英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

凜と硝子の葦立ちて

2017-05-20 | 日記
家で、アマゾンプライムの動画を見ていた。
あちこち、色々飛びながら、結局「硝子の葦」というドラマに行き当たった。

あら?
「ホテルローヤル」という場所が出てくる。
もしかして、原作は「ホテルローヤル」で直木賞を取った桜木紫乃氏の作品かな?


あたり!
けれど「硝子の葦」という小説は知らなかった。

この中に、なんども出てくる短歌がある。
この歌にヤられた。

湿原に
凜と硝子の葦立ちて
うつろらさら
砂流れたり

求めども
与へられざる業なりや
開くてのひら
闇を掴めり

手探りの
愛ゆへ生きとし生けるもの
天を仰いで
暗闇をきく 

などなど

これらが掲載されている短歌集は、主人公の幸田節子が書いたもの、という設定だ。
ということは、桜木紫乃氏が書いた短歌なんだ。

・・・凄い。

しばらく本から離れていたけれど、ちょっとこれから「桜井紫乃」作品を、時系列に沿って読んでみよう。

などとグダグダと考えながら、テレビをつける。
「美女と野獣」をやっている。

あんまり興味ないな、と思いながら、ぼんやり見ていたら、どんどん引き込まれる。
ドレスの美しさ、映像の美しさ
魔法で野獣に変えられた王子の、元の姿の、なんと野卑なこと。

そこかよ!」と、突っ込まれるかもしれませんが。ww

大体が、「シンデレラストーリー」は幼い頃から苦手だった。
「末長く幸せに暮らしました」という最後の決め台詞を読んで、うっとりとため息をつくことなど一度もなかった。
「そこからが人生長いんやろが!」などとホザく、可愛げのない子供だったのだ。

うだうだと自分語りに移行するという、最悪のパターンに陥りそうなので、ここで「猫との暮らしブログ」にふさわしく、猫にご登場願います。


今日はキリッと賢そう♪

え?
いつもと違いすぎる?

ごめんなさい。
よっぱらいねこさんのブログより拝借したのです。

この子、とっても格好いい。

















ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな静かな時間を愛す。 | トップ | ふにゃ〜 へにゃ〜 の腰砕け... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
激しく同意! (そらにゃん)
2017-05-20 16:47:30
ブログ中の短歌を読んで、私も「でもこれって、結局は作家さんが自ら考えた歌だよね」って思ってました。本当に、作家さんの頭の中ってすごい!きっと、私のような凡人がミクロの決死圏みたいになって入り込めても、その迷路のような複雑さにギブアップしちゃうんでしょうね。
紙とペンだけで、何処までも何処までも世界を広げていけるなんて、住む世界が違いすぎます。…あ、「紙とペン」って表現が昭和臭い?じゃあ、キーボードだけで。(笑)

私はさっき、宮部みゆきの「三鬼」って小説を読み終えました。もうね、最後は涙が溢れて。1人で良かった〜。これ、以前にもご紹介した「三島屋変調百物語シリーズ」の第四弾なんですけど、今回もやられました。読み終えた時点で、第五弾を待ち焦がれている始末です。もし、お時間があればお試しください。

今日は暑い!
洗濯物も、丸洗いした猫トイレも、良く乾きました✨
ごんは、どこぞの猫と喧嘩したところが膿んで、夫と姑との先程3人がかりで排膿、消毒を済ませました。ごんは、口の中や顎を怪我しても、全く食欲も元気さも変わらないので、発見が遅くなって困ります。それでも外に出すのをやめる気が無い時代遅れの飼い主は、どうか病気だけは貰ってこないで、無事で帰って来てと祈るばかりです。

今日は、アーモンドチョコがけのアイスバーの元気玉です。扇風機を出そうか思案中。
あら〜 (N)
2017-05-20 17:59:28
確かに、このねこさん男前さんです。きりっとしてます。栗吉くんだってハンサムさんだけど、お腹の辺りが、、、ちょっと違いますね、ははは。
それにしてもそらにゃんさん、いいな〜。もちろん、ごんちゃんのことじゃなくて(ごんちゃん、怪我が早く治るといいですね)気温! 今日はこちら、最高気温が14度でした。明朝は霜がおりるかもしれないとのことです、うう。
薪ストーブの前でだら〜としているたまのごろごろ元気玉をお送りします〜。
不完全燃焼とハードボイルド茶縞男 (えむ吉)
2017-05-20 18:52:02
その後を誰か報告して欲しい、でも、下手な報告は許さんぞ...とシンデレラストーリーには昔から思っていたものでした。だって人生長いやん、そこで終わらへんやん、それって不完全燃焼やん、と一人で突っ込んでましたっけね。

しかし写真の茶トラ君、なんとハードボイルドな。一瞬うちの茶縞坊主かと思いましたが全然違いましたね。ははは。シッポからして違います。うちのは鍵で短い。ま、そこがいいんですけどねー(下僕バカ)。
そらにゃんさま (ポン吉)
2017-05-20 23:10:09
遅くなりました!
実は今日、とっても大切な「あの方」と会っていたのです。うらやましーでしょーーー♪
え?
誰だかわからない?
Mがつく方ですって♪
いや、キジ猫の眉間二よく入っている印じゃありません。ww
詳細はまた明日♪

ところで、こんなすごい短歌を、自分の短歌集としてじゃなくて、小説の中にさらっと書いちゃうなんて、本当にすごい。「包丁一本さらしに巻いて」←古い?wwじゃなくて、「えんぴつ一本ハチマキ巻いて」一生を描き出すんですからね。
宮部みゆきの「三鬼」ですね!早速探します。いつもありがとうございます!

ごんちゃん、ますますワイルドに育っていますね。このまま怪我がさっさとふさがりますように。
私も、こんな住みにくい街中じゃなければ、本当は自由に家を出入りさせてやりたい。猫が、猫の額よりもはるかに狭いリビングで一生を暮らすことを、世間では猫のためとか言っているけれど、人のエゴなのかもしれないな、と思うときもあるのです。7週間も戻ってこないのはゼッッッッッタイに御免ですけれど。

アイスクリームを本気で食べたい季節になりました。うちでは扇風機がすでに稼働中です。こちらからは、某M氏といただいた和菓子を送ります!ピンク色の花柄です。ww
Nさま (ポン吉)
2017-05-20 23:15:07
霜!?
薪ストーブ!!?

あらら、どんどん冬に向かっていますね。寒いと猫がますますかわいい。湯たんぽ代わりになってくれるから。ww
ゴロゴロ言っているたまちゃんの姿が目に浮かびます。うちはそろそろ、ベッドでくっついて寝てくれなくなりました。栗吉は、ベッドの下におりて、フローリングの上でぐんにゃりしています。ww

ねえねえ、栗吉にコルセットをしたら、このニャンコみたいになる?
なりませんよね〜涙
こちらからは、生菓子を送りますね。今は、カキツバタとかつつじとかをあらわした生菓子が多いです。
えむ吉さま (ポン吉)
2017-05-20 23:21:41
今日は本当にありがとうございました!楽しかった!ほんとに。東京バナナまでいただいちゃって♪

ところでえむ吉さんも、ハッピーエンディングに疑問符をつける可愛らしくない少女だったのですね。ww
こういうタイプって、全少女の何パーセントぐらいいるんだろう?ww

「不完全燃焼とハードボイルド茶縞男」だなんて「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」のもじりでステキ♪

鍵シッポは幸せを引っ掛けてくるから、いいんです。(ただし、自分の幸せだけを引っ掛けて回っている、という説も。ふひひ)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL