Kent Shiraishi Photo Blog

北海道美瑛町の大自然や身近な写真を、
海外へ配信するArtistの呟き。

前田真三先生は一流のプロ写真家!

2011年12月17日 | 500px
前田真三先生は一流のプロ写真家!

年末が近づいてきまして、実は今ものすごく忙しいです。
500pxに参加して約2ヶ月、写真販売は百数十枚・・・

これはもちろん自分の努力もありますが、
何よりも普段からお付き合いのある皆さんに、
深く感謝しなければいけないと思います。

特に私にとって恩師と言ってもいいほどの存在、
日本の風景写真界の巨匠であった故前田真三先生からは、
実に色々な事を学ばさせて頂きました。

ここで説明する必要などないほど、風景写真を撮る方で、
彼の存在を知らぬ者はいないはず、少なくともプロなら100%知っています。

しかし彼が、
「風景写真の世界で日本一稼いだ写真家!」
そう言われていた事を知っている方は少ないのです。

実は私が先生から学んだのは、写真術は当然ですが、
それと同等にプロ写真家の心得・処世術を学びました。
これが今になっても、というより、今だからこそ役立っているのです。

ご存知かもしれませんが、
先生は44歳まで現役バリバリの商社マンで、
その歳にアマチュアからプロに転向されました。

しかしアマチュア時代からフォトコンテストなどには一切興味がなく、
応募したこともなかったそうです。

それなのに、プロに転向して一年目からしっかり稼いでいたのです。
こんな写真家は稀有な存在で、今もって他には見当たりません。

後に先生とお話させて頂いた際に、
自分の商社マンとしての経験がどれほど役立ったかを聞かせて頂きました。

ただたんに写真学校を卒業して誰かのアシスタントをしただけでは、
けして学べない事をすでに習得されており、

★プロ写真家=写真に関する技術+マネジメント能力
この両方が同時にあるレベルにないとプロでは飯が食えない。
そう話されていました。

ようするに、
アマチュア時代から自分がプロ写真家として生きていく戦略を考え、
プロになったらすぐそれを実行したのです。
そして見事にその戦略は成功しました。

もしこれからプロになりたい方、写真で稼ぎたいという方は、
先生の写真集のみならず、
人生哲学について書かれた本をお読みになることをお勧めします。

私は直接お話を聞かせていただき幸せでした。

★プロとアマチュアの差は?

★良い写真を撮るアマチュアはたくさんいる。
 しかし良い写真が必ずしも売れる訳ではない。
 では売れる写真は?

★プロである以上、一流のプロとは稼ぐ者の事である。

まだまだ色々ほんとに多くの事を教わりました。
ここで改めて故人になられた先生に深く感謝申し上げます。

さてところで、最近は質問も色々頂きます。
申し訳ありませんが前述のように忙しく、殆どお答えできません。

一つだけ、同じような質問が多数来ていましたのでお答えします。

・・・僕は現在はアマチュアですが、出来ればプロ、
写真で稼げるようになりたいです・・・。
・・・いつもブログを読ませて頂いて、500pxにも参加しました。
しかし人気がイマイチです。ちなみに写真は1x.comにも掲載されています・・・。
何かアドバイスを頂けますか?

似たようなアドバイスを求める質問が結構来ていました。

私なんぞが答えるより、
前田先生の書かれた本を読まれた方が良いと思います。
あともう一冊、最近読んだ本で気に入った良い本がありました。
ご紹介します。

★「カメラマンへの道」雷鳥社 著者 宅間國博

この本は読みましたが、有名写真家が自分を美化して書くような、
そういう類の本とは違い、とても好感が持てました。
プロへの興味があるのなら一読をお勧めします。

あと私が書けるような事はほとんどありませんが・・・
そうですね・・・

まず500pxに参加するのと、1x.comとは全く意識が違うということ。
1xの方は選んで頂くわけで、貴方は受身です。

またこれは全てのフォトコンについて言えますが、
あくまでも、少数の選者に気に入られたと言うことで、
その作品が多数の人に買ってもらえることには繋がりません。

ようは上で書いたように、

★良い写真を撮るアマチュアはたくさんいる。
 しかし良い写真が必ずしも売れる訳ではない。

・・・そういうことです。

そして500pxですが、
こちらは他力本願では意味がないです。受身では絶対にダメです。
もしそういう状態でただ投稿しているだけなら、
ハッキリ言いまして時間の無駄です。

それなら最初から審査で選別されるフォトコンに投稿すべきでしょう。

私の知人も500pxに参加しており、1xにも掲載されている者もおりますが、
そういう方でもここでは人気の出ない(売れない)作品も多々あります。

またここではランキングも点数もそれほどの意味はありません。
大切な事は「自分の作品集」をいかに多くの方に観て頂くか・・・。
もちろんきちんとビジネスにつながるように構築しなければいけませんが、
それは・・・ここでは書けません・・・あしからず。

最後に、昨夜遅く一枚の写真を投稿しました。
実は以前に投稿した作品の「色違い」なんですが、
すぐに人気が出て、投稿後わずか数時間で10枚以上売れました。

実はこの作品、昨年1x.comに投稿したら見事に落とされました(笑)。
しかし私は昨日500px投稿前から、間違いなく人気が出る、売れると確信していました。

受身で誰かに選ばれる事と、自分で選んで決定する事とは違います。
大切なのは自分の感性を磨き、時代を読む能力と判断力を養うことです。

どんな作品でも趣味で撮るなら自由です。売れるかどうかなど考える必要ありません。
しかしプロは違います。売れないと分かっている作品は撮りたくないし撮りません!

・・・どうか色々悩んでください。
プロになるなら、前田先生の仰るとおり、ビジネス感覚がとても重要です。

まず以前投稿した作品

★「The Sun and Shadows

そして昨夜投稿した作品

★「The sun and shadows B&W

この2作品はもちろん同じデータから現像しています。
しかし色が違いますので別な作品です。
おそらく販売結果も相当違うでしょう。

自分の勝手な思い込みは危険です。
プロフェッショナルには柔軟性が大切です。

最後になりましたが、
おかげさまで忙しく、ブログを書く暇もありません。
よってまたしばらくお休みします。

来年少し時間に余裕が出来ましたら、また書かせて頂きますので、
その時は宜しくお願い致します。

では少々早いですが、
皆様来年こそは良いお年をお迎え下さい。
今年は色々応援いただきまして、本当にありがとうございました。
深く感謝申し上げます。

ブログ村「写真講座」ランキングに参加しております。
今回の内容がお役に立ちましたら一票投票お願いします。出来るだけ多くの方に読んで頂ければと思います。
下記「写真講座」ボタンクリックで一日一回だけ投票できます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色によって印象は大きく変わる。 | トップ | The National Geographic Pho... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難うございました (あるば)
2011-12-19 09:22:59
ちまきさん 今年もお忙しい中、たくさんの講義有難うございました。
理解したつもりでもいざ撮影になるとつい夢中になり勉強した事を忘れてシャッタ-を押してしまいがちですが、それでも次第に講義を思い出して撮るようになってきました。
私にとりましては、ただ感動してシャッタ-を押しまくっていたころから考えると大きな進歩と思っております。
RAWで撮影し現像することにも徐々に慣れてきて、今ではRAWの魅力に取り付かれています。
これもひとえにお忙しい中、懇切丁寧な講義を続けていただいたちまきさんのおかげと心から感謝しております。
500pの世界も紹介していただきまた新しい世界を知ることができました。
なんといっても最大の喜びは自分の写真がブルガリアの方のリビングに飾っていただく機会が生まれたことです。
今年は大変くらいニュ-スが続く中、最後には楽しい夢をもって来年を待つことができそうです。
ほんとうに有難うございました。
どうぞ元気でよい年をお迎えください。

あわせて読む