木工芸・漆・道具        

 木肌の美しさに惹かれ、指物の伝統技術と道具に魅せられて・・・・・ 木工芸 市川 (宇治市炭山)

挽物

2016-08-16 21:54:05 | 木工

制作の日々は続き、次は挽物。

こちらは煎茶用茶托。
9月21日から27日まで名古屋三越栄店で開催される日本煎茶工芸協会展に出品予定です。


黒柿を使いました。同じ時期奈良で開かれる第2回煎茶器展にも出品するため、5枚一組を3セット作りました。


生漆で捨摺り。


つづいて茶心壺。煎茶の茶入れです。
始めはこの状態から。材は栃です。


円柱タイプ。茶葉がスムーズに出るよう、内側も綺麗に仕上げました。


球形のタイプも挽いてみました。


蓋を作り、木地が完成。


蓋をした状態はこんな感じです。
こちらも拭漆で仕上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KAIHOU-10

2016-08-10 21:11:54 | 作品展

展覧会のお知らせです。

その名も「KAIHOUー10」
日本工芸会近畿支部会報部(26年~27年)の7部門の作家10名による展覧会

会期・会場は

 
今日は、会場の下見を兼ねた打合せがありました。

会場のパルアートさんは京町家の雰囲気を残した素敵な生活アート空間です。
ここに、陶芸、染織、漆、金工、木竹工、人形、ガラスの作品が並びます。
全員のコラボによるお茶席の設えも見ものです。

会期まで一ヶ月を切り、これから盆休み返上で制作に励みます。

お楽しみに!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屏風の骨

2016-08-08 22:45:22 | 木工
8月2日、三重県のSさん宅に箪笥を納品にうかがいました。

このスペースに置く箪笥を探しておられましたが既製品では見つからず、注文をいただきました。
無事収まり一安心。Sさんありがとうございました。

Sさん宅をおいとまし、その足で信州へ帰省。
実家の庭の草刈り・墓の掃除と墓参りを済ませ、中学校高校時代の友人とも楽しいひとときを過ごし、6日に帰京。

昨日から仕事はフル回転。
まずは、9月6日から開かれる、グループ展「KAIHOU 10」に染織の中川さんとコラボで出品する屏風の骨の制作。

材は杉の白太。木取りをして鉋掛け。


相欠きやほぞを刻んで、


組み立て。組子は相欠き接ぎ。


框とはほぞで接合。
屏風の骨を作りのは今回が初めて。
色々調べてみると、下貼りを重ねたとき表面が平らになるように框の見付に傾斜を付けて削る「返り取り」をすることなどいろいろ勉強になりました
框は、表具屋さんから「つの」は必要ないと聞いていたので留めにしました。


2枚が完成。明日の朝表具屋さんに持込で表装してもらい、中川さんの染めた布を貼ります。
その後縁を付けて屏風に仕上げます。
もう一つ風呂先屏風もコラボで制作します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箪笥 その後

2016-07-31 22:20:25 | 木工


抽斗を制作する材の木取り。前板はタモ、側板、先板、底板は桐をつかいました。
量の多さを見てこれだけの材を使って、ものが入る部分が狭くなってしまうのではといつも思うのです。


仕口を刻み、木釘削り。長短合わせて半日で400本ほど削りました。
計算間違いをし、実際に使ったのはその約半分でしたが・・・。


前板と側板は木釘で打ち付けます。


側板と先板は三枚組接ぎで。下穴はドリルの先に「あらいの錐」を取り付けてみました。これが実に具合が良い。


底板を打ち付け


組み立て完成。


前板の塗装をして、ブビンガの取っ手を付けて・・・


完成しました。Sさん、明後日納品にうかがいます。



こちらは今日お届けした朱塗りの飯椀
煎茶のU先生から、お母様へのプレゼントにと注文をいただいていました。
ずいぶん時間がかかってしまいましたが、喜んでいただけ何よりでした。
先生のお宅では、煎茶道具をいろいろ拝見してお話しをうかがい、大変良い勉強をさせていただきました。
U先生ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箪笥

2016-07-23 22:17:59 | 木工
久しぶりの投稿です。
三重県に住む、妻の友人のSさんからの注文で整理箪笥を制作中。

巾700mm、奥行き500mm、高さ1200mm。
どんな材を使うか迷いましたが、重さも考え外側はタモで、内側は桐にしました。
側板と天板の接合は迷った末、隠し蟻に、地板は包み蟻にしました。


これだけ幅の広い板の隠し蟻は、初めてかな?
蟻のほぞとほぞ穴を刻む作業には、先日のワークショップの経験が生きています。


留めは専用の鉋で削って仕上げます。


組み立ては、側板と棚板の接合から。


地板を嵌めて、最後に天板を嵌めます。


うまく収まってくれました。


台輪を付けて外枠が完成。塗装をして、次は抽斗を作ります。
今年になって箪笥は4つ目の制作。と言ってもあとの3つは極小さなものだったのでこの箪笥がものすごく大きく感じます。
来月2日の納品になんとか間に合いそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮組

2016-07-09 22:41:19 | 木工

4つの箱の隠し蟻の刻みが完了。小穴を突き、底板を嵌めて仮組。
水を注いでみようかな・・・・・冗談です。^_^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝統工芸展に向けて

2016-07-08 22:01:54 | 木工
伝統工芸展に出品する予定の作品の制作もいよいよ佳境に入ってきました。

内箱の制作。材は楓の縮み杢
正確に木作りをして仕口の墨付け。


隠し蟻 ほぞを刻み、ほぞ穴を掘ります。


留めを削り


仮組


何度もやっている隠し蟻ですが、先日の須田先生のワークショップで多くの事を学びました。
かなりグレードアップ出来たように思います。
内箱はあと3つ。楽しみながら作っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒器を試す!

2016-06-21 13:53:53 | 木工


昨日完成した「枡」。家に持って帰り、朝から試してみました・・・・
妻や息子も笑ってやろうと待ち構えています。



結果は・・・・・(^_^;  こちら をご覧下さい。






夕べの雨による湿気が手助けしてくれたようです。

参加された皆さん、やればできるもんですよ。頑張りましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ 酒器をつくる

2016-06-20 21:37:37 | 木工
一昨日に引き続き、昨日も朝から神戸の竹中道具館へ。
須田賢司先生のワークショップ、「名工・小林如泥の伝説を考える」

江戸時代、松江で活躍した木工家小林如泥が作ったという「組み立て式の枡」を再現しようというものです。
須田先生はこれを再現され、こちらの動画サイトでも見ることができます。


近畿だけでなく、関東・北陸・四国、遠くは岩手県からも参加されていました。


先生から直接指導を受けるだけでなく、先生の技を直接拝見できるのですからこんなうれしいことはありません。
課題は大変高いものでしたが、本当に多くのことを学ぶことができました。
参加された皆さんともいろいろ交流でき、それもとても勉強になりました。

充実した至福の時間はあっという間に過ぎてしまい、今日一日では完成できず持ち帰りとなりました。


終了後は、先生を囲んで懇親会。大工道具館の館長さんの挨拶で始まりました。


参加者の皆さんとはこれからも、いろいろ交流していきたいですね。


最後に参加者で記念撮影。
須田先生、大工道具館のスタッフの皆さん、参加者の皆さん大変お世話になりました。
ありがとうございました。

そして今日。
工房へ戻り、昨日の続きに挑戦。

まずは、側板の内枘(隠し蟻)を完成。


組み立てて、底の目違いを払い、


小穴を突いて、底板の段欠


組み立てて完成! いつもなら、良いできだ!と自己満足するところですが、今回は客観的な厳しい評価?が待っています。
早速酒を入れて試して見たいところですがもう一仕事。


材に水がしみこまないように軽く防水をかけます。
出来具合は塗装が乾いてからのお楽しみ・。
漏れない自信は・・・まったくないのですが・・(^_^;
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清雅を標に -人間国宝の須田賢司の木工芸-展

2016-06-18 22:13:42 | 伝統工芸展

竹中大工道具館で開かれている須田賢司先生の展覧会に行ってきました。
昨年3月の甘楽町での展覧会、9月の三越の展覧会に続き3回目の展覧会です。
作品のすごさもさることながら、一緒に展示されている道具の数々、会場に流されていたVTRの画面からも制作に向かう気迫のような物を感じました。
同時に自分の甘さも痛感しました。
会場には工芸会の皆さんをはじめ多くの方が全国から見えておられました。

午後は会場を三宮に移して、木工の歴史と作品=指物師から工藝作家へ-と題してセミナ-が行われました。

先ず、東京国立近代美術館の諸山正則先生の講演
近代の木工芸の名人技と島桑について大変興味深いお話でした。スライドで紹介していただいた作品がこの秋展覧会で観れるという楽しみな情報もいただきました。


続けて須田先生の講演
正倉院の時代スライドの文観木の板をどう作ったかという話になり、割ったとは考えにくい、とお話されていました。私も金属も含め、あれだけの加工技術のあった時代に製材できる道具が無かったということの方がむしろ考えにくいという気がしていたのですが・・


支部展に出し始めた頃、自分の一番作りたい「箱」が今の生活の中で使われることがない、と悩んでいた時須田先生の言葉に出会い、気持ちがふっ切れたのを思い出しました。


お話の一言一言が心にしみました。


とても「清雅」というレベルに達することはできませんが、少しでも学びながら努力して行きたいと思います。
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加