えんじゃけん

日常感じたことを思い付くまま綴っていきます。つまり個人日記。

北アルプス国際芸術祭~市街地エリア~

2017年07月15日 | 美術

北アルプス国際芸術祭に行ってきました!

安曇野I.Cでおりました。

今回は自動車旅です。

まずは、市街地エリアに行きました。

大町商店街に向かいます。

通路にたくさんの絵がありました。

これは、浅井裕介さん作の「全ては美しく繋がり還る」です。

2014年の作品なんだそうです。↓

 

ジミー・リャオの「私は大町で一冊の本に出逢った」

これにあわあせて、移動式カートによる「街中図書館」が展開されていました。

床の模様もきれいですが、芸術祭の旗もすてき!

商店街のお店も素敵です。

趣ありますよね。

街並みもすてきです。

湊茉莉さんの「みすずかるしなの」

蔵を利用した作品。

川が建物の下を流れています。

昔、生活用水、飲み水として使われていたそうです。

岩魚が住んでいたなんて驚きです。

水が本当に、豊富できれいで、街中に何か所か自由に飲める場所が用意されていました。

紫陽花がすてきですよね。

コケタマンの「セルフ屋敷2」

2ってことは1もあったのかな?

かつてはピアノ教室だったようです。

そんな感じはまったくのこってなかったけど・・・ね。

 

なんかポコポコしていると思って近寄ってみると・・・・

うああわ、たまごの殻だらけ~~~~

なんか気持ち悪い。

 

とっても怪しい世界の広がる作品でした。

■栗林隆「第一黒部ダム」

黒部ダムと1/40で表現したそうです。

そして、この作品、裏にまわると・・・

裏にまわるには少し歩きます。

つきました!ここが裏です。

なにか看板があります。

ん?

足湯?

受付の人に、足湯しますか?と尋ねられる。

見学だけだとすぐに入れるけど、足湯の場合は少しお待ちくださいとのことであった。

せっかくなので、足湯に入ることにしました。

奥に人がいます。

どうやら、あれが足湯らしい。

手前のひび割れているものは、黒部ダムの周りを囲む、北アルプスの山々を表しています。

足湯に入っていると霧が発生してきました。

かっこいいです。

ぜひ、少し待っても足湯に入って作品鑑賞することをおすすめします。

足湯側から見るとさらにいい感じな作品なので。

 

■ニキータ・アレクセーエフ「ちかく・とおく・ちかく」

中で写真とってもよかったのかもだですが、とりませんでした。

たくさんの絵がはられていました。

商店街の中にも、ところどころに作品がはられています。

 

■高橋治希「北アルプス高瀬川庭園」

狭い路地を入っていくと奥にその作品のある家があります。

家の中に入ると・・・・おお。

繊細。

焼き物らしいです。

絵もついています。

家の周りの足元が見えるようになっていたので、写真をとりました。

川の流れを表現しているそうです。

川の生き物、植物を絵付けしているんだそうです。

きれいですよね。

看板もすてき。

家の周りもちょっとアートされてます。

ここにも飲料水につかっていた用水路がありました。

 

街角に花が飾ってあるのもいい感じでした。

 

■栗山斉「0=1 change and conservation」

作品は蔵の中に。

まずは右の蔵から入るようにすすめられます。

たくさんのランプの中に水が入っていて、熱で蒸発したものが、落ちてくる仕組みになっていました。

沢山の水滴がランプ内にたまっています。

 

二つ目の蔵↓

一階部分。

水が垂れてきて、熱せられた鉄板でジュッという音をたてて蒸発しています。

二階部分。

これ、氷です。

大分とけてしまっていますが、本当は北アルプスの形をしていたんだそうですよ。

これが解けて、一階に垂れているんdなそうです。

一階と二階を同時に撮ったもの。

自然の水の循環システムを表現しているんだそうです。

 

信濃大野駅、かわいいですよね。

おしゃれです。↑

 

■インフォメーションセンター

原倫太郎+原ゆう「はじまりの庭」

ここにも作品があります。

ピンポン玉があちこちに移動して・・・見てのお楽しみgということで。

全部のインフォメーションがそうなのかわかりませんが、無料で水を配布していました。

ありがたいです。

 

■原倫太郎+原ゆう「たゆたゆの家」

影が素敵です。

これ、自分でしゃぼん玉作れるんですよ~。

一回チャレンジしました。

もう一回したかった!

むちゃくちゃ大きなシャボン玉ができます!

 

商店街には味のある建物がたくさんあります。

旅館だそうです。

なんかかわいい。

普通のおうちなんだけど、なんか風流。↑

 

このあと、ダムエリアに向かいました。

それはまた別の日記で。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松戸のあじさい寺 | トップ | 北アルプス国際芸術祭~ダム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。