徒然なるままに~地球クン

私の永遠のグルであるラマナ・マハルシの対話本について自分なりの解釈で語っています。

第1巻 対話190

2017-04-19 06:24:45 | 日記
この対話はとても面白いです。
全文は掲載できませんが、まとめると、

自称超越意識に達したという人が自分の意図を他者に押し付け、挙げ句マハルシから霊感を与えられて行為していると話しています。

マハルシの呆れっぷりがとても気になった対話です。

自分の自由意思(という名の自我)を他者に押し付け、しかもその責任を他者に押し付けている自称超越意識の人のようにならないように、自戒を含め気をつけなければなりません。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1巻 対話189 | トップ | 第1巻 対話191 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む