英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

友人を忘れずに。

2017-12-04 | 日記
ブログを2日間放置していた。
毎日必ずアップすることを旨としていたのだけれど、悲しいことがあると止まってしまう。

ご心配をおかけしました。
姑のことではない。
おばあちゃんは、またまた不死鳥のようなV字回復を果たし、水曜日に退院が決まったのだ♪
今は酸素も外れて、いつも通りの状態で、病院にいる。
これから、『フェニックスおばあちゃん』と呼ばなきゃね!


けれど、1日に大切な大切な友人を亡くした。
30年来の親友だった。
様々な苦労を、お互いにいたわり合いながら一緒に乗り越えてきた人だった。

一人が命を取り戻し、一人が命を失っていく。
日々世界中で繰り返される、当たり前のことだとは分かっているつもりなのだけれどね。



このお話は、今日でおしまい。
また明日から、日々を大切に暮らしましょう。
友人のことを忘れずに。









ジャンル:
その他
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり肺炎だったのだ。 | トップ | 猫とご飯に癒される月曜日。 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くにちゃん)
2017-12-04 02:57:55
人は生きていると
どこかで、悲しみに出会います
避ける事が出来れば良いんですが
そうも行きませんね

僕も、何とか生きなければ!と思います
無理しないで下さいね (そらにゃん)
2017-12-04 08:13:27
Mrs.フェニックスのご快癒と退院決定おめでとうございます。酸素が取れたとのこと。呼吸が楽になられて本当に良かったですね。

再会を喜ぶ人、お別れをする人。生きていると切ないことも沢山ありますね。
私は元気なポン吉さんが大好きですが、無理して笑わないで下さいね。どうぞ、ご自分のお気持ちを大切になさって下さい。大丈夫、ポン吉さんならどんなに落ち込んでも、必ず元気は戻って来ます。

こたつで温まったごんの温もり元気玉を送りますね。ポン吉さんの内側から温まりますように。
どうぞゆっくりと (N)
2017-12-04 09:25:20
お義母さまのご復活、おめでとうございます。さすがフェニックスおばあちゃんです!
お友達の件、そんな大親友を亡くされた悲しみ、想像がつきません。どうぞご無理なさらず、ご自分第一でゆっくりされるといいんのですが。受験生の一番大変なときでそんなわけにもなかなかいかないかもしれませんが。やっぱり、ご自宅でのく〜たんもふもふでしょうか。。。
こちらからは、ほっこり安納芋の焼き芋元気玉をそ〜れ。
生きるのは悲しい (えむ吉)
2017-12-04 17:24:28
人間誰しも必ず終わりの時が来るわけで、元気に行き続けようとすると見送る回数が自然と増えてしまうということなんですよね。

フェニックスのように復活されたおかあさん、きっとおかあさんも沢山の家族や友人、大切な人を見送ってきたんですね。

フェニックスというとなぜか私は美空ひばりを思い出しちゃうんですが(なぜだ?)、美空ひばりさんが亡くなった時、世間が"ひばりが死んだ"というニュースで沸いているのを見て、某旧帝大の物理学の教授は「さぞかし希少種の鳥が亡くなったんだろうな」「生物学者だけでなく社会が騒ぐほどだからさぞかし綺麗な鳥なんだろうな」みたいなことを思っていたらしいです。鳥やないっちゅうねん!

すみません、なぜかお門違いな方向に進んでしまいましたが、こういう時こそ美味しいものを食べて体を冷やさないでくださいね。
みなさま (ポン吉)
2017-12-04 23:30:22
つい先ほど仕事から戻りました。土日で休んだ授業の振替で、そりゃあ大変でした。もう、ふらふらです。

色々思うことがあります。
これで良かったと思ったり、とっても悔しかったり。
けれど、私が友人を忘れないことが一番大事なのかなとも思うのです。

まだ言葉がまとまりませんが、温かいお言葉を本当にありがとうね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事