英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

恐ろしい夢の中で逃げる。

2016-11-25 | 日記
11月23日に南海トラフ大地震が来るという噂が、関西圏を座巻していたという。
そんな噂を聞いて、あわててネットで気象庁の南海トラフ地震の記事を読む。
私は知らなかったのだ。
ただの、ネット上の噂に過ぎないとは分かっているけれど、恐ろしくなった。


そして今朝夢を見た。


いつも夢の中で見る街から遠い、どこか知らない街だ。
持ち物はなにもない。
チコ吉を入れた黒い布の靴袋だけを必死に抱えている。

なにか大きな震災があって、みんなはぐれてしまったのだろう、とは漠然とわかっている。
あっちで人を騙してお金を手に入れ、こっちで騙されてチコ吉入りの袋を盗られそうになったりしながら、必死で帰り道を探しているのだ。

寂れた街の所々に、鮮やかな蛍光グリーンの芝生が生えている。
(ああ、今日もカラーの夢を見ているんだな、と、夢の中で考える。)

どの建物もコンクリートで荒れ果ててがらんどうなのだ。
(今回は、いつもの蛍光色の宇宙人は出てこなかったな。)

最後にサルに賭けを挑まれて、丁半賭博をする。
(やったこともないのに。というか、なにゆえ丁半賭博?え?サルと!?)


そこで目がさめた。
隣を見ると、チコ吉ならぬ、栗吉が、珍しく私の顔の横で丸まって寝ている。

安堵した。

けれど漠然とした大きな不安がある。


京都は結界に守られていて、天変地変と無縁の場所だと、どこかで本気で信じている。
大地震や大型台風のニュースも、突き詰めると他人事になってしまう。
けれど、夢の中で、疑似体験しただけで、これだけ不安に襲われる。

人の気持ちに寄り添う。
共感する。
そして、一歩を踏み出す。
その大切さを、訳のわからない、「長いと思ったけれど実は多分とても短い夢」が少しだけ教えてくれた?
・・・とまで言わせるほど、恐ろしい夢だったのだ。



ところで、これは、1年くらい前に家族が送ってくれた、猫好き専用パーカー
猫耳、肉球、猫用ポケット付きだ。ww
ネットで即日完売だったらしい。



これを着て、猫をお腹に入れて、走って逃げる・・・のはムリよね。ww
(お腹の中に入っているのは、チコ吉ならぬ、栗吉ならぬ、マミ吉だ。)











ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勤労感謝の日の魔女の会 | トップ | 小ネタ2題 ww »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くにちゃん)
2016-11-25 01:53:50
京都や大阪は、天災が少ないですから
僕も、なかなか想像しにくいのです

でも、神戸の震災を経験してますから
怖さは十分に知ってます
その記憶も、薄れてますけどね…

なんだか、それなりの準備は必要みたいですね

あ!僕は
どこかから落ちる夢をよく見ます
因みに、悪夢は
砂漠の中を、ひたすら歩き
見上げると太陽しか見えなって夢
もう1つは
夢の中で、朝起きるシーンから始まり
1日の生活をして、布団に入ったところで
目が醒める
かなり最悪でした(笑)
きになる... (えむ吉)
2016-11-25 08:17:54
猫下僕専用パーカー。
ポケットに猫を入れて走って逃げる、は難しい。
が、しかし、そもそも栗吉君はポケットに入るのか?
詳報をお待ちしております。

想像力と思いやり。
それがあれば大丈夫なような気がします。
それで私はいろんな人に助けてもらってます。
抽象的でごめん寝...zzz

しかし、東京は今日も寒いよー!
くにちゃんさん (ポン吉)
2016-11-25 13:49:24
やっぱり備えは必要ですよね。ちょっときちんと考え直さないといけません。

落ちる夢も、砂漠に一人の夢も、現実的にものすごく恐い夢だけれど、1日を夢の中で過ごして、目が覚めてからまた現実の位置に血が始まったら、ものすごーーく疲れますよね。私はそんな夢は見たことがないけれど、それって、1番しんどいタイプの夢です。
えむ吉さま (ポン吉)
2016-11-25 13:57:10
東京、テレビで見ていても、まるでニューヨークみたい。なんていうと格好いいけれど、みんな凍てついた道路に慣れていらっしゃらないから(私もです)本当に危険です。それに、心底冷えると、身も心も危険です。どうか、あったかくしてお仕事をなさってくださいね。こちらは今日は意外と冷え込んでいません。週末は雨のようです。

このパーカー、ほんとは女子用のほうがずっと可愛いのです。でも、私なら、男子用だろうと、息子が男子用を送ってきました。ww でっかい猫ポケットが付いているので、おばあちゃんズなら2匹一度に使用可能です。でも、この2匹を合わせても、栗吉1匹にはならないという。涙
それでも今夜、決死の努力で、ポケットに突っ込んでみますね。てふ作戦です。ww

今日は、ブリの照り焼きとキャベツとおあげのお味噌汁を元気玉に乗せて送ります。和食で寒さを乗り切ろう!
その気持ちが大切 (そらにゃん)
2016-11-25 14:05:07
群馬も、日本の真ん中あたりにあるからか、大きな地震や災害には合わずに済んでいる気がします。その代わり、事件とか事故とか、人災は多いかも知れません。
話は逸れてしまうかも知れませんが、御巣鷹山の航空機事故から2年後くらいに、1度登ったことがあります。本当に浅はかだったとしか言えないのですが、友人と登山気分で登ったのです。今考えても恥ずかしい。でも、現場に着くと、空気が違うんですね。私たちの他に人は居ないのですが、ここは遊び気分で来ることは許されない場所だと、周りの空気が攻めてくる。それからテレビや本などで御巣鷹山の事故の話を知るたびに、巻き込まれた方々のことを想像して、色々と考えさせられます。
夫は、隣保班の旅行で何年か前に福島を訪れました。いつもおちゃらけたことしか言わない夫なのですが、被災地で見たことを話すときは、とても思いつめたような表情になります。

こういう経験って、きっと大切ですね。そこから当事者の方々の立場や思いを想像する。これから起こるかも知れないことを恐れ、何をしたらいいのか考えてみる。
普段平穏な日々では忘れてしまいがちですが、忘れ切らないように努力しなければ…。う〜ん、難しいけど…。

私も猫パーカ、欲しいな〜。ただし、うちは体重以前の問題で、お腹のポケットに収まってくれるようなイイコは居ないんだよな〜。み〜んな産卵期の鮭みたいにビッチビチなんですもん(涙)。

今日は、雪を被った小菊の花を元気玉にしますね。綺麗なんだけど、寒そうです。
そらにゃんさま (ポン吉)
2016-11-25 17:57:49
御巣鷹山の頂上までは、道無き道を、救援の方々が踏みならしてできた、ものすごい山道だったと聞いています。そこで感じるものがあったなら、行った価値があったのだと思うのです。

で、私には隣保班がわかりませんでした。調べると、隣組?地域によっていろいろなのでしょうね。こちらでは、町内会に当たるのかな。テレビで見る被災地と、現実とは、大きく異なります。私も、阪神淡路の震災後の神戸の様子を見て、腰が砕けそうになりました。ご主人様も、思うところがたくさんおありだったのでしょう。

忘れないこと、それが一番大事なように思います。本当に難しいことですが。

この猫パーカに収まってくれるのは、おっとなしいちっちゃな子たちか、お年寄りだけでしょうね。こんなところに押し込んで、まっとうな猫がじっとしているはずがない。ww

雪にうつむく小菊だなんて、まるで「そらにゃんさんみたい」で、なんて清楚で美しいのでしょう!!!
こちらからは、たっぷり野菜餡の乗ったちゃんぽんを元気玉に乗せて送ります!あったまりますよ〜♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL