木工芸・漆・道具        

 木肌の美しさに惹かれ、指物の伝統技術と道具に魅せられて・・・・・ 木工芸 市川 (宇治市炭山)

1年が終わろうとしています。

2016-12-31 22:17:12 | 木工
今日は朝から家の物置状態の部屋を片付け、その後ガレージの修理。
午後3時頃から工房に行ってきました。


まずは、栃の箱の拭漆。#600までの研ぎが終わり摺りの2回目。綿布で拭ききりました。
色の濃い色調で仕上げる為、研ぎの終わったあと胡桃液で染めてから拭漆にかかりました。


その後は工房の片付け。と言っても床をほうきで掃いた程度ですけれど・・・。

2016年があと数時間で終わろうとしています。
この一年間、公募展への出品作品をはじめ、煎茶工芸展やグループ展への出品作品、ご注文をいただいた作品などいろいろ制作してくることができました。
その一つ一つが新たな挑戦であり勉強でもありましたが、ものつくりの充実した毎日を過ごせる事をなにより嬉しく思っております。
それも多くの皆様のご指導ご支援のおかげと強く感じており、厚く御礼を申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
では、良いお年をお迎え下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃拭漆箱煙草入箪笥 | トップ | あけましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

木工」カテゴリの最新記事