CHIKU-CHANの神戸・岩国情報

神戸・岩国の最新情報を紹介していきます。また、最近のキーワード についてメモを作成していきます。

2018年度神戸花時計 その2 「神戸ふれあい工房」マスコットキャラクター「ふわぽん」

2018年01月24日 04時28分17秒 | 神戸情報
2018年1月11日、神戸花時計が「神戸ふれあい工房」マスコットキャラクター
「ふわぽん」に替わりました。

2018年1月23日に花時計の写真を撮ってきましたので紹介します。






上の3枚の写真は「神戸ふれあい工房」マスコットキャラクター「ふわぽん」

1月11日より3月中旬まで展示の予定になっています。


上の写真は「神戸ふれあい工房」マスコットキャラクター「ふわぽん」の現地説明板

書かれている内容をそのまま転記しました。

「「ふわぽん」は、障害者が作る「ふれあい商品」(授産商品)の展示・販売を通じて、
障害のある方達の自立と社会参加を応援する「神戸ふれあい工房」の10周年を記念した
小学生対象のコンテストの応募作品から、「作り手の思いが風に乗って届くように」と
タンポポの綿ぼうしをイメージして誕生しました。
「神戸ふれあい工房」は平成11年7月にデュオこうべで開設し、平成26年6月に
市役所2号館1階に移転しました。より多くの方にご来店いただけるよう、
「今月のおすすめ商品」のご紹介やイベント販売を行っていますので、
是非お立ち寄りください。」



神戸花時計の基本情報

住所:神戸市中央区加納町6-5-1 TEL:078-322-5420
公式サイト:http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/mark/hanadokei/index.html
設置時期:昭和32年(1957)4月6日
更新時期:平成21年(2009)2月



2018年度のこれまでの神戸花時計の展示は以下のとおりです。

その1 干支の「戌」   2017年12月15日~2018年1月10日


神戸花時計の歴史

第13代神戸市長の宮崎辰雄氏(1911-2000)の欧米視察経験に基づき発案され
スイス・ジュネーヴのイギリス公園に設置されていた花時計をモデルにした日本初
の花時計
が製作されることになった。神戸市民や神戸市内の企業はこの計画に
好意的な反応を示し、多額の寄付金が寄せられた。この寄付金を元に花時計の製作
が進められ、市民有志から神戸市への寄贈という形で設置されることになった。
花時計の製作は神戸市役所の新庁舎(現在の2号館)建設に合わせて進められ、
新庁舎完成と同時期にその北側に設置された。1957年4月6日午前、
新庁舎開庁記念式典に続く形で始動式が行われ、花時計は稼働を開始した。

神戸市の花時計に関するサイトへリンクしておきます。
 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/mark/hanadokei/


花時計の機械更新については下記サイトで纏めています。
 http://seiyo39.exblog.jp/10844373/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂本花織選手への応援メッセージ in JR西 鷹取駅 on 2018-1-19

2018年01月23日 04時43分38秒 | 神戸情報
2018年1月19日は兵庫県立美術館のエッチング教室の最終日ということで
出かけていました。

その途中、JR西鷹取駅で見つけた「坂本花織選手への応援メッセージ」を
写真紹介します。





坂本花織選手は2017年12月24日のクリスマスイブの夜、フィギュア五輪代表
に決まりました。 おめでとうございます。
神戸野田高校2年生。野田高校はJR西の鷹取駅が最寄り駅です。
平昌冬季五輪は2月9日から始まります。活躍を期待します。

五輪の前哨戦として昨日(1月22日)から台湾台北でフィギュアスケート
四大陸選手権が始まっています。(1月27日まで)

平昌冬季五輪の結団式は明日(1月24日)に行われます。

4歳のときからポートアイランドのスケートリンクで滑っていたそうです。
(ホザナ幼稚園(神戸市灘区)、渚中学校(県立美術館の北側)の出身)

関連ニュースへのリンク:

坂本花織、NHK朝ドラが原点 神戸のリンクで三原と切磋琢磨 フィギュア五輪代表
(神戸新聞NEXT 2017-12-25)


宮原知子、坂本花織らが公式練習で調整 24日から台北で四大陸選手権
(産経ニュース 2018-1-22)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高砂市 魚亭 「やつか」でのランチ on 2018-1-21

2018年01月22日 04時42分42秒 | 神戸市以外の兵庫県
2018年1月21日、高砂市 魚亭 「やつか」で頂いたランチを写真紹介します。

魚亭 「やつか」の基本情報

住所:高砂市高砂町浜田町2丁目9-20  TEL:079-442-0478
営業時間:ランチは11:30~14:00
     夜は 17:00~22:00
定休日:火曜日


公式サイト:http://www.yatsuka.jp/

Goo地図を添付しておきます。


魚亭 やつかは鮮魚店から始まったお店で、料理人のこだわりも感じました


上の写真は当日いただいた穴子御膳 2,000円(税別)
熱燗の日本酒 360円も注文

高砂名物あなご料理を堪能しました。


上の写真は締めのデザート(アイスクリーム)




上の2枚の写真はランチメニュー


上の写真は超人気の日替わり定食の内容が記載されたもの


上の写真はお店(魚亭やつか)の外観
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下中島公園の震災モニュメント on 2018-1-20

2018年01月21日 16時35分13秒 | 神戸情報
須磨区役所主催の震災1周年事業として、神戸市が1996年1月31日に下中島公園に
桜の植樹とタイムカプセルの埋設を行った。桜の傍に設置された石碑には
「震災タイムカプセルここに眠る」とあり、開封日が2025年吉日と記されています。
30年は決して長い期間ではありませんが、震災を経験した子どもたちが大人になった
時に思い出してもらいたいとの願いが込められ、役所の記録を始めとして様々な記録も
納められているそうです。
どんなものが2025年に見られるのか楽しみである。
碑には当時の笹山神戸市長と石碑建立に尽力された須磨自治会連合会、須磨区連合婦人会、
須磨区老人クラブ連合会、須磨区こども会連合会、須磨区社会福祉協議会、須磨区役所の
名前も記載されていました。
石碑は下の2枚の写真のとおり。(2018-1-20撮影)





神戸新聞調査の震災モニュメントマップのNo.101 下中島公園(須磨区)

桜の時期には華やかな景観を楽しむことができます。
(下の2枚の写真 撮影:2008-4-2)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兵庫県立美術館でのエッチング(銅版画)教室 2017年度後半期の作品

2018年01月21日 06時20分19秒 | Weblog
2017年度後半の兵庫県立美術館でのエッチング(銅版画)教室が一昨日(1月19日)
に終了しました。今回は11月に1回休みましたがほぼ全回出席で出席率では真面目な
生徒さんです。

銅版画をやり始めてから丸7年半が経過しています。
やり始めてから最初の頃はこうやればどうなるのかがさっぱり理解できずにやっていましたが
最近は一応ある程度、理解でき意図しながら製作を続けています。

しかしながら、芸術センスなさは自覚しており、幼稚な作品を製作しています。

でも「下手でも楽しくやろう」の精神で継続するつもりです。

4年間、指導して頂いた吉原英里先生にこの場を借りて御礼致します。


上の写真は今期の全作品

第1作 2017年9月-10月に刷ったもの

テーマは高松塚古墳の壁画で描かれている三神(玄武、青龍、白虎)です。

本来は四神ですが高松塚古墳の壁画の場合は朱雀が抜けています。
四神(ししん、しじん)は、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣である。四獣(しじゅう)、
四象(ししょう)とも言われる場合があります。

Wikipediaによれば
中国や韓国における風水の四神相応は、背後に山、前方に海、湖沼、河川の水(すい)が配置
されている背山臨水の地を、左右から砂(さ)と呼ばれる丘陵もしくは背後の山よりも低い山で
囲むことで蔵風聚水(風を蓄え水を集める)の形態となっているものをいう。
この場合の四神は、背後の山が玄武、前方の水が朱雀、玄武を背にして左側の砂が青龍、
右側が白虎である。


方位   四神   地勢  色  季節
東    青龍   流水  青  春

西    白虎   大道  白  秋

南    朱雀   湖沼  朱  夏

北    玄武   丘陵  玄  冬


第2作 2017年11月-12月に刷ったもの


上の写真が第2作の作品です。

テーマは「高松塚古墳壁画」

関連ブログ:http://blog.goo.ne.jp/chiku39/e/572fb36683b41790d8d12c1154b0f4dd


第3作 2018年1月に刷ったもの

上の写真が第3作の作品です。

大倉集古館所蔵の「普賢菩薩騎象像」を中心に描いています。


第4作 2018年1月に刷ったもの


上の写真が第4作です。 但し、試し刷り段階のもの
来期(2018年4月20日より)に継続して刷っていく予定

テーマは「BIG MAN in 神戸新開地」




現物はこんな感じです(上の2枚の写真) 撮影:2015-5-24

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸市垂水区 瑞丘八幡神社の厄神祭 on 2018-1-18

2018年01月20日 06時24分54秒 | 神戸情報
2018年1月18日、神戸市垂水区 瑞丘八幡神社の厄神祭に行ってきました。
その様子を写真紹介します。

瑞丘八幡神社(垂水厄除八幡神社)の基本情報

住所:神戸市垂水区高丸1丁目3-5 TEL:078-707-3654
主祭神:神功皇后(息長帯比売命) 安産育児・家内安全の神
配祀神:応神天皇(誉田別尊)   厄除開運・家業繁栄の神
    比咩大神(宗像三女神)  交通安全の神
    菅原道真公        学問の神  天神さま
    奥津彦神・奥津姫神    台所守護の神 荒神さま
    豊臣秀吉公        戦国武人・立身出世の神
創建:神功皇后(170-269)の時代の創建であり約1,800年の歴史あり
摂社:吉高稲荷社  商売繁盛の神
   猿田彦社   お導き・交通安全の神


公式サイト:http://www.eonet.ne.jp/~trumiyakujin/



代表写真として拝殿と本殿の建物を添付(上の写真)


上の写真は瑞ケ丘八幡神社の遠景




上の2枚の写真は由緒書き

読みにくいので少し加筆した文書を添付しておきます。
「 創祀年代は不詳であるが、現存する最も古い記録として、現在のご本殿のご造営
(文政6年、1823年)の際に奉納された棟札の裏書に、
「永禄七甲子年従上棟文政六癸未年迄二百六十年至」
 (永禄7年[1564年]の上棟より文政6年[1823年]まで260年に至る)
と記されています。
 一方、その棟札には、鎮守の西垂水村のみならず、垂水の各村(東垂水、塩屋、下畑、東名、
西名、滑、中山、奥畑)の庄屋、年寄の記名があり、また明石藩家老の寄進安堵状
(元和6年、1620年)に「垂水郷八幡宮」と記されていることから、垂水各村、
明石藩からも尊崇されていたことが伺える。
中世の頃には、「垂水の厄神さん」や「厄除八幡さん」として毎年正月十八日、十九日に
厄神祭を斎行するようになった。
この厄神祭は開運厄除、健康長寿、家内安全を祈る祭事として今も当八幡宮に
受け継がれている。
昭和6年に天満天神、荒大神、豊臣秀吉公を祀る瑞丘社が合祀されると、名称を
「厄除八幡神社」「垂水郷八幡宮」から「瑞丘八幡神社」へと改称し、現在に至る。」



上の写真は入口の鳥居


上の写真は参道


上の写真はサリに進んだ二の鳥居付近の参道


上の写真は狛犬 嘉永7年(1854)の銘あり




上の2枚の写真は御神輿と説明書き


上の写真は猿田彦社


上の写真は吉高稲荷社


上の写真はお札の扱いについて記載された看板


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第158回芥川賞・直木賞

2018年01月19日 15時17分32秒 | Weblog
少し古いニュースですが・・・・・

第158回芥川賞の選考会が2018年1月16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で
開かれ、芥川賞は石井遊佳さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)と、
若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)の2作に決まった。
 
また、第158回直木賞は門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」(講談社)に決まった。


Exciteブログ直木賞タグまとめ

過去の受賞者(公益財団法人 日本文学振興会のサイト)

関連報道へリンク

HUFFPOST 芥川賞、直木賞が決定。セカオワ・Saoriの「ふたご」は受賞逃す

産経新聞社 

Biglobeニュース

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べ放題レストラン めぐみのさとでのランチ on 2018-1-15

2018年01月19日 05時50分27秒 | 神戸情報
本日は昨年(2016年)の7月11日にひよどり台(神戸市北区)に新規オープンした
「食べ放題レストラン めぐみのさと」でのランチを写真紹介します。
朝採れ野菜の直売所に併設されたお店です。

訪問日:2018-1-15

食べ放題レストラン めぐみのさとの基本情報

住所:神戸市北区ひよどり台南町2-7  TEL:078-747-3717
料理ジャンル:バイキング(60分食べ放題)
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00 定休日:なし(無休)
料金:980円(税込1058円)


所在地のGoo地図は下記サイトに掲載しています。
 食べ放題レストラン めぐみのさとでのランチ on 2017-5-10&2017-6-12



上の写真は奥様の1回目です。


上の写真は私の1回目です。
いつもながら欲張りで量が多いのかな・・・・・
ししゃもと鶏の唐揚げがお気に入りです。


上の写真はデザート

こちらの魅力は種類が豊富で新鮮なサラダバーです。
写真は奥様と私の1回目にあります。




アンケートの結果が掲示されていました。(上の2枚の写真)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しあわせの村 おやさいレストラン&カフェ  「ことことキッチン」でのランチ on 2017-12-21他

2018年01月19日 05時13分25秒 | 神戸情報
しあわせの村 おやさいレストラン&カフェ  「ことことキッチン」でのランチを
写真紹介します。

おやさいレストラン&カフェ  「ことことキッチン」の基本情報

住所:神戸市北区 しあわせの村1番2号 温泉健康センター内 TEL:078-747-1616
営業時間:11:00~21:00  定休日:2/19~2/23の施設休館日を除き年中無休

公式サイト:http://www.shiawasenomura.org/restaurant/danran.html 


2017年12月21日

上の写真は私がいただいた煮込みハンバーグ 810円(税込)


上の写真は奥様が注文した日替わり定食 850円(税込)

2018年1月1日

上の写真はカキフライ定食(4個) 980円(税込)

2018年1月16日

上の写真は日替わり定食 850円(税込)豚の生姜焼きがメイン


上の写真はソフトクリーム 300円(税込) 毎回注文していただきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しあわせの村 グリーンビレッジでのランチ on 2018-1-17

2018年01月18日 07時22分41秒 | 神戸情報
2018年1月17日(水)しあわせの村グリーンビレッジで頂いたランチを
写真紹介します。

グリーンビレッジの基本情報
住所: 神戸市北区山田町下谷上字中一里山14-1 しあわせの村本館 2F
TEL:078-743-8413   FAX:078-743-8414
営業時間:7:00~9:30 11:00~14:30 17:00~21:00
定休日:なし(無休)


公式HP:http://www.shiawasenomura.org/restaurant/g_village.html


メインメニュー+サイドバイキングの方式になっており、当日、2人とも
シェフの気まぐれランチ1,000円(税込)を注文。
このメニューは10食限定で割合早い時期に売れ切れます。
また、第2週はこのメニューはありません。


上の写真が当日気まぐれランチで「ぶり大根」がメイン


上の写真はデザート


上の写真はしあわせの村の主な施設が2月19日から2月23日まで休業のお知らせ掲示


上の写真は2月3日の節分に因んだ本館・宿泊棟の展示飾り

過去の訪問記:メニューやお店の外観も記載
 しあわせの村 グリーンビレッジでのランチ on 2018-1-9

 しあわせの村 グリーンビレッジでのランチ on 2018-1-4

 しあわせの村 グリーンビレッジでのランチ on 2012-11-8

 しあわせの村 グリーンビレッジでのランチ on 2010-5-17
コメント
この記事をはてなブックマークに追加