Kent Shiraishi Photo Studio

北海道美瑛町の大自然や身近な写真を、
海外写真サイトから配信致します。

世界的な写真サイトでも僕は信用しない!

2013年10月10日 | 500px
世界的な写真サイトでも僕は信用しない!

いつものようにこれから書く事は、
プロフェッショナル写真家を目指す方、
またはアマチュアであってもプロ意識を持った方、
そういう人に向けて書きます。

さて前回書きましたように、
500pxで人気Top1に輝きました。
実はそのことそれ自体は、
僕にとって大したことではありません。
たった一日24時間の評価ですから、
時間が過ぎれば、また別な写真がTop1になるだけですから…。

実は僕にとってTop1になる事は、
ビッグマネーになる事なんです。
その写真は、海外の写真商からオファーが来ていました。
その会社にはデータで売らなければいけないので、
その前に500pxに投稿して、
高い評価を受ければ、価格を高く交渉出来る。
そういう意図で投稿しただけです。
もちろん僕の顧客にもプリントして高く売れるという事もあります。

正直に言って、
Topページには行くと思っていましたが、
Top1になるとは思っていませんでした。
しかしそうなったおかげで、
数十件世界からプリントを買いたいというオファーが来ました。
これは500pxから来る「誰かがあなたの写真を買いたい」という客とは違います。
500pxから来る客は殆どがデータ購入です。
しかも安い価格で…。
またプリントを買う方もいますが、
こちらは500pxでの販売であり、
このプリントがまた酷いレベルです。
少なくとも僕のレベルでは考えられないクオリティです。
よって僕は最近、500pxでは販売していません。
ちなみに昨日はサイトから、
「買いたい人がいる」というメールがうるさいほど来ていました。
しかしそんな事はどうでもよく、
Top1になっている間に、僕は自分が作った販売システムで世界にその情報を流します。

おかげでお金持ちの高級な顧客から予想通り連絡が入ってきました。
彼らは最低米ドルで数千ドル以上で買います。
このチャンスを逃してはいけない。
プロフェッショナルは金にならなければ意味がないですから…。
Top1になるのも「顧客満足」の一つである。
僕はそう考えています。
・・・・・・・・・・・
ところが…
何と急に僕のその写真が画面から消えました。
要するに自分のページから消えたんです!
これには驚きました。
一瞬、「俺の眼も老眼が進み過ぎてついに見えなくなったのか…」
そう思ったくらいですから。
しかしもちろんそんな事ではなく、
全く理由も分からずその作品は消えたのです。
これには参りました。
金になる作品が消えたんですから…。

しかたがない、大至急500pxのサイトにメールしなければ、
そう考えて、苦手な英文を書き始めた丁度その時に、
次のような「警告」メールが送られてきました。

Hi Kent
The community has reported some copyrighted content on your account.
The photos in question have been made private and saved in your Library.
Please only upload photos you own the rights to.
If you feel this was a mistake, please send proof of ownership to help@500px.com.
Please take a look at our Terms of Service (500px.com/terms) and be sure to follow them.
If you have any questions, please contact help@500px.com.
500px

ようするにこの作品の著作権に疑わしい点があるので、
写真は皆さんから見えないように外したと書かれています。
それどころか僕の写真であるという証拠を送れと書いてきました。
とんでもない話です。
今まさに金のなる木、いえ金を生む作品が、
勝手にサイト側の誤解で消されてしまったのですから…。
天国から地獄に突き落とされたようなもんです。
参りました・・・トホホですホントに。
後で分かったんですが、
世界のどこかの馬鹿者が、
「この写真はアップル社のOSの壁紙に似ている、著作権に問題があるはずだ…」
そういう事を書いてきた者が多数いたそうです。

それにしても、そんな事はサイト側で調べればすぐに分かるだろうに、
第一その壁紙の作者が俺だろうが。
またその壁紙になった作品も500pxに投稿してるだろう。
調べればすぐに分かる事だ…。
しかしそんな事を悩んでいる暇さえ僕にはありません。
世界中の顧客と写真商を相手にしているのに、
そんな時間は1秒たりとも無駄には出来ないです。
いつもなら翻訳のスペシャリストに頼むんですが、
夜の12時近くで、おまけに時間がない。
僕は下手な英文でも何でも良いからすぐに書いて送信しました。
出来るだけ丁寧に、一回で理解して頂けるよう40分もかけて書きました。

ところがです。
向こうから来た返信を読んでぶち切れました。
眼の前にワイングラスがあったんですが、
思わず壁に投げつけてしまいました。
リーデルの高級グラスが木端微塵です。
僕が送信してから、一時間以上も待たせて、
やっと来た返信は次です。

Hey you!
Thanks for emailing! This is an automated response and a real human will be in touch soon.
Our office hours are 10am to 6pm EST from Monday to Friday. We are closed on Canadian holidays too.
If you happen to email us out of office hours, don't worry! We'll be in touch as soon as we're back.
Most of the common questions are answered in our Support Articles or you can tweet us at @500px_help for quick questions.
In the meantime, feel free to check out our Upcoming photos, our most Popular shots, and our Fresh batch of the day.
We'll be in touch soon,
The 500px Team.

いきなり「Hey you!」です。
これはまともな企業なら、客には絶対使いません!
そして内容はご覧の通り、
営業時間について書いています。
ようするに今は営業時間外であると…。
僕がぶち切れたのも理解出来ますでしょ!
奴らが良く調べないで、勝手に誤解して、
おまけに作品を消したのに、
時間外だと書いて来た。
それも自動返信メールだと…。
「Hey you!」なんて書く自動返信メールがあるか?

僕は激怒しました!
絶対に許さん!!!
それから30分かけて、
怒りの、しかし論理的な文章を書き、
「お前が上司に見せないなら、俺は直接Topに書く。」
「後で後悔する羽目になるぞ!」
そういう言葉も入れて書きました。
なぜならこのサイトのTopは知人で、
アップル社との契約の件で、
僕とメールのやり取りをしていたからです。
そうやって昨日の夜中に英文を書きました。
・・・そうしたらやっと次の文章が来ました。

Hi Kent,
Sorry about that, I've reenabled the photo.
Cheers

たったこれだけです。
もちろん写真は元に戻されました。
しかし既にもう何時間も経っています。
この間逃した注文は1万ドル以上になったと思います。
ほんとにどうしょうもない連中です。
さすがに昨夜は疲れました。
早朝には黄葉の撮影に行く準備をしていたんですが、
結局寝不足で無理でした…。

金銭的にも精神的にも時間も、
全てにおいて損出しました。
実はこういう事は500pxだけではなく、
1x.comも同じです。
そこのトップともメールで何度もやりとりした事があります。
共通しているのはとても一流企業ではありえない対応である。
そういうことです。
これ以上詳しくはここでは書きません。
ただこのブログを読んでいる皆さんには注意を書いておきます。
けして世界の写真サイトだからといって、
盲目的に信用してはいけないという事です。
これは大切な事です。

また全ての自分が投稿する作品には、
登録されたID番号の入った「透かし」を入れるべきです。
これはほんとに重要です。
こんな会社はいつ潰れるか分かりません!
そうなったら自分達の作品データがどうなるか?
誰も保証はしてくれないのです。
500pxであれ、1x.comであれ、
何であってもけして100%信用してはいけないです。
少なくともこのブログを読んでいる皆さんは、
自分の作品データの著作権をきちんと守る様にされて下さい。

実際500pxに関しては、
日本人では僕が早くから参戦しTop1にもなったと思いますが、
使っているうちに色々分かってきました。
そして今はハッキリ言いまして、
この手の写真サイトはビジネスに利用しているだけです。
全くそれ以上の価値を何も感じていません。
アマチュアとはその辺の発想も違います。
所詮大した企業だと考えてもいませんし、
また別なビジネスに使えるもっと良いサイトが出来れば、
そちらに移る事も検討します。
ただ今の時点では、
ポートフォリオ(作品集)をそこに作り、
海外の顧客との連絡窓口の一つとして使っているだけです。

最後になりましたが、
今回の様な問題は、色々な場面で起こります。
外国でプロフェッショナルとして活動するなら、
常に起きうる事です。
その際に一人で戦う事が多いですが、
日本人の「謙譲の美徳」は一切通用しません。
特に今回の様に「Hey you!」などと書いてくるケースでは、
絶対に泣き寝入りせず、戦うのみです!
これが出来ない様な精神なら、
「アマチュア芸術家」を目指した方が良いです。
世界でプロ活動するのは厳しいでしょう。

写真が上手い者など、世界にはそれこそはいて捨てるほどいます。
プロフェッショナルはビジネスですから、
普通の日本人の発想では通用しません。
写真を学ぶだけではなく、
ビジネスも学んで下さい。

このブログを読んで下さっている皆さん、
どうか頑張って下さい!

追伸:
本日、500pxから下記メールが届きました。

Hello again!
Your case has been closed, and we hope you're satisfied with the outcome.
Please click here to rate our service, and let us know how we did!
If you have any further questions, feel free to ask.
Thank you,
The 500px Customer Excellence Team

やはり会社全体の評価や信用は気になるようです。
もちろん僕は「最低ランク」を選択し、
何故最低なのかを論理的に書いておきました。
もし意識レベルの高い幹部が読めば、
必ず僕の書いた事は理解出来ると信じています。

プロ向けの写真サイトを謳っていながら、
プロなら当然入れているであろう「透かし」を確認もせず、
Top1になってる写真をいきなり削除するお粗末さ。
下の者にも対応するマニュアルを徹底させるべきです。
顧客満足が全く考えられていない。

ただ僕は世界に挑戦すると決めた時から、
どんな事にも負けない!戦っていく!
そう決心しています。
この程度の事は大したことではありません。
今考えますと、高級なワイングラスを割ってしまって、
その事の方が問題で反省しています。
(#^.^#)
世界では常に色々な事がおこり、
我々日本人の普通の感覚では理解できない事も多々あります。
しかしそうであっても、何であっても、
突き進むしかありません。
だまっているとか、大人しくしているなんてのは、
全く世界では通用しません。

ただ一つ共通しているのは、
世界中どこでもどんな職業でも、
「顧客満足」が最も大切だという事です。
僕はいつもそれを一番に考えています。
きっとその辺りに成功するヒントがあるような、
自分はそんな気がしています…。
もちろんまだまだ分かりませんが、
挑戦者として、謙虚に柔軟に、
しかし戦うべき場面ではしっかり戦いながら、
毎日世界に挑戦していきます。
そして僕の後ろに続く皆さんのために、
常に情報発信していきます。
今後とも応援宜しくお願いします!

ケント白石
北海道を世界に売り込む侍写真家
Professional & SAMURAI Photographer


Kent Shiraishi Photography
Google+

ブログ村「写真講座」ランキングに参加しております。
今回の内容がお役に立ちましたら一票投票お願いします。出来るだけ多くの方に読んで頂ければと思います。
下記「写真講座」ボタンクリックで一日一回だけ投票できます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 世界の写真サイト500pxで人気... | トップ | 美瑛町の10月は見逃せない! »