CHIKU-CHANの神戸・岩国情報

神戸・岩国の最新情報を紹介していきます。また、最近のキーワード についてメモを作成していきます。

「福祉に」と遺言で9200万円寄付 新潟市の元建具職人(産経新聞) - goo ニュース

2013年02月26日 05時15分51秒 | Weblog
「福祉に」と遺言で9200万円寄付 新潟市の元建具職人(産経新聞) - goo ニュース

昨年10月、病気により65歳で亡くなった新潟市中央区の元建具職人、小野芳春さんの代理人が25日、同市役所に篠田昭市長を訪れ、小野さんの遺言に基づき「新潟市の福祉に活用してほしい」と約9200万円を寄付した。

 小野さんは遺産の相続人などがなく、生前に遺言書を作成。弁護士が遺言に従って小野さんが福島県会津若松市に所有した土地を処分するなどした。遺言がなければ、遺産は国庫に帰属されるという。

 新潟市は「小野さんの遺志を尊重して使途を検討したい」としている。


凶悪な事件が多い中で、久しぶりに心温まるニュースなので
Blogにとりあげさせていただきました。


昔は相続人がいても金持ちは社会のためにと寄付をしていたが、
国民の義務である税金でさえ必要経費などを悪用した税金逃れが
多い社会のなかで小野芳春さんの優しい心を税金逃れの人達は見習って
いただきたい。

1990年初頭60兆円を超える税収があったのが最近の税収は42兆円である。
社会福祉予算は毎年1.2兆円ずつ増える高齢化社会である。

税金をせめて以前の62兆円以上のレベルにあげ社会保障費に当てることや
国の借金財政を改善しなければ社会が善くならないよ思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国の放射線情報一覧

2013年02月23日 05時06分59秒 | Weblog
全国の放射線情報一覧を観れるサイトを紹介します。

http://radiation.yahoo.co.jp/list/?PHPSESSID=c58d46c297c192410fd0052c7a890f6c

慶應義塾大学の地球環境スキャニングプロジェクト(外部リンク)とSAFECAST(外部リンク)によって観測された放射線データが掲載されています。

観測された放射線データはCC0に準拠し、一般に公開されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Muse細胞及び分離方法に関する基本的な特許が成立

2013年02月23日 04時38分57秒 | Weblog
NEDOのプロジェクトにおいて東北大学の出澤教授のグループが発見した、
ヒトの生体内に存在する多能性幹細胞(Muse細胞)と、このMuse細胞を
生体組織から分離する技術に関する特許が、日本国内で成立したとの
プレスリリースがありましたので紹介します。

NEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構

成立したMuse細胞及び分離方法に関する基本的な特許の番号は
特許(第5185443号)です。

〔1〕物質特許

生体間葉系組織や培養間葉系細胞から分離できる、2つの細胞表面マーカー(SSEA-3及びCD105)が陽性、腫瘍性増殖を示さない、及び自己複製可能な多能性幹細胞(Muse細胞)を含む細胞集団

〔2〕分離方法

生体の間葉系組織やそれらを培養した間葉系細胞から、上記の細胞表層マーカーを指標としてMuse細胞を含む細胞集団を分離する方法

この内容及び関連する項目を含めた特許は、欧米等にも出願され、現在審査中です。
本特許については、発明者・出願人である出澤教授らから、大学発ベンチャーである株式会社Clioに独占的使用権が付与されています。なお、今後、学術目的・用途については無償での利用を可能とする予定ですが、営利目的でMuse細胞を研究・利用する場合には、同社からのライセンスが必要となります。

詳細はこちら
  http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100177.html


特開2012-139246
生体組織から単離できる多能性幹細胞
共同出願者は藤吉 好則氏と鍋島 陽一氏

【特許請求の範囲】
【請求項1】
生体の中胚葉系組織又は間葉系組織由来細胞からSSEA-3の発現が陽性であることを指標に単離できる、以下の性質のすべてを有する、SSEA-3陽性及びCD105陽性の多能性幹細胞:
(i) SSEA-3陽性;
(ii) CD105陽性;
(iii) テロメラーゼ活性が低いか又は無い;
(iv) 三胚葉に分化する能力を持つ;
(v) 腫瘍性増殖を示さない;及び
(vi) セルフリニューアル能を持つ。
【請求項2】
生体の中胚葉系組織又は間葉系組織由来細胞からSSEA-3の発現が陽性であること及び胚様体様細胞塊の形成を指標に単離できる、以下の性質のすべてを有する、請求項1記載のSSEA-3陽性及びCD105陽性の多能性幹細胞:
(i) SSEA-3陽性;
(ii) CD105陽性;
(iii) テロメラーゼ活性が低いか又は無い;
(iv) 三胚葉に分化する能力を持つ;
(v) 腫瘍性増殖を示さない;
(vi) セルフリニューアル能を持つ;及び
(vii) 胚様体様細胞塊を形成する。
【請求項3】
多能性幹細胞がCD117陰性及びCD146陰性である、請求項1又は2に記載の多能性幹細胞。
【請求項4】
多能性幹細胞がCD117陰性、CD146陰性、NG2陰性、CD34陰性、vWF陰性及びCD271陰性である、請求項1又は2に記載の多能性幹細胞。
【請求項5】
多能性幹細胞がCD34陰性、CD117陰性、CD146陰性、CD271陰性、NG2陰性、vWF陰性、Sox10陰性、Snail陰性、Slug陰性、Tyrp1陰性及びDct陰性である、請求項1又は2に記載の多能性幹細胞。
【請求項6】
生体の中胚葉系組織又は間葉系組織由来細胞をトリプシン処理し生き残った細胞を回収することにより、請求項1~5のいずれか1項に記載の多能性幹細胞を富化する方法。
【請求項7】
請求項6の方法により得られる、請求項1~5のいずれか1項に記載の多能性幹細胞を含む細胞画分。
【請求項8】
請求項1~5のいずれか1項に記載の多能性幹細胞を単一細胞浮遊培養に供して得られる、請求項7記載の細胞画分。
【請求項9】
細胞集団中の細胞の少なくとも10%以上の細胞が、胚様体様細胞塊を形成する、請求項7又は8に記載の多能性幹細胞を含む細胞画分。

【優先権主張番号】 61/290,159
【優先日】 平成21年12月24日(2009.12.24)
【優先権主張国】 米国(US)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

環境省、微小粒子状物質(PM2.5)に関する特別コーナーを開設

2013年02月13日 10時45分51秒 | Weblog
環境省、微小粒子状物質(PM2.5)に関する特別コーナーを開設(マイナビニュース) - goo ニュース

環境省は、中国における大気汚染問題から日本への影響も懸念される微小粒子状物質(PM2.5)に関する日本各地の大気の状況などの速報値などを公開する特別コーナーを開設した。

同コーナーでは、PM2.5に関する基本的な知識(どういったものであるか、どういう影響があるか、どういったものが発生源になっているかなど)や、日本政府が定める環境基準(1年平均値で15μg/m3以下、かつ1日平均値35μg/m3以下)の算定理由などが紹介されているほか、35都府県]の大気汚染情報(速報値)サイトへのリンク、西日本を中心とした2012年12月以降の30地点でのPM2.5濃度の推移グラフ、全国の大気汚染状況について24時間、情報提供している環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)へのリンクなどがある。

北海道・東北地方
・秋田県( http://www.pref.akita.jp/mic/taikihour/taikihourvalue.htm )
・宮城県( http://www.ihe.pref.miyagi.jp/cgi-bin/telem/showdata )
・山形県( http://www.pref.yamagata.jp/taiki/TaikiList00.html )
・福島県( http://www.pref.fukushima.jp/kankyou/taiki/hp/ )

関東地方
・茨城県( http://www.taiki.pref.ibaraki.jp/data.asp )
・栃木県( http://pc1.kankyo-unet.ocn.ne.jp/websyori/Login!doLogin.action?UserGr=0 )
・群馬県( http://www.taiki-gunma.jp/ )
・埼玉県( http://www.taiki-kansi.pref.saitama.lg.jp/kankyo/main )
・千葉県( http://www.taiki.pref.chiba.lg.jp/sokuho.html )
・東京都( http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/cgi-bin/bunpu1/p101.cgi )
・神奈川県( http://www.env.go.jp/air/osen/pm/%E3%80%80http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/taiki/sokuhou.htm#sokuhou )

中部地方
・富山県( http://www.eco.pref.toyama.jp/mente/mente.html )
・石川県( http://www.pref.ishikawa.jp/cgi-bin/taiki/top.pl )
・福井県( http://www.erc.pref.fukui.jp/tm/ )
・山梨県( http://www.taikidata-yamanashi.jp/ )
・長野県( http://www.nagano-taiki.jp/ )
・岐阜県( http://www.pref.gifu.lg.jp/kankyo/taiki/honjitsu-taiki/top.html )
・静岡県( http://taikikanshi.pref.shizuoka.jp/ )
・愛知県( http://taiki-kankyo-aichi.jp/kankyo/ )
・三重県( http://taiki-kanshi.eco.pref.mie.lg.jp/kankyo/taiki_top.html )

近畿地方
・京都府( http://www.taiki.pref.kyoto.jp/ )
・大阪府( http://taiki-pbapsvr.kankyo.pref.osaka.jp/taikikanshi/#joukyou )
・兵庫県( http://www.kankyo.pref.hyogo.lg.jp/taiki/ )

中国地方
・岡山県( http://homepage2.nifty.com/okayamataiki/top.html )
・広島県( http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/eco/e-kanshi- )
・山口県( http://homepage2.nifty.com/yamaguchi-taiki/ )

四国地方
・徳島県( http://www.tokushima-hokancenter.jp/top.htm )
・香川県( http://www.taiki.pref.kagawa.jp/TAIKI/KANKYO/sokuho.php )

九州地方
・福岡県( http://www.fihes.pref.fukuoka.jp/taiki-new/Jiho/OyWbJiho01.htm )
・佐賀県( http://saga-taiki.jp/pc/index.php )
・長崎県( http://gissv02.pref.nagasaki.jp/TaikiWeb/MainController )
・熊本県( http://taiki.pref.kumamoto.jp/kumamoto-taiki/index.htm )
・大分県( http://www.pref.oita.jp/13350/oxidant/taikijokyo.html )
・宮崎県( http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/kanri/air_measurement/page00134.html )
・鹿児島県( http://kagoshima-taiki.life.coocan.jp/Jiho/OyWbJiho01.htm )

環境基準
政府が定める環境基準(1年平均値で15μg/m3以下、かつ1日平均値35μg/m3以下)


微小粒子状物質(PM2.5)の定義
浮遊粉じんのうち、2.5μm以下の粒子状物質のことをいい、粒径が浮遊粒子状物質(SPM)より小さくなることから、肺の奥まで入りやすく健康影響が懸念されている。排出されたときに既に粒子のものと、窒素酸化物などのガスが大気中で化学反応し二次的に粒子化するものとがある。

 神戸市須磨区における PM2.5の測定結果

2011年度 

有効測定日数195日 平均値(μg/m3) 15.6μg/m3

日平均値が35μg/m3を超えた日数 7日





コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

三木市蓮花寺での大般若経の転読

2013年02月06日 05時58分31秒 | Weblog
2013年2月3日に三木市蓮花寺で行われた大般若経の転読の様子です。



大般若経は630年頃に中国(唐の国)の三蔵法師玄奘(さんぞうほうしげんじょう)が
16年間旅をしてインド(天竺)から持ち帰り、その後4年を費やして翻訳(漢訳)
したという、小品般若、大品般若、金剛般若、文殊般若、秘密般若、理趣般若など
さまざまな般若部経典の大全集で、その数は何と600巻に至ります。

三蔵法師玄奘が持ち帰った教典は1,335巻にものぼります。その中でも約半数の600巻
を占めるのが大般若経と呼ばれるお経です。

大般若経は、正式な名前を「大般若波羅蜜多経」といいます。

大般若経の転読はとのかく迫力があり見応えがあります。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2013年の花粉は前年の3~7倍 2013花粉対策グッズコレクション

2013年02月01日 16時15分30秒 | Weblog
2013花粉対策グッズコレクション(R25) - goo ニュース


2013花粉対策グッズコレクション
2013年1月31日(木)11:30
気象庁の発表によれば2013年の花粉飛散量は多いところではなんと、前年の3~7倍と予測されているのだとか。

花粉対策グッズの新商品が紹介されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加