CHIKU-CHANの神戸・岩国情報

神戸・岩国の最新情報を紹介していきます。また、最近のキーワード についてメモを作成していきます。

日本のミサイル防衛システム(MD)

2009年04月06日 17時38分51秒 | Weblog
日本のミサイル防衛システム(MD)
今回の北朝鮮のテポドン2号(3億ドル)による飛翔体発射実験(2009.4.5)
に対し日本のミサイル防衛システム(MD)の解説が新聞各紙及びインターネット
によってあった。
よく判らないことが多いが整理してみた。

まずイージス艦と言えば2008年2月19日に起きた海上自衛隊のイージス艦
「あたご」と漁船が房総半島沖で衝突。漁船の2人が死亡したことが思い浮かぶ。

フリー百科事典のウィキペディア(Wikipedia)によれば
イージス艦(イージスかん)とは、イージスシステムを搭載した艦艇の総称。
したがって、「巡洋艦」「駆逐艦」といった軍艦の艦種を指すものではなく、
実際、2009年現在で巡洋艦、駆逐艦、フリゲートの3つの艦種に搭載されて
おり、小型のコルベットなどに搭載する案もあった。

日本には6隻のイージス艦がありこんごう型護衛艦(4隻) 、あたご型護衛艦(2隻)
今回はそのうちこんごう、ちょうかい、きりしまの3隻が出動した。
「ちょうかい」と「こんごう」は3月28日午前8時過ぎ、海自・佐世保基地(長崎県)を
出港している。

イージス艦 金剛( こんごう )については2007年12月18日の防衛省の発表で、
海上自衛隊のイージス艦・金剛( こんごう )がハワイ沖で日米との訓練で、
弾道ミサイルを撃ち落とすことに成功した。
日米での訓練に於いて、海上配備型迎撃ミサイル( SM- 3 )の発射試験を実施、
迎撃に成功したと事を明らかにした。
SM- 3 の搭載艦で発射訓練とはいえ、米国以外では初めてのことらしい。
SM- 3 は、発射された敵国の弾道ミサイルを大気圏外で迎撃するミサイルで、
日本のミサイル防衛( MD ) の要として防衛省は SM- 3 が撃ち落とせなかった
際には、地上で迎撃する地対空誘導弾パトリオット( PAC- 3 ) とともに、
配備を進めている。
2008年度以降、3隻のイージス艦に毎年1隻ずつ搭載する予定になっている。

きりしまは横須賀を母港としている海上自衛隊の艦艇です。

きりしまに関する情報2

4月5日のイージス艦の配置状況とその役目に関する記事(読売ONLINE)

YOU TUBEによる画像

日本の防衛予算は4兆円余であるがそのうち1兆円がMDに注がれている。

北朝鮮のミサイル問題に関し日経新聞(2009-4-4)朝刊より引用します。
1993年 5月 中距離弾道ミサイル ノドンを日本海に向けて発射
           (射程距離 約1,300Km)
1994年 7月 金日成主席が死亡
1998年 8月 テポドン1号発射するが失敗
           (射程距離約2,000Km)
      9月 金総書記が国防委員長に再任 事実上の国家元首に
2006年 7月 テポドン2号などミサイルを連射
      10月 核実験を強行

2008年 9月 金総書記健康悪化説が浮上
2009年 3月 国際海事機関(IMO)などに「試験通信衛星打ち上げ」を通報

毎日新聞による解説

日本のイージス艦3隻の他にUSA一隻と韓国より1隻が出動した。
米海軍は既にSM3を搭載したイージス駆逐艦「ステザム」などを日本近海に展開。
韓国海軍も昨年末に就役した初のイージス駆逐艦「世宗大王」を日本海に派遣した。

陸上でのPAC-3による迎撃体制。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮が飛翔体を発射

2009年04月05日 18時10分34秒 | Weblog
北朝鮮が飛翔体を発射。
歴史に残る記事であるので、判らないながらもインターネット情報を整理
しておく。

記事の内容としては「日本時間4月5日11時30分ごろ北朝鮮はテポドン2号から北朝鮮が
主張している試験衛星「光明星2号」を舞水端里より発射した。
ブースター(ロケット)の1段目は11時37分頃、秋田西280キロの日本海に落下したと
推定される。
ブースターの2段目は午前11時43分頃、日本の東2150キロの太平洋上に落下したと
予測される。
日本の領土内に飛翔体の破片が落下する可能性がないため迎撃行動はとられなかった。」

北朝鮮は安保理に定期論議された場合、6カ国協議離脱や核開発再開で対抗することを
示唆している。

日本政府は4月10日の閣議で北朝鮮に対する制裁について期間の1年間延長(従来は6ヶ月)
外為法による制裁(牛肉、酒、自動車など24品目の贅沢品の禁止から輸出の全面禁止。
輸入の全面禁止の維持。
特別船舶入港禁止特別措置法に基づき「万景峰号(まんにょんびょうごう)」など北朝鮮船籍
の入港禁止の継続などの措置がとられる見込み。

北朝鮮の飛翔体に関する記事1

北朝鮮飛翔体に関する記事2

北朝鮮飛翔体に関する記事3

首相官邸HPからの情報
コメント
この記事をはてなブックマークに追加