英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

いろいろ思うこと。

2016-09-20 | 日記
チコ吉用に作った新居が、気づくとこんなことになっている。ww
(チコ吉とマミ吉)


これが、チコ吉とさくらだったり、さくらとマミ吉だったり、栗吉以外の三匹が出たり入ったりしているのだ。
(ことほど左様に栗吉は人気がない。そりゃそうでしょね。ww)

「こんなに狭いのに居心地がいいのね〜 」などとと思いながら、ダンボールハウスを見ると、
え!?三匹いる?
大慌てで写真を撮ろうとすると、案の定、逃げられる。涙







閑話休題

月曜は敬老の日だった。
母に何が食べたいかと問うと、イノダのフレンチトーストがいいという。
はいはい、お安い御用です♪

いそいそとイノダ本店へ。
珍しく、旧館の席が空いていた。
ここに座るのは何年ぶりだろう?




その後、父の祥月命日が近いので、お墓まいりに行く。

父が亡くなってもう40年近くも経つのに、母はお墓の前で泣いている。
父が突然この世を去って以来、母の心の傷は今も時々血を吹き出す。
娘でもその傷を癒すことはできないという事実に、毎年直面させられる。


お墓まいりの帰り、母は私の家に寄った。
修理した父の机を見て、歓声を上げる。

よかった。
この机は、必ず次の代に引き継ぐから、安心してね。


実は今、断捨離改装計画の第3弾中だ。
外壁の塗り直しをしてもらっているのだが、予定では、次の第四弾が年内に終われば、計画は終了する。
これで一安心・・・のはずだ。
いろいろな義務を果たした気分になれるのだろうか。

でも、外壁を直し始めた途端に大雨だなんてね。涙
日頃の行いが悪いって?

はいはいはい、おっしゃる通りです。








ジャンル:
その他
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくらがいない!!(でも見... | トップ | 台風の展覧会 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
写真家ポン吉さん (そらにゃん)
2016-09-20 08:56:54
組んず解れつの猫団子、いいな〜。
そして奥から飛び出すさくら妖怪の、にょ〜んとした曲線。絶妙なシャッターの切り具合ですね。岩合光昭もびっくり!
それにしても、栗吉くんの人望ならぬニャン望は、いつになったら上がるのでしょう。

昨日はお母さま孝行をされたんですね。イノダの旧館、なんて素敵なの!もうね、ウン十年前の乙女のハートも鷲掴みですよ!でも、私がそこを訪れることが出来ても、「その場にそぐわない私」を意識してしまって、絶対に寛ぐことは出来ない自信があります(涙)。例えるなら、片思いのイケメンに思い切って告白してOK貰ったはいいけれど、実際にデートしてみるとガチガチになっちゃって、却って疲れ切ってしまう…的な?

お父さまのお墓の前で未だに涙してしまうお母さま。お父さまのことが大好きだったんですね。流れた年月なんて、あっという間に戻ってしまうのでしょうか。私にはまだそのお心は計り知れないものでありますが、「つれあい」という言葉と、水原に寄り添って佇む番の鷺の姿が浮かびました。
お父さまの机の修復は、何よりのお母さま孝行だったんですね。お互いを思いやりあう、なんて素敵な家族なんでしょう。母に向かって「お母さん死んだら、あそこにある着物は貰うからね〜」なんて口を叩いている私に、爪の垢プリーズ!

台風、大丈夫ですか?私は寒くて寒くて、義母が呆れるくらいの着膨れしてます。元気玉も着膨れさせて飛ばしますね〜!
そらにゃんさま (ポン吉)
2016-09-20 09:31:34
こちらは雨です!朝からジャージャー降ってます。台風だから、仕方ないか。

あの、さくらがびにょーんと伸びた写真、岩合さんも真っ青ですって?
そうでしょう、そうでしょう♪
このシャッターチャンスを狙ってましたのよ♪ ー なんてことを言ったら、3枚ある舌の一枚くらい抜かれちゃいそうです。ww

イノダの旧館、確かに素敵ですけれど、そんな大層な場所はないんです。ただただ古いんです。椅子もギシギシ、ソファもスプリングが出っ張っちゃってる感じ?ww 昔の初恋の人に何十年ぶりに会ったら、お互い、すごい老けたな〜みたいな感じ?ww

母は確かに父が大好きでした。今でも写真に話しかけています。それを、痛ましいと思ってみたり、いい加減にしろ、と思ってみたり、様々な複雑な感情が交錯するのです。
机は、私にとっても長年の夢でした。やっと仕上がって本当にホッとしてます。正直、机の前に座ると、父や祖父が横でニヤニヤしているようで気分がいいです。ww

そらにゃんさんのお母様への発言は、愛情に裏打ちされてますね。そうでなきゃ、「死んだら」なんて面と向かって言えないですもん。ww 私も色々言ってます。「お母さん死ぬときは、さっさと死んでね。」とか、「ボケちゃったらうちで面倒見たげるよ。そうなったら私はお母さんの年金でうはうは生活やわ♪」とかね。ww

東の方はそんなに寒いんですね。こちらはそれほどでもありません。ただただ雨がすごいだけ。家の前のマンションの4階のベランダに、4ヶ月ぐらい前から布団が干しっぱなしで(人が住んでいるのは確認済み、夜には電気がつくので)それが雨に濡れて、ぐちゃぐちゃになってます。いい加減にしまってくれないかな〜

さて、京都からは暖かいおしるこ(白玉団子入り)を送ります。雨で薄まっちゃってるかもしれないから、ちょっと煮詰めたほうがいいかも。そらにゃんさんがあったまりますように〜!!
あれ? (そらにゃん)
2016-09-20 12:23:47
そのお布団のお話、前にもされてませんでした?
また同じお部屋なんですか?それとも別のお部屋?はたまた同じ布団のお話を私が思い違いしてるだけ?

温かいお汁粉玉、ありがとうございます。本当にね、寒いんです。ただし、私だけなのかも。お昼にマルちゃん正麺うどんを煮込んで食べたら、今度は暑くなって扇風機をかけてます。新陳代謝がヤバイことになってるのかも〜(涙)。
そらにゃんさま (ポン吉)
2016-09-20 15:58:50
そう、そう、そのお布団、まだずーーーっと出しっぱなしなんです!
色もだんだん微妙に変わってきていて、恐ろしや〜♪
Unknown (くにちゃん)
2016-09-20 18:43:10
ダンボールハウスは
なんだか落ち着きます
猫達には、居心地良いでしょね〜

ところで
普段の日々では、思わず知らず
様々な事柄を見落としてるんですが
墓参りや、普段は入れない場所に入れた時に
色々気がつくもんですよね

普段の行いとか!行いとか!(笑)
切ない〜 (N)
2016-09-20 19:54:57
ポン吉さん:いろいろと忙しくしてらっしゃるのに、敬老の日とか律儀になさるんだから、もう。。。 イノダってコーヒーが有名ですけど、フレンチトーストも美味しいのかしらん。
お父様のご墓前で泣かれるお母様ってなんだか切ないですね。この世の中、どうしようもないってことがありますもんね。でも立派な大統領級(!)の蘇った机に喜んでいただけてよかったですね。
いやはや、それにしてもそのお布団のご近所さん、すごいですね。マンションの管理人さんからちくりと言ってもらうしかない!?
こちらからは、リンゴタルトの元気玉〜(お店で食べてきました、美味しかった〜)。
くにちゃんさん (ポン吉)
2016-09-20 23:40:14
段ボールって、暖かいですよね。あの紙独特の匂いも好きです。

お墓まいりはわかりますが、普段入れない場所?病院は、そうだと思います。MRIも。段ボール箱の中?ありです。ひつぎ・・・は手遅れのような。ww

Nさま (ポン吉)
2016-09-20 23:46:09
はい、イノダには、昔ながらのフレンチトーストがあって、美味しいというよりは、馴染んだ味、という感じかな。パンケーキが流行って、今時フレンチトーストを出す店も珍しいのですが。ww
本当にシンプルで、厚切りパンを玉子液に浸して焼いて、グラニュー糖をたっぷりかけただけなんです。

大統領級の机って!ww 泡沫講師級なんですって。ww

お布団の干しっぱなしのマンション、はじめは学生専用だったんですが、このごろよくわからないマンションになりつつあります。多分、若い男性サラリーマンが住んでらっしゃって、はじめは、お布団を入れ忘れて、しまった!でも暑いから要らないしいいや、という感じだったんでしょうけれど、これからどうするんだろう?などなど想像して楽しんでいます。でもね、ちょっとスラム街みたいだからなんとかして欲しいんですけれどね。

リンゴタルトの元気玉!ありがとうございます!私からはイノダのアップルパイを!被ってますけれど、わたしも今日食べたんです。ww

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL