木工芸・漆・道具        

 木肌の美しさに惹かれ、指物の伝統技術と道具に魅せられて・・・・・ 木工芸 市川 (宇治市炭山)

酒器を試す!

2016-06-21 13:53:53 | 木工


昨日完成した「枡」。家に持って帰り、朝から試してみました・・・・
妻や息子も笑ってやろうと待ち構えています。



結果は・・・・・(^_^;  こちら をご覧下さい。






夕べの雨による湿気が手助けしてくれたようです。

参加された皆さん、やればできるもんですよ。頑張りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ 酒器をつくる

2016-06-20 21:37:37 | 木工
一昨日に引き続き、昨日も朝から神戸の竹中道具館へ。
須田賢司先生のワークショップ、「名工・小林如泥の伝説を考える」

江戸時代、松江で活躍した木工家小林如泥が作ったという「組み立て式の枡」を再現しようというものです。
須田先生はこれを再現され、こちらの動画サイトでも見ることができます。


近畿だけでなく、関東・北陸・四国、遠くは岩手県からも参加されていました。


先生から直接指導を受けるだけでなく、先生の技を直接拝見できるのですからこんなうれしいことはありません。
課題は大変高いものでしたが、本当に多くのことを学ぶことができました。
参加された皆さんともいろいろ交流でき、それもとても勉強になりました。

充実した至福の時間はあっという間に過ぎてしまい、今日一日では完成できず持ち帰りとなりました。


終了後は、先生を囲んで懇親会。大工道具館の館長さんの挨拶で始まりました。


参加者の皆さんとはこれからも、いろいろ交流していきたいですね。


最後に参加者で記念撮影。
須田先生、大工道具館のスタッフの皆さん、参加者の皆さん大変お世話になりました。
ありがとうございました。

そして今日。
工房へ戻り、昨日の続きに挑戦。

まずは、側板の内枘(隠し蟻)を完成。


組み立てて、底の目違いを払い、


小穴を突いて、底板の段欠


組み立てて完成! いつもなら、良いできだ!と自己満足するところですが、今回は客観的な厳しい評価?が待っています。
早速酒を入れて試して見たいところですがもう一仕事。


材に水がしみこまないように軽く防水をかけます。
出来具合は塗装が乾いてからのお楽しみ・。
漏れない自信は・・・まったくないのですが・・(^_^;
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清雅を標に -人間国宝の須田賢司の木工芸-展

2016-06-18 22:13:42 | 伝統工芸展

竹中大工道具館で開かれている須田賢司先生の展覧会に行ってきました。
昨年3月の甘楽町での展覧会、9月の三越の展覧会に続き3回目の展覧会です。
作品のすごさもさることながら、一緒に展示されている道具の数々、会場に流されていたVTRの画面からも制作に向かう気迫のような物を感じました。
同時に自分の甘さも痛感しました。
会場には工芸会の皆さんをはじめ多くの方が全国から見えておられました。

午後は会場を三宮に移して、木工の歴史と作品=指物師から工藝作家へ-と題してセミナ-が行われました。

先ず、東京国立近代美術館の諸山正則先生の講演
近代の木工芸の名人技と島桑について大変興味深いお話でした。スライドで紹介していただいた作品がこの秋展覧会で観れるという楽しみな情報もいただきました。


続けて須田先生の講演
正倉院の時代スライドの文観木の板をどう作ったかという話になり、割ったとは考えにくい、とお話されていました。私も金属も含め、あれだけの加工技術のあった時代に製材できる道具が無かったということの方がむしろ考えにくいという気がしていたのですが・・


支部展に出し始めた頃、自分の一番作りたい「箱」が今の生活の中で使われることがない、と悩んでいた時須田先生の言葉に出会い、気持ちがふっ切れたのを思い出しました。


お話の一言一言が心にしみました。


とても「清雅」というレベルに達することはできませんが、少しでも学びながら努力して行きたいと思います。
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煎茶稽古

2016-06-12 23:27:07 | 煎茶
今日は月2回の煎茶稽古日。

今日から場所が、大津の至楽庵に変わりました。


お茶室の壁には家元ご兄弟の書画。30年以上前のものだそうです。
今日のお稽古は、平成二景のお手前。一年ぶりくらいかな?


お稽古の後には先生手作りの美味しいお菓子とお茶。


茶室の窓からは、瀬田川を挟んで石山寺の緑が望め、ゆったりとした時間が流れました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯椀サビ研ぎ

2016-06-07 22:42:19 | 

春からかかっている飯椀と水指の蓋のサビ研ぎをしました。


研ぎ終わった飯椀と水指の蓋。


生漆で摺りをしてサビを固めます。
しっかり乾かし塗りにかかります。


こちらは昨日納品した、コーヒー焙煎器のハンドル。
今回は9個。最近人気が出てきているようです。
この焙煎器については、こちらをご覧下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書院障子納品

2016-05-31 21:53:05 | 木工

書院障子の修理が完成し納品しました。


外してあった磨りガラスを嵌めて、


元の場所に納めました。
古い組子でしたが、違和感なく修理することができました。

この部屋

100年以上前に建てられた、西陣の京町家なのです。
持ち主は、元同僚のTさん。ご主人のお母さんのご実家だそうです。


この度、正式にレントハウスとして使われることになり必要な改修をされました。


中は京町家の風情をそのまま残しています。


ちょっとモダンな部屋も。


裏庭も風情のある佇まいです。

古き良き京都に触れる旅にはもってこいの宿です。
正式オープンは7月でまだHPはありませんが、西陣中忠(なかちゅう)で検索していただくとFaceBookを閲覧できます。

帰りにはお土産までいただいてしまいました。Tさんありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大腸内視鏡検査

2016-05-26 16:37:54 | その他
展覧会が一段落したので予約していた大腸内視鏡検査に行ってきました。
別に具合が悪かったわけではありません。
前回(25年)小さなポリープが見つかり切除し、一年後にまた来るように言われていたのが今日になってしまったのです。

結果は。

異常なしでした。(醜い画像で申し訳ありません)
ただ、一緒に受けた妻は、今回も小さなポリープが見つかり今回も切除しました。
もちろん前回のポリープも悪いものではなかったので(妻も)心配はしていなかったのですが、
切除をするとしばらく安静にしていなければならず、2週間は旅行禁止です。

大腸の内視鏡検査は、かれこれ25年以上前から受けています。
その当時はなかなか苦しいものがありましたが、今は鎮静剤を使うので眠っている内に済んでしまいました。
カメラを入れたことも覚えておらず、なんとなくおなかの中に棒を入れているような夢をみていたような・・・。
でも、20年ほど前、盲腸で腹膜炎を起こしかけている時にそれと知らずにやって、一つ間違えば命があぶなかったと言うこともありました。
盲腸(薬でちらしていたのですが)で通院していた別の病院に確認して許可も得てやったのですが・・・。
今回検査をした沖医院の内視鏡の技術には全面的に信頼をおいています。

そんなわけで、鎮静剤のため今日一日は車の運転禁止で、久しぶりに午後から家でぼーっとしております。今のところ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝統工芸近畿展が終わりました。

2016-05-25 21:45:25 | 伝統工芸展
伝統工芸近畿展および煎茶工芸展が終了しました。
それぞれの展覧会の会期中、多くの皆様にご来場いただきました。そしていろいろなお言葉をいただきました。
その一つ一つが今後の制作の大きな励ましとなります。
ありがとうございました、厚くお礼申し上げます。

大阪展の設営から続いた怒濤?のような2週間余が過ぎ、いよいよ本展に向けての制作に本腰を入れねば・・・
その前に、やり残っている仕事が・・・

まずは京町家の床の間の古いガラス障子の修理。
縦の組子が歯抜け状態です。


一番破損のひどい障子は縦の組子を全部外し、


新たな組子を作り


嵌め直しました。
色味は少し明るいですが、それほど違和感はなさそうです。
外した組子は破損の少ない障子に転用します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第30回日本煎茶工芸展

2016-05-19 14:09:03 | 煎茶
もうひとつ展覧会のお知らせです。
5月21日(土)~22日(日)京都府宇治市黄檗山万福寺境内の黄龍閣別館真空の間において、
第30回日本煎茶工芸展が開催されます。
両日黄檗山万福寺では、日本煎茶道連盟主催の第61回全国煎茶道大会が開催されます。
全国から多くの方が参加されます。
煎茶工芸展もその大会の一環として開催されるものです。


今回、「神代欅造 浮見棚」を出品し、京都府知事賞を受賞しました。
ご高覧いただけましたら幸いです。

なお、小生は21日午前中と22日、煎茶工芸展会場またはその周辺に、21日午後は日本伝統工芸近畿展またはわざの美現在展の会場におります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本伝統工芸近畿展京都展が始まりました。

2016-05-19 09:53:05 | 伝統工芸展

昨日(18日)より日本伝統工芸近畿展・京都展が始まりました。
開場に先立ち会場前で開会式が行われました。

今回出品している「楓拭漆飾箱」です。

会場では、箱を開けて中を見ていただく機会があまりありませんので紹介します。
両側が深さ・高さの異なる抽斗になっています。
5月21日(土)午後2時より、宮本貞治さん谷岡茂男さんによる木竹工の列品解説があります。


6階美術画廊の「わざの美・現在展」
こちらは21日(土)午後3時よりギャラリートークをさせていただきます。

近畿展は7階グランドホールにて23日(月)まで、「わざの美・現在展」は24日(火)まで開催されています。
お買い物がてら是非ご高覧下さい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加