■インテリアデザインを楽しむ!■

デザインを楽しむ!趣味の木工・DIYと、Macでお仕事、ボチボチやってます!

■さらに収納♪

2016年11月29日 14時09分39秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 電動工具の整理・・・

 あまり、やりたくなかったが・・・ 狭いので仕方ない。電動工具を壁に収納する。

 室内にあった鉋の棚、よく使う小鉋を置く。
大きいクランプも、壁面に・・・ 正面、上部の壁に棚1枚、ビス類の箱を整理。

“83” “84”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 丸ノコは躯体の壁に・・・
T=18mmの合板で適当に専用台を作る。所定の位置に収まると結構作業台が使い易い。

“85” “86”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 サンダー類も最近よく使うので正面の壁に専用の棚を作り壁付け固定。
充電式の丸ノコは最近使わない・・・ 置き場に困るので仕方ない、ここなら・・・
狭いながらもそれなりに使い勝手が良くなっていく。


“87” “88” “89”
Photo 1400×1400 Click Zoom !
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■壁に収納♪

2016年10月02日 14時28分05秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 さらに整理・・・

 整理に困る「クランプ」
現状はたまたま、引っ掛かる部分に整理している。が・・・
これでは、狭いデッキではやはり作業性が悪い。
 また、余った合板(T=18mmシナ合板)でクランプホルダーを作る。
約600mm角の板に現状外部で使うクランプを収納できるようにする。
と言っても、ALCの外壁に作れるサイズがこのぐらいなのと、余った材のサイズからして
これがベストだ。

 現状は・・・

“WD_78”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 T=18mmの合板をカットして、ベースの材は貼り合わせとなる。

“WD_79”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 L=450mm用 L=300mm L=150mm と小物用の基本的なサイズのクランプ。

“WD_80”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 外壁のALCにビス止め、先に紹介したアンカー不要のビスで
簡単に固定できる。

“WD_81”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 まぁ〜 こんな雰囲気か・・・
コンパクトに収納するには同じメーカーの統一された物が望ましいが
こればかりは仕方ない・・・
全てのクランプを収納するには、ここだけでは無理だな・・・


“WD_82”
Photo 1400×1400 Click Zoom !
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■壁に棚♪

2016年10月01日 16時59分44秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 いい〜季節になってきた♪

 真夏はど〜も裏のデッキでの作業は、無理!
裏の家の室外機がブンブン可動。デッキ内はとんでもない状況だった。

 室内のリフォームもそろそろ追い込みで残すはトイレだけとなった。
これがなかなか先が見えない。

 デッキのワークベンチ(作業台)周囲を整理する。
不要な材の整理と、後々使うかもしれない材の整理用に 壁面に棚を作る
奥行き250mmとほんの少しだが、600mmと1300mm 約1800mmの長さとなり少しでも
材が整理できる。
廃材寸前の合板を組んで、ALCにビス止め。まぁ〜狭い作業スペースなので、
これでもかなり整理出来た感じだ・・・

“WD_75”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


“WD_76” “WD_77”
Photo 1400×1400 Click Zoom !


 ちなみに、ALCへのビス止めはアンカー不要のビスを使用、参考までに・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ステンレスの棚♪

2015年12月03日 11時06分20秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 追加の棚♪
完成直後から、考えていた壁面の棚を付ける。最初は余った材で「木棚」でも・・・
と考えたが、ど~も材が足りない。いっそのこと既製品。
で、厨房器具メーカーのステンレスの棚を購入した。奥行きが250mmでワイド900mmの小さい物。
あまり奥行きがあると作業の邪魔になりそ~だったので、このサイズにした。

 よくあるパターンと両サイドのブラケット部分がちょっと違う。
ほんの少しだが・・・(苦笑)

“sus_1”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 右奥上部の壁に取り付ける事にした。

“sus_2”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 まぁ~こんな感じか・・・ 収納量は無いが、それなりに、小物の工具などが収まればと考える。
この場所なら作業の邪魔には、ならないか・・・ 


“sus_3”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

平棚 【マルゼン】 BES25-09 W900×D250×H250mm 【送料無料】【業務用】
価格:9725円(税込、送料無料) (2016/10/1時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ウッドデッキ完成♪

2015年04月26日 19時49分50秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 完成♪

 予定通りに連休前に完成した。

 壁板を貼る前に柱とブロック塀の隙間に収納を…
と思ったが、余る予定の板材が全く余らなかった。
まぁ~必要なら後からでも作れる。

“69”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


“70” “71”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 夜の雰囲気は写真の感じ。露出の問題から、全体の明るさは左の写真が近い。
も~少し明るく感じるかもしれない。
湯沸器の側面が気になったので余った短い板でカバー(ちょっとした小物置)を作った。

“72” “73”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 ちなみに、新しいワークベンチ_v2 はワイド1600mmの予定だが…
狭いから、ど~かな?とも思うが室内のワークベンチは1250mm せめて1500mmは欲しいと
思っているが、1600にすると、微妙なサイズだな~


“74”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■壁板を貼る…

2015年04月25日 17時08分15秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 やっとここまで…

 連休を前にやっとここまで仕上がった。
今年の長雨にはちょっとうんざり… 雨対策のおかげで多少の雨なら
作業は可能だったが、それでも、長さ1500の板、32枚の塗装には意外に手間が…
クリアの塗料が残り少なくなり、裏面はイエローの塗料にした。

 中央から両サイドに貼っていく。材の精度の悪さから微調整は必要な所も…
それでも明日1日あればなんとか…

“65” “66”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


数年前に購入しておいたブラケット(LED)も取り付ける。スイッチは室内で操作。
夜、点灯した際の感動に思わずガッツポーズ(さすがおやじ)
60W相当(LED)の明るさが2灯、難を言えば、も~少し小さい方がバランスが良いような…

明日にも、ワークベンチ_v2(制作予定)意外の躯体は完成しそ~だ

“67”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 ちなみに、外部用のクリーナーは新しい物にした。
現状室内で使用のサイクロン式は天板の加工が必要。
クリーナー用ホースの設置で、微妙に使い勝手が悪そうだったので。
格安のクリーナー、ちょっと音が大きいが、このての種類で吸引力を調整できるのが
このタイプしかなく、まぁ~仕方ないか。こんなもんだろ~


“68”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■雨対策…

2015年04月15日 15時42分32秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 案の定…

 月曜日の午前中の雨で確認、既存のブロック塀の笠木に落ちた雨が
内側に跳ね、屋根(ポリカ)を取り付けてない状態と同じぐらいの範囲で濡れている。
 敷地内に収まりそうなミニサイズの樋を探し、価格を確認すると約1万円+送料が5,000円ほど、
んん~ これはちょっと高い…(涙)
結局余った材で対策を考える。
壁の板を貼ってしまえば、内部に跳ね返る事も無いが、壁板の裏面への跳ね返りが心配なので
ブロック塀の笠木から、雨足が跳ね返る部分の位置に庇とまではいかない笠木のような板を設置する事にした。
予想では壁板の裏に直接跳ね返らないで、ブロック塀をつたって流れると思うが…
まぁ~ 何もしないよりましなら、余った材だし…

“62”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 物干機能の再検討…
カーテンレールを埋め込んだが、ど~も、使い勝手が悪い…
まぁ~ 当然か… 
そこで、室内で使用していた物干用の部材を加工して、新しく軒下に設置。
間口2600mmの半分の1300mmぐらいだが、日常の物干にはこれで十分か。

“63”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 そろそろ、壁の板を準備しなければならない。
厚み18mm巾120mmのL=2000mmの荒材なのでプレナーをかけて下地処理だ。
L=1550程度で中央から両側に対象に貼っていく。
かるく手押しカンナで微調整しながら、最終は手作業での鉋がけになる。
材のサイズ(厚みは15-6mmに)を一番有効に使うにはこれしかないだろ~
行程を考えても… 3~4日、塗装行程を考えると… やはり1週間か…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■いよいよ屋根(ポリカ)…

2015年04月12日 16時59分49秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 やっと屋根が出来る…

“56”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 火曜日に届いていたポリカを取り付ける。両サイド延ばした部分のカットは
現状合わせ、躯体とのズレの微調整。
ピッチ300mm(隙間は255mm)の垂木の間から上半身を出し
巾600mmでサイズカットを依頼していたポリカを貼って行く。
既存の物干金具はそのままにしているので、部分的にカット。
 ポリカはクリアマット。明るい、マットなのでプライバシーは完璧
と言うより、裏の外壁(モルタル)が見えなくなるのが心地よい。

“57” “58” “59”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 軒下と屋根の雰囲気。
最初ポリカは厚み4mmでもいい~かな?(安いし)と思ったが
6mmにして正解だったな。これでも物足りなさ感がある…
やはり樋は必要か… 敷地境界のブロック塀内に収めたが、ブロックの笠木の
傾斜は敷地内へのもの、笠木の上に落ちた雨は当然デッキ側に、壁を建てるが
壁の裏側への雨のはね返りが気になる。
と 言っても、普通サイズでは境界を出る可能性がある、
ミニサイズの樋は… あったかな…

“60” “61”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 これで壁の板を貼れば完成となる。
ここまでは予想通りのスピードだが、ワークベンチ v2 の制作に時間がかかりそうだ。


“62”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■残りの垂木を組み軒下も…

2015年04月11日 17時00分01秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 せっかくの桜の時期に雨… やっと雨が上がった…

 延長した両サイドの屋根の垂木を組む。支持材は建物の躯体に固定なので
微妙にデッキのピッチとズレがある。屋根材のポリカの微調整で何とかなるか…

 軒下にカーテンレールを仕込んだ支持材を組む。電動工具の配線やクリーナーのホースなど、
狭い作業場では必要に思う。通常では物干の機能か… 微妙に使いにくそう(苦笑)

“52” “53” “54”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


これで下地は組上げた、屋根のポリカを取り付ければ、雨の日でも作業可能になる。
壁面の材は荒材なのでプレナー加工が必要となる。約1600の板が32枚…(汗)
既存のブロック塀との隙間が広いところで180mm んん~ 収納スペースになるか…

“51”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


ちなみに、サブの作業台の部分にコンセントやスイッチ類を収めた、室内で使っている
2回路からそのまま電源を送り、工具と照明に使う。内外で同時に電動工具なで
使う事も無いので十分だろう。
天板の加工は既存の室内のクリーナー(サイクロン式)を移設するので、
もう少し後になる。まだメインのワークベンチ_v2の制作には時間がかかる。


“55”
Photo 1200×1200 Click Zoom !

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■垂木を組む…

2015年04月04日 18時20分13秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 今日は朝からいい~天気! 雨かと思ったが…

 明日から2~3日雨のよ~だが… 
今日の晴れの日を利用して、一気に垂木を組む。
一応撥水剤は塗っているので、多少の雨なら問題ないだろ~
屋根材のポリカも来週の火曜日以降に届く予定なので来週中には屋根は完成する。

“47”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 垂木のピッチは300mm。床の根太のピッチを基準に柱も建てたが
1スパンだけ微妙なズレ…(苦笑)
柱材などそれなりの精度に思えたが、微妙に反りがあるのか…
ここまでの下地組で意外にガッチリ固まっている。
(ちなみに、柱や大引、根太はイエロー系の外部用撥水剤にしている。理由は
塗料が余っていたから、1回塗りでそれなりの撥水効果あり、乾燥も早くて便利)

“48” “49”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 中央垂木受け(桁)の部分、イモ付けでもよかったかもしれないが…
なんちゃって、木組み風。
当初の計画から両サイドの屋根を600mm延ばす事にしたので、ど~しても材の長さが足らない。
延ばす屋根の下地は一部躯体への固定で組む予定だ、微妙なズレが気になるが…

まぁ~こんなもんでしょ~。


“50”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■柱を建てる…

2015年04月02日 16時40分42秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 いよいよ…

 塗装していたパーツを組み立てる。小さいので模型を作る感じだ。
先に、垂木受けを躯体に取り付けておく。全体のセンター合わせのスミ出し、からの追い出しとする。
裏のブロック塀にも補強材を、ステンのアングルで固定する。微妙なズレは仕方ない(苦笑)

“40” “41”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 先に固定した垂木受けのスミ付けを基準に…
垂木を渡すと、こんな感じ… 
んん~それらしくなってきた。

“42”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 屋根材は中空ポリカの「クリアマット」T=6mmを予定している。
注文して届いたらすぐにも仕上げたいので垂木の塗装と屋根材ポリカの押えの部材も準備して…
現状の雨ざらしを早く避けたいが… 明日から週末は雨のよ~だ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■カットして塗装…

2015年03月29日 16時03分44秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 作業は午前中…

 玄関を占領している材料を選別、等級は特一等指定で当然のようにバラツキがある。
垂木は装飾用で3方無節で指定した。それ以外の屋根材では45×60×2000材で
無節(一面でも)に近い材(部分)を選別する。どうしても4丁必要だった。
残りの材は800未満の無節材、十分化粧用と使える材だった。
 必要サイズにカットして外部用の撥水剤を塗っておく。
2M物の加工作業は仕上がったデッキ床で十分可能なのが楽である。

 この週末は… と思っていたら今日の雨…
外は塗装中(乾燥中)の材があるので作業できない。室内で
垂木の受け材の加工を…

“36”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


 屋根部分の部材はクリア塗装とする。
垂木受も無節の材でなんとかなった。(2M物のつぎはぎで2.6M)

この調子だと来週には棟上げか…


“37” “38”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


“39”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■材料が… やばい玄関…

2015年03月25日 16時41分02秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 材料が届く…

 頼んでいた材料が、何故か?一斉に届く。
新しいワークベンチの材まで届いた、も~少し後になると思ったが、意外に早い対応だった。

やばい、玄関が… 一昔前を思い出す(苦笑)

唯一の救いは「ひのき」の香り♪
プレナー仕上げなのでいっそう香りがきつい。
この週末には一気に…


“WD_33” “WD_34”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■作業台その2…

2015年03月23日 18時41分10秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 材料が届かないので…

 連休はとても暖かく、ちょっとした作業でも汗が…
発注している材が届かないので、ここまでで余った材で作業台を作る。(下地だけ)
下部にはクリーナーを収めるつもりにしている。
天板が届けばセットして、折りたたみ式で天板を延ばせる仕組みとなる。
 仮置してみる… やっぱり狭くなるのは仕方ない。
この部分にコンセントやスイッチ類の設置を考えているので、配線の仕込みも
必要となり、若干作業性は悪くなるが仕方ない。


“WD_31“ “WD_32”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■デッキ(床)ほぼ完成…

2015年03月15日 15時38分55秒 | ┃┣●ウッドデッキ
Point■デッキ作り!

 デッキ材を貼る…

 最終の塗装は残るが、床を仕上げる。
ブロック塀側も新たな壁を建てる、材が届けば、作業を始める。
柱を建てると同時に屋根の下地を組むが、想定していた「棟」の部分に
ちょっと問題がある。
躯体とのズレの微調整が必要となる。既存の物干金物を支持補強にと考えていたが、
位置が微妙だ…
既存の位置で合わせると、垂木組み立てでの微調整が必要になる。


“29”
Photo 1200×1200 Click Zoom !


“30”
Photo 1200×1200 Click Zoom !
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加