白耳クラブ

白耳のボストンテリア「ぶるこ」と飼い主である「ちあきず」の、よしなしごとをつづったページです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奥さんのはずだけど、奥さんがほしい。

2007年04月22日 07時02分02秒 | 雑記
ふああー、ねむいー。朝6時から仕事してます。
なぜって? そりゃ、追いつめられてるからさ!
あはははは~(半分切れている)
ここんとこ、ベッドでうとうとしながらも仕事の段取りを考えてる。
今朝も5時半に目が覚め、
今日中にあれやんないと、明日はあそこに電話しないと……
なんて思っていたら眠れなくなっちまったわけです。

一昨日は聖アンセルモカトリック目黒教会で、
バロックバイオリンのコンサートの撮影。
その仕事中、なーんとカメラを装着した三脚を倒してしまったあ!!
ちょうど曲と曲の合間だったのがせめてもの救いか?
しかし、レンズは……病院直行状態です。
(レンズだけでよかったけど)
あは、あはは~
あまりのショックで、その後の打ち上げも欠席いたしました。
この日のギャラはこれで完全に消えた(泣)。

私がこんな状態のため、家の中はひっちゃかめっちゃか。
野菜は冷蔵庫の中でしなびるし、肉は腐る。
犬は遊べ遊べと要求し、
旦那はごはんどうする?とのんきに聞いてくる。
ああーーーーー!!! 奥さんがほしい。

あ、もうすぐ7時だ。仕事にもどろっと。
温泉行きたい、いや、その前にゆっくり寝たい。
コメント (23)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと悲しい日?

2007年04月16日 22時43分48秒 | 雑記
週末は和歌山。とある雑誌の取材で土壁を撮影してきました。
途中から撮影を忘れ、壁塗り作業に夢中になってしまったけど。

取材に行くと、帰りはお土産でいっぱいになるのが常。
今回はとれたてのたけのこに、たらの芽、みっちゃん特製の梅干し、
和歌山のでっかいみかん(名前がわからん)をいただいて、
最終の一本前の新幹線で帰宅いたしました。
戦後の引揚者みたいにね。

で、今日の夕飯はたけのこごはんにたらの芽の天ぷら。
たけのこごはんには、やっぱり木の芽でしょ~と思い、
スーパーに行ったら
ちっちゃーくて、弱々しいはっぱが5枚くらい入ったパックが198円だって!
ひえーーーーーー高い~。
もちろん買いませんでした。
これだから都会ってとこはいやだよ。
土壁取材中には、ゆで豚の木の芽和えとか、
タケノコと木の芽&ルッコラのピザなんかをワシワシといただいたんだけど、
東京で同じものを作ろうとしたら、ものすごい金額になるってことだ。
悲しい……。

今日もうひとつ悲しかったこと。
お気に入りだったアンティークのタイ製のお皿を、
旦那が欠けさせてしまった。
形あるものはいつかみな滅びるんだけどね、
けっこうショック。とほほ。

でも、たらの芽の天ぷらも、タケノコご飯もうまかったー。
それで今日はよしとしよう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋の味

2007年04月05日 21時45分24秒 | 雑記
昨日、いや一昨日だな、名古屋に行ってきました。
実は、名古屋駅の構内から外に出るのは初めてでした。
いつも通過点にすぎなくて。

取材は3時間ほどで終了し、さー! 昼食だぞー!!!
名古屋に事務所を持つ、建築家のOさんの案内で、
円頓寺商店街の海老フリャーがうまいという「はね海老」へ……。
この、円頓寺商店街っていうのがまたレトロでいいんだ!
思いっきりさびれてましたが。
写真は、商店街の中に吊るされてた中日ドラゴンズ君です。
うおー、ここは名古屋だぎゃーーと実感。

が、なんと「はね海老」はお休み!!!!!
私の口はすっかり海老仕様になっていたというのに!
仕方なく、そのへんの定食屋さんに入り、
みそかつ定食を食べてきました。

みそかつ……みそソースが、やたら甘い。
砂糖の消費量、半端じゃないでしょ、これ。
この甘さ、私にとってはおかずの域を、若干越えてます。
みそ汁、赤出しなのはよろし、しかし、味が濃い。
Oさんに、
「名古屋人の味覚とはいかに??」
と、けんか売ってきました。
私はトンカツにはウスターソースでいいっす。

このほかにも、気になる料理は
あんかけスパゲッティ
名古屋の喫茶店のモーニング
小倉トースト
など。

あんかけスパゲッティ、中華味じゃないらしいよ。
見た目はデミグラスソースをうすくしたようなものが、
スパゲティのソースとして添えられ、
具はお好みのものがいろいろ選べるってかんじ。
お泊まり出張ならね、試してもよかったけど。

恐るべし、名古屋の食文化。

で、食事しているときに、郷土の味について話し、
編集者のKさんは群馬出身
フォトグラファーのAさんは香川
建築家のOさんはもちろん名古屋。
それぞれ、おっきりこみ(群馬)とか、讃岐うどん(香川)とか、
郷土の味というものがあるんだねえー。
私にはそういう故郷ってえのがないので、
うらやましいなあ~と思いましたとさ。
(強いて言えば、両親の出身地の山形料理か?)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜はいいねえ……

2007年04月02日 11時48分24秒 | 雑記
久々でござーます。
約1ヶ月間、毎日のように撮影、撮影と続いたあとは、
毎日毎日、原稿、原稿の日々です。とほほ。

外で肉体労働すると、腹が減る。
家で原稿を書いて脳味噌を使っていると、やっぱり腹が減る。
ここんとこ、ものすごい勢いで食べて、飲んでる気がするなー。
こわくて体重計なんか乗れないっすよ。

あ、夜はね、ちょっと(?)くらい飲んだ方が、
仕事が進むのよ、ノリノリになって。
その代わり、翌日に読み返して、勢い余った文章を直さなくちゃいけないけどね。

いずれにしても、
あと3日くらい我慢したら、このハードな日々も終わる…はず。

そんななか、昨日は目黒川に花見。
仕事ばっかりじゃ、人間だめになっちゃうもんねー
(だめになるほど、やってないけど……)

人間たちはぞろぞろ歩いたり、にぎりめしを食べたり、酒を飲んだり。
桜はそんなことおかまいなしに、今年もまじめに花を咲かせる。えらい!
で、犬は、花なんか関係なく、
おいしいものが落ちていないかどうか探索するばかり。
平和じゃのー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きるって……

2007年03月19日 22時57分30秒 | 雑記
先週の土曜日、久々に高校時代の友人にあったとき、
1年のとき同じクラスだったチョーさんが死んだと聞かされた。
チョーさんといわれると、すぐ顔はうかぶ。
野球部で、坊主だった。
ちょっと変わり者だったような気がするな。
授業中、よく机につっぷして寝てたっけなあ。
高校時代はほとんど会話をしたことがなかったが、
8年ほど前の同窓会で会ったとき、
酔っぱらった私は、カラオケ屋の廊下でチョーさんと話し込み、
なぜか1時間ちかく説教していたようだ。
そのときチョーさんは、自分は精神的に病んでいた時期があったけど、
これからがんばるんだ、みたいなことを話していた気がする。
とにかくべろべろに酔っぱらっていたんで、ほかに何を話したのか全然記憶がない。

翌朝、アルコールが冷めきらないときに電話が鳴った。
チョーさんだった。
その日のチョーさんは妙にテンションが高く、ひとりで3時間語り続けた。
昨日言えなかったことがあるから、きちんと説明したいと言っていた。
悪いね、悪いね、としきりに謝っていた。
チョーさんとはそれっきりだ。
そのときチョーさんが何を語ったのか、実はそれも覚えていない。

チョーさんは1月に自殺していた。
チョーさんは、完璧な社会復帰はできていなかったようだ。
「みんなは大人になって、仕事して、家庭をもったりして変わっていったけど、
チョーさんは高校時代のままで時が止まってしまったんだよ」
と、友人は言った。
かなしいというより、とてもさみしい気持ちになった。
チョーさんのご両親が友人にあてて出したという
49日の挨拶のはがきを見せてもらった。
ご両親の悲しみはどれだけのものだろう。

翌日は、沖永良部島出身の人々が集まる会合(宴会?)に出席し、
師匠とともに沖永良部島民謡を演奏。
とはいってもすべてが弾けるわけではないので、
弾けない曲は弾けるふりでごまかす。
昨日しんみりしたことなどすっかり忘れ、
存分に楽しんでしまったよ。

まあとにかく、私は寿命が来るまで、しっかりと生きていきたいな。
嫌だといったって、いずれ絶対死ぬんだもん。
なんでもないようなことが~じゃないけど、
ごはんがおいしいとか、三線弾くの楽しいなとか、
旦那と犬の散歩するのはのどかでいいなとか、
さ細なことが幸せなんだよな。
そういうことを時々思い出しながら、大切に生きたいもんです。

チョーさん、なんで死んじまったんだ。あほ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々のお休み

2007年03月05日 21時56分03秒 | 雑記
ここんとこ、働きづくめで、疲れきってました。
疲れはちまちまと、しかし確実に蓄積し、
「2000円分も残っていたパスネットをなくす」
「携帯電話をなくす」
「撮影中に三脚にセットしたおいてカメラを倒しそうになる」
といったポカミスを続発。
えーっと、パスネットは発見できず、
携帯も新しいものに換えました。とほほ……。

今日は久々のお休みで、
うだうだ、のんびりを満喫いたしました。

休みやひまな時間というのは、たまにあるから楽しいのだね。
仕事が少なく暇だったときというのは、
同じようにうだうだ、のんびりするばかりで、
そんな日々は焦りと自己嫌悪でいっぱいになるだけだもの。
でも、できれば平均的に仕事があるのがいいなー。(夢)
それにしてもふだんの行いがすばらしくよかったのかしら?
現在、外での撮影が続き、天候が非常に大切になっているのだが、
雨が降った日は1日もなく、
当初からお休みと決まっていた今日と明日、天候は荒れ模様。
すんばらしい。
明日も会長とのんびり過ごして英気を養いますかね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪出張

2007年02月25日 07時41分23秒 | 雑記
ふあー、眠い……。
日曜だっていうのに早起き。
なぜかって、今日も仕事だからです。

先週は大阪に3日間出張してました。
梅田を拠点に、あっちこっちへと電車で移動してましたが、
とにかく土地勘がない、人のスピードについていけない、
乗り換えホームを間違える、降りる駅を間違える、
……などなど、すっかり田舎者。

そうそう、大阪港から大阪に戻るのに、バスに乗ったのだけれど、
車窓から大阪フェスティバルホールを発見。
小学生のとき、家族でポール・モーリアのコンサートを聞きにきたのがここ(笑)。
私にとって生まれて初めて見たコンサートでした。

去年、なにかの仕事で大阪にきたとき(もう忘れた)
新幹線の改札内にあるおみやげやさんで、
食い倒れ人形の携帯ストラップを買おうと必死に選んでいたら、
新幹線の発車時間になってしまい、買えずに帰ってきてしまった。
今日こそは買おうと思っていたら、
今回は自分たちの夕飯を買う時間さえなく、
最終の新幹線にギリギリ乗車。
ああ、食い倒れよ……、また今度。

それにしても、最終の新幹線、酔っぱらいの多いこと。
疲れている人が多いせいか、
「降り遅れた」という人が続出。
いちばんかわいそうだったのは、名古屋で降りるつもりだった若い男性。
のぞみは名古屋を出たら、次は新横浜ですよー。
「今夜は新横浜で降りて、明日の朝お戻りください」
と、車掌さんにいわれてました。
新横浜でも、降り遅れたおっさんが、手でドアを開けようとしていたり。
(新幹線のドアは手動ではないぞー)

あ、もうでかける準備をしないと。
また後ほど。(数日後になるかもしれないけど)

写真は大阪といったらこれ食べないとね、ということでお好み焼き。
取材先で聞いたおいしいお好み焼き屋さん「風月」に行きました。
本場のお好み焼きはうまかったー。
一気に大阪が好きになりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪だ!

2007年02月12日 07時11分13秒 | 雑記
おはようございます。
窓の外を見たら、こんなんでした。
一晩で積もってしまったみたい。さすが雪国。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

岩手にいます。

2007年02月11日 20時26分37秒 | 雑記
仕事で岩手の北上に来ております。
さみーです。東京に比べれば。
だけど、雪は全然つもってないし(郊外だとちょろっとつもってるけど)
温泉宿のおばちゃんも、
「例年だと、窓の外に雪の壁ができてるんだけどね……」
とのこと。
やっばい。地球は本当にあったまってます。

せっかく岩手に来てるんだから、なんかうまいもの食べたかというと、
全然そんなことはなく、夕飯もコンビニ。かなしい。
だって、遠くにご飯食べに行って、帰りに雪道運転するのいやだもの。

明日、めいっぱい取材して、夕方終了予定。
んでもって、すぐに原稿書かねばなりません。
たまには時間的にも予算的にも余裕のある仕事がしたいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当の崖っぷち犬はもっといる

2007年01月29日 08時57分08秒 | 雑記
四国の崖っぷち犬の飼い主が決まったそうですな。
よかったよかった。
ニュースを見たら、崖っぷち犬は
11人の希望者から抽選で決まったという新しい飼い主とご対面。
しっぽ丸めて、耳もヨコ向きにして、
思いっきり怯えて緊張してましたが。
ま、少しずつ慣れていくことでしょう。

で、そのニュースのなかで
「同時期に保護された崖っぷち犬の姉妹犬には
引き取り希望者がありませんでした」
とあった。

んーー? っつうことはさ……
みんな、崖っぷち犬だからほしかったわけだ。
崖っぷち犬しかほしくなかったわけだ。
中には
「11人も希望者がいるなら、
うちは希望者がいない姉妹犬をもらおうかな」
と考える人はいなかったのか?
保健所も、
「姉妹犬はいかがっすか?」
とか提示しなかったのかな?

姉妹犬だけじゃなく、その愛護センターには
他にも保護された犬がいるだろう。
崖っぷち犬のように注目されない彼らは、
引き取られることなく処分される運命。
崖っぷち犬には全国から100件以上の問い合わせがあったそうだけど、
そんなに犬がほしいなら、
姉妹犬や処分待ち(?)の犬でもいいじゃない。
というより、わざわざ徳島の愛護センターにいる犬じゃなくても
自分の地元の動物愛護センターで処分されている
犬たちに目を向けてもいいんでないの?
(彼らこそ崖っぷち犬である!!!!!)
まったくおかしな話だよ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加