英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

女三代で京弁当

2017-08-13 | グルメ
おいしいお弁当を食べたい、と母が言う。
料亭弁当のことね?
よし、可愛いのを選びましょう♪

「六盛」の丸いお弁当。






綺麗なお弁当を見ると、なんだか嬉しくなる。
女3代が揃って、ちまちまとお弁当をいただく。


ふと外を見ると、あらら、ももちゃん♪
この頃暑いから、早朝と夕方だけやってきて、この子も「美味しいカリカリ」をいっぱい食べて、どこかへ涼みに行ってしまうらしい。
母はちょっと不満げだが、ももちゃんにとっては、幸せな暮らし方だな。


最近、ようやく、「ゆっくりと過ぎる時間を楽しむ」いうこと分かり始めた、かもしれない。
ずっと忙しかった。
今も忙しい。

けれど、与えられた一息つける時間を、少し大切にするだけで、ずいぶんQOLが上がる気がする今日この頃。ww

ね?
ももちゃん?ww




『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆の京都は酷暑どすえ♪ | トップ | 天婦羅バトル ww »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
多けりゃいいってもんじゃない (そらにゃん)
2017-08-13 09:53:52
まあ、なんて可愛らしいお弁当なんでしょう。そのちまっと加減がちょうどいい。彩も綺麗だし、こんな感じのお弁当こそ「ちゃんと席についてゆっくりゆったり味わいましょう」って気分になって、心まで満たされますよね。
こんな宝石箱みたいな(彦摩呂か!)お弁当を、三世代の女衆が食べてる図。想像するだけで、こちらの頰も緩みます。

我が県では、サービスの観念が真逆なので、とにかく大盛りが喜ばれるという暗黙の了解みたいなのがあって、大抵の外食は、とんでもない量がどーんっ。若い頃はそれでも良かったのですが、今はちまっとした幸せの方に心惹かれるお年頃なのでした。

ももちゃん、お久しぶりです。相変わらずの眼光、さすが自立した猫さまです。これからも上手に人間を転がして、したたかに幸せに長生きして欲しいですね。

今日は盆の入り。そちらでは、それはもう沢山の団体さまが時空を超えてお越しかと思います。皆さま、久々のこちらの世界を楽しんで行って欲しいものです。

夏の定番、薬味たっぷりの素麺の元気玉を飛ばします。なんだかんだ言って、夏場これですね〜。
Unknown (くにちゃん)
2017-08-13 12:18:33
わ!無形文化財!
あの、ちまちま感が良いんですよね〜
美味しいんだよね〜

ももちゃんも元気で何よりです
そらにゃんさま (ポン吉)
2017-08-13 21:18:27
でもね、そらにゃんさん、こんなお弁当だったら、成人男子なら4つはたべられると思うんです。
こういうお弁当って、チマチマとして、可愛くて、美味しいけれど、「それがどうした!!唐揚げ1キロもってこい!!」って言われたら、一瞬で負けが決定するのです。笑

ももちゃん、涼しい時に2回だけやってきて、しっかり美味しいカリカリをせしめるなんて、ほんと、外猫の鑑です。やっぱりどうしても、家猫修行は嫌らしく、一定の郷里を保つことに変わりはありません。それでも、ちゃんと猫下僕を家来につけるんだから、凄腕だわ!笑

盆の入りで戻って来られる方々の中に、ニャンコ達もいるかしら?化け猫でもいいから出てきて欲しいです。ww

さて、元気玉に乗せて送っていただいた薬味を使って、ざるそばをいただきました。でもね、天ぷらを揚げすぎて、気分が悪くなっちゃったけれどね。ww
こちらからは、巨峰を送ります!親戚からそれはたくさん送られてきて、狂喜乱舞の最中なんです。笑
くにちゃんさん (ポン吉)
2017-08-13 21:20:28
六盛、本店よりお弁当の方がいい感じ、かも?笑
観光バスが次々とやってきて、流れ作業で手桶弁当が出されているんですもんね。

ももちゃん、元気でやっているようです。
周囲の人間をかたっぱしから召使いにする技、見習いたいです。ww

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL