徒然なるままに~地球クン

私の永遠のグルであるラマナ・マハルシの対話本について自分なりの解釈で語っています。

第1巻 対話105

2016-12-28 06:39:01 | 日記
聖典のいくつかの文、「存在」について解説しています。難しい言葉が多く出てきています。

マハルシ「不誠実な人は炎のテストで火に触れると火傷をします。炎によって彼の不誠実さが露わにされるのです。誠実さはおのずと明らかなものです。真実の人、真我実現した人は、世界、誕生と死などといった偽りの現れの影響を受けずに幸福に生きますが、不誠実で無知な人は不幸なままです。」

これは比較的分かりやすい内容です。炎のテストにも動じない、誠実な人で在りたいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1巻 対話104 | トップ | 第1巻 対話106 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事