木工芸・漆・道具        

 木肌の美しさに惹かれ、指物の伝統技術と道具に魅せられて・・・・・ 木工芸 市川 (宇治市炭山)

煎茶を楽しむ アート展 搬入

2017-06-15 23:22:44 | 作品展
今日は17日から開催される「煎茶を楽しむ アート展」の搬入でした。
一昨日のブログに載せた水指の他の作品を紹介します。いずれも以前制作したものですが・・・


神代欅浮見棚


栗の我谷盆。縁を低くして手前盆として使えるようにしてみました。


栃赤漆茶心壺。円筒形と球形の二種類を出品します。


黒柿赤漆茶托。5枚一組です。5枚重ねて片手で上から持てるよう薄く挽いてみました。


タモ拭漆十角建水。タモの縮杢を使い内側は真塗りで仕上げました。

このほか、黒檀の短冊掛け、茶銚台、仙媒、巾盒など10点あまりを出品しています。

会場の細見美術館のお茶室には、24名の作家の作品が展示されます。
煎茶道具ですが、日常の生活の中で楽しみながら使えるものもいろいろあります。

また、茶室の前は広いベランダになっていて、そこにお茶席が設けられます。
美味しいお茶を飲みながら東山の緑をお楽しみ下さい。

皆様のご来場をお待ちしております。
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃拭漆十角水指 | トップ | 煎茶を楽しむ アート展」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL