英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

天婦羅バトル ww

2017-08-14 | グルメ
お盆の入りの13日、猫も休業しているらしい。




「いいな、おまえは。」とかブツブツ言っていると、目が覚めた?ww




夜になって、大量の天婦羅を揚げる。
仕事のない時しか作れない、熱々の天ぷらだ。
エビが14本、ロールイカが2本、ちくわに、トウモロコシに、しいたけ、レンコン、さつまいも、オクラに、かぼちゃ♪





ただね、2人前を揚げるのと、今増えている家族の分を揚げるのでは、かなり様子が違うのだ。
ようやくあげ終わると、もう、油の匂いにやられて、「うっぷ」状態だ。
分かっていたはずなのです。涙
自分で食べる気は失せている。

それでも、次々となくなっていく天婦羅を見ると、「負けてなるものかっ!!」と箸を出す意地汚さよ。ww



ところで、今日こんなことがあった。


姑に、いつもお世話を手伝っている孫娘が声をかけた。

ばあこ(姑の愛称だ。ww)頑張って立ってみ?」

すると、姑が、足をもぞもぞと動かして、立とうとする仕草をする。
ちゃんと聞こえているのね。
ばあこ」って言われると、「がんばろう♪」って思うのだ。

やっぱり家族と一緒にいる方がいいんだろうな。
「設備が良いから、病院に入った方が幸せかも?」と「少し」思った自分を「少し」恥じる。


えっと、「少し」だけね。ww







『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女三代で京弁当 | トップ | 闇夜のスナイパー 涙 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暑いのに! (N)
2017-08-14 16:12:52
酷暑の中、天ぷらをおつくりになるなんてっっっ! 家族愛いっぱいのポン吉さん〜。美味しそうです。ちょっと前のカレーの写真(インスタグラム!)、別に用意した野菜トッピングのアイディア、いいですね、ブロッコリなんて一緒に煮たら食べる時に姿がなくなったりするので、これはいい、と膝を打ちました!
「ばあこ!」なんて可愛いお孫さんに言われたら、そりゃあ、頑張っちゃいますよね。やっぱり家族愛っていいな〜と思います。いろいろ大変なこともありますが。
庭になっているアボカドの元気玉をば(かなりをポッサムに食べられていますが。。。)
ばあこちゃん、ファイト! (そらにゃん)
2017-08-14 19:39:07
な、何ですか、この物体は。江戸時代のお殿さまの枕?「いっつも硬いのでしか寝たことないから、たまには柔らかいので寝てみた〜い」っていう、殿さまのワガママを瞬時に叶えるために、悪代官ポン之条がワイロで送ったもふもふ枕。ただし、この枕も殿様気質だし寝返り打っちゃうしで、結局お殿さまの怒りを買って、ポン之条はお役御免になったとか。

大人数の天ぷら揚げるのは、大変ですよね。最終的に家族のためにご飯を作ってるって言うよりは、部活のノリになって、ひたすらはあはあ言いながら揚げまくる。出来上がった頃にはこっちはバテバテ、美味しさなんて解らなくなってるという。でも、ポン吉さんのご家族は、ポン吉さんの愛を感じながら美味しくいただいたのでしょう。え?若干棒読み?ほほほ。

「ばあこ」。なんて可愛らしい呼び名でしょう。それをお孫さんから言われたら、お姑さんも元気を出さなくちゃって思われるのでしょう。きっと、お孫さんとお姑さんの間の絆があるからこその元気なんでしょうね。

さて、今日は実家で夕飯です。母の作った大葉サンドカツの元気玉を飛ばしますね。エアだから、ばあこちゃんにも召し上がれるかな〜。
Nさま (ポン吉)
2017-08-14 20:04:34
カレーって、大量に作るから、どうやったら「手抜き」と言われずにカレーを出し続けられるかを考えた結果、「トッピングを変えればいいんだ!」→「いやもう、いろいろ出しておいて、自分で好きなの乗せてね」と変化していったのです。ww
元のテーマは「手抜き」なんですの。おほほ♪

「ばあこ」って呼べるのは、やはり孫たちだけです。さすがに嫁たちには使えません。ww でも、かわいいでしょ?

ところで、庭にオポッサムがやってきて、なってるアボカドを食べていくと?
あまりの環境の違い!羨ましすぎです!!
こちらからは、元気玉に乗せて、一口マドレーヌを送ります。あったかい紅茶と一緒にどうぞ♪ こっちは暑くて、温かい飲み物なんて飲めませ〜ん!
そらにゃんさま (ポン之条)
2017-08-14 20:14:06
お役御免になったポン之条は、それからどうなったのでしょう?
超ワガママなマクラを連れて、東へ東へと落ちていき、とうとう、そら之姫のお城に流れ着いたそうな。そのお姫様は、ワガママまくらに一目惚れ、まくらもまんざらではないらしく、おかげでポン条は、お姫様のお情けのおこぼれにあずかって。なんとか暮らしていけましたとさ。

天婦羅ってね、一度にあげて、美味しい量って決まってません?油を足してあげ続けると、後の方の天婦羅は、もう一つ上手にあがらなくなるように思えるのです。え?揚げる人の気分の問題?そうかも。笑

「ばあこ」って呼び名、私もとても可愛いと思います。孫にしか使えない呼び名ですが。ww 
ところで、大葉サンドカツって、大葉を挟んだカツということですね?
美味しそう!!あっさりしてそう!!
大葉がいっぱいあるおうちだからこそのメニューですよね。
こちらからは、タコのパセリまみれを送ります。たこのぶつ切りにニンニクとパセリとオリーブオイルと塩胡椒、それでおしまい♪冷やしてどうぞ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL