う!」と突っ込まれても困ります。
もし違うと思えば、それはそれで良いのです。
100人写真家がいれば100通りの発想がある。
それがArtist(アーティスト)です。

(#^.^#)
さて、前回の記事では、
これからの写真家の実力=「写真力+発信力」である。
その事について書きました。
11月から始まります「サロン式・ケント白石の写真講座」で再度詳しく解説しますが、
その写真術講座は大きく二つに分けて始める予定です。(講座名は未定)
一つはRaw現像をされた事が無い、通常Jpegだけで撮られている、あるいはたまに現像しても納得がいかない上手く出来ない。そういう方向けの中級講座。
趣味で写真を楽しむ方にはこのコースがお勧めです。

そして現像が一通り出来る(そう思っておられる)皆様で、しかも目標は世界に自分の作品を発信し、作品を買いたい顧客や仕事の依頼をして下さる企業を探したい、そういうハッキリした目標をお持ちの方のための講座、それが「世界に進む上級講座」です。
(まだ検討中ですが、上級講座は入塾試験を行うつもりです。)

ところで、およそ1年後を目標に、上級講座はもちろん、中級講座から上級講座に進んだ方も含めて、
その中から優れた写真家を集めて、世界にどんどん日本人を売り込む写真家チーム『SAMURAI PHOTOGRAPHERS サムライ・フォトグラファーズ』(仮名称)を作りたいと考えています。
これから1年間学んで経験を積めば、10人前後の優秀な写真家でチームが結成出来ると信じております。


尚、いずれの写真講座も入塾資格はアマチュア写真家できちんと他に仕事を持っている皆様。
また写真の・・・協会等に入っている方は入会できません。


そもそもアーティストは一匹狼で戦える精神力を持っている者達です。そういう者達が各々の個性を活かして世界で戦うのです。
ケント白石の写真術講座は目標・ターゲットがはっきりしています。またそうでなければお金を頂く意味が無いです。逆に金も払わないで適当に学ぼうとする人達は真剣さに欠けます。いずれも成果は出ないでしょう。

僕も教える以上、ヤル気のない者は相手にしたくありません。
「中級講座」は楽しく学び写真ライフを満喫されたい方のための講座。日々の写真ライフで可能な出来そうな目標を見つけ、各自の能力、持ち時間の中で少しずつ上達していきましょう。
そして、「世界に進む上級講座」は世界でプロ活動を目標に目指すのですから、ハッキリ言いまして厳しいです。落後者・脱会者が出る事は予想しております。またそのレベルの写真力に到達出来ない方も多数いるでしょう。
それは仕方が無い事です。これは予め書いておきます。


どうかお金を無駄にされませぬ様、よくお考え下さい。
僕は僅かな小遣い稼ぎのために始める訳ではありません。


かつてのマグナムフォトの様な(近年のではありません)素晴らしい写真家チームを日本に作りたい。それも日本人写真家だけのチームで、既存の写真業界の変な色に染まっていないピュアな写真家達の集まりです。
撮影ジャンルはもちろん幅広く、色々なテーマで創作されて、皆で世界に発信していく。世界に日本の文化をばら撒きたい。個性的でユニークな写真家を集めたいです。
当然時間をかけて世界で販売出来る様な作品創作をしていきます。つまり稼げるアーティストを目指すのです。日々何百枚撮影したとか、そういう低次元の話では無く、絵画の様にテーマを持ち、時間をかけてしっかり作品創作出来る写真家を求めています。
よって日本の狭い写真業界で、一応写真だけで飯を食ってる(といっても低所得で時間に追われている)、そういう貧乏プロ写真家では無理です。
時間をかけて創作活動出来ない様な写真家は、世界でアーティストには成れない!
少なくとも僕はそう考えています。

さて最後に、
先日も書きました様に、毎日世界のあちこちで紹介されております。
Mail Online

特に米国の著名な写真編集者アラン・テイラーが彼の写真記事の中で僕を選んでくれたおかげで、今どんどん世界の重要なサイトで紹介されています。
大切な事はこのチャンスをけして逃さない事です。普通の写真家はただそれを喜んで見ているだけですが、僕は違います。
自分の発信力を最大限に使います。意味無く、ただ写真を「ナショジオ」に投稿している訳ではないのです。それはアマチュアがする事です。僕には「戦略」があります。だからこそどんどん世界で有名になるのです。そして世界中に写真を売る機会を作れるのです。もし世界で戦おうと思うなら「戦略的写真家」になるべきです。少なくとも僕はそう考えています。僕の書いている内容が理解できる方だけ「上級講座」にご参加ください。
(#^.^#)
次をご覧下さい。
日本人では僕と友人のプロ写真家井上氏だけが紹介されています。
アラン・テイラーが選んだ作品が世界中でシェアされているのです。
まずはフランス、Facebookで200万フォロワー数を誇る有名なデザイン&アートに関するサイトです。
Fubiz
そして中国でも毎度の様に紹介されています。
中国
インドネシアでも。
インドネシア
もちろん、ロシア、スペンでも紹介。
さらに便乗して僕が仕掛けた戦略が功を奏して中東で特集されています。
イスラム圏の富裕層が日本に目を向けている今、ただ指を銜えて黙って見ているのはナンセンスでしょう。
すでに中東に向けて、僕がモノクロ作品を売っている事は以前書きました。
まさに今、この瞬間が己を売り込むための絶好の好機です。金払ってもけして出来ない営業チャンスの到来です。
中東で雪が好まれる
中東で特集される - Kent Shiraishi

このブログを読んでいる皆様なら推理できますよね?
僕が何故「ナショジオのフォトコン」に毎回参戦するのか?
既に一度入賞しましたから、ほんとは無理してもう一度入賞しなくても良いのです。つまりその事は大した問題では無く、目的はあくまでも世界で名を売るために戦略的に利用しているに過ぎません。
その事をきちんと理解する必要があります。世界で「戦略」無くして戦うのは時間の無駄です。
ここから先は「世界に進む上級講座」で書きます。
(#^.^#)
最後に面白いサイトを見つけました。お遊びで「ナショジオ・フォトコン」に入賞しそうな作品に投票させています。
なんと今現在(10月12日)井上氏がTop! 素晴らしいです!!
もちろん彼には、上で書いた、写真家達のチーム『SAMURAI PHOTOGRAPHERS サムライ・フォトグラファーズ』(仮名称)に参加して頂く予定です。
Playbuzz


『ハートの木』
The tree of "Heart"
(#^.^#)
ケント白石
北海道を世界に売り込む侍写真家
★ケント白石 写真家のCafe「てふてふ」
Open Time : 13時~22時 不定休 写真術講座開講中
Tel:0166-92-5137
撮影で不在の時が多いです。来店前にお電話下さい!
Professional & SAMURAI Photographer Kent Shiraishi
ケント白石 写真家の宿「てふてふ」

★Facebookページ
Kent Shiraishi Photography
Google+

ブログ村「写真講座」ランキングに参加しております。
今回の内容がお役に立ちましたら一票投票お願いします。出来るだけ多くの方に読んで頂ければと思います。
下記「写真講座」ボタンクリックで一日一回だけ投票できます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 世界に出ていくとはどういう... | トップ | Kent Shiraishi - Hokkaido’s... »