CHIKU-CHANの神戸・岩国情報

神戸・岩国の最新情報を紹介していきます。また、最近のキーワード についてメモを作成していきます。

西神ニュータウン 第55地点遺跡 訪問記 on 2017-5-13

2017年05月15日 04時43分12秒 | 神戸情報
西神ニュータウンは、52年前の昭和40年(1975)に神戸市総合基本計画の策定に伴い建設が開始

西神ニュータウンの中には下記の住宅団地と産業団地があります。

住宅団地:西神住宅団地・西神住宅第2団地(西神南ニュータウン)・神戸研究学園都市の3団地
産業団地:西神工業団地(西神インダストリアルパーク)・西神第2工業団地(神戸ハイテクパーク)
           ・神戸サイエンスパーク・神戸流通業務団地(神戸流通センター)の4団地


街開きは西神住宅団地が1982年、西神住宅第2団地が1993年、神戸研究学園都市が1985年である。

昭和45年(1970)には4月には都市計画地域内の埋蔵文化財が航空写真、地勢調査などから
調査され85地点で遺跡の存在の可能性が高いとの報告がありました。

西神ニュータウン内の遺跡の調査は昭和45年(1970)の第一次調査から平成7年(1995)まで25年間
実施されています。

2017年5月13日に西神ニュータウン 第55地点遺跡を訪問し写真を
撮ってきましたので紹介します。

第55地点遺跡の所在地
 神戸市西区春日台7丁目(本来の場所は復元古墳(春日56公園)の西方約200m)

Goo地図はこちら
 

 春日56公園になっています。本来の場所は復元古墳の西方約200m

西神ニュータウン 第55地点遺跡は標高60~80mの丘陵の上にあり明石川を眺望できる
丘陵の上にある遺跡で昭和60年(1985)の発掘調査の結果3基の古墳が検出されました。


上の写真は発掘当時の航空写真で2基の古墳があることが判ります。
B地区の発掘




上の2枚の写真は復元された西神ニュータウン内 第55号地点2号墳(復元)の遠景
本来の場所は復元古墳の西方約200mのところだそうです。


上の写真は現地説明板




上の写真はは復元された2号墳の埋葬施設

石室は地下に埋め込まれているそうです。

2号墳の基本情報

形式:円墳 直径約17m 高さ2.5m
造成時期:4~5世紀
埋葬施設:長さ3.1m 幅0.5mの割竹形木棺
棺内の遺物:袋状鉄斧(てっぷ)、鉄剣、ヤリガンナ状鉄器



上の写真は2号墳から出土した鉄製品

神戸市埋蔵文化財センター編 西神ニュータウン内の遺跡(平成18年(2006))によれば

1号墳は南北11.5m 東西13.4m 高さ1.3mの楕円形墳 
 須恵器杯、脚付短頚壺(きゃくつきたんけいこ)、甕などが出土 6世紀中頃に造成
 埋葬施設は木棺墓と推定

3号墳は南北16.5m、搭載13.5m 高さ1.5mの長方形墳
 ほとんど遺物はないが古墳時代中期のものと考えられます
 埋葬施設は木棺墓と推定


上の写真は西神ニュータウン 第55地点遺跡から出土の土器
(神戸市埋蔵文化財センターの展示)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西神ニュータウン 第65地... | トップ | 西神ニュータウン 養田中の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
西神ニュータウン 第65地点遺跡 訪問記 on 2017-5-13 (CHIKU-CHANの神戸・岩国情報)
西神ニュータウンは、52年前ぼ昭和40年(1975)に神戸市総合基本計画の策定に伴い建設が開始 西神ニュータウンの中には下記の住宅団地と産業団地があります。 住宅団地:西神住......
西神ニュータウン 養田中の池遺跡 訪問記 on 2017-5-13 (CHIKU-CHANの神戸・岩国情報)
2017年5月13日に西神ニュータウン 養田中の池遺跡を訪問しましたので写真紹介します。 養田中の池遺跡は弥生時代の土器が多数出土している長福寺裏山遺跡として知られて......