英語な日々

京都在住の英語講師が、英語と猫漬けの日々について語ります。時々、美味しいものの話、時々、脳動脈瘤の話、それと介護話もね。

ラクレット2回がけ♪

2017-03-18 | グルメ
大丸京都店で、「パンフェスタ」が開かれていた。

チーズが大好物の母に食べさせたかったものがあるのだ。
「ドンクのホットドッグラクレット2回がけ」だ♪

目の前で、熱したチーズをごそっと削って、たらーりとパンの上に乗せてくださる。
それも2回!!
高齢者の食べ物じゃない気もするのですが。笑

(参考資料:ラクレット ww)


少食の母には、半分ほどしか食べられなかったのだけれど、それはそれは喜んだのだった。
痩せ型の割に、コレステロール値の高い母には、あまり勧められたものじゃなけれど、ほんのたまにはいいよね?





姑をみていて、つくづく思うのだ。
食べられる間に、食べたいものを、少しでも食べられる幸せが、どれほど大切なのか。
姑は、母よりはるかに年上だ。99歳までは、好きなものを少しずつ食べていた。
今は、何を話しかけても涙を流して、黙して語らず、ひたすら体を縮こまらせている。
食べる楽しみなど、とうの昔に失ってしまった。

老いることの現実は、本当に厳しい。


あなたはまだ若くて、幸せね。
・・・それにしては、不満そう?ww







ジャンル:
パン
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっしゃる通り。涙 | トップ | 心の外側と内側 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くにちゃん)
2017-03-18 02:18:33
なんて魅惑的な!
ぁ〜二度掛け!
うーん、絶対美味しい!

それにしても
僕には、老いに対して
人類的問題なのに、人類は自らが老いるまで、事の重大さに気がつかない歴史を
只々ダラダラと続けてるんですよね

近頃、僕自身、如何なる死に方になるのかをかなり真剣に考えます
呆けの方向か?それとも不治の病?
後者はすでにそうなんだど
追加される?
事故も有り得る
いや、取り留めもない思考を巡らせるのも、暇つぶしの戯れ言ですが
真剣に、国には考えて欲しいもんです

あ!アイスクリームを食べよ〜
た、食べたい! (そらにゃん)
2017-03-18 14:33:29
ラクレットって、ハイジのおんじが暖炉で焼いてたパンを彷彿とさせて、なんて美味しそうなんでしょう!しかも2回がけなんて、なんて、なんて…じゅるるる🤤
あの、ナイフでこそげ取るドロドロのチーズ、まさに、チーズのマグマ大使や〜っ🧀
お母さまの幸せそうな様子も想像できちゃいます。お母さま、孝行娘を持たれましたね。

食べることと、生きようとするエネルギーは、切り離せない関係ですよね。だって、人間の、動物の一番根底にある欲求ですもの。
私の祖母も、寝たきりになってしまってからは、最後まで食事はもちろん、全ての事への積極性が無くなってしまいました。他人のお世話になることを嫌う人でしたから、自分の良しとする生活からは真逆なところに身を置いた気がして、絶望しか無かったのかも知れません。周りの人間がどれだけ励まそうとしても、泣くばかりでした。
本当にね、老いるって何だろうと思います。周りは元気になってもらおうと、色々手を尽くす。本人は、それが不本意で、受け入れられない。
リハビリも、若くて復帰を目指す人の場合と、そうでない人の場合では、意味合いも必要性も全く違って来る。
(これらはあくまでも私の家族のケースを基にした、私の考えです。)

もしかしたら、もう何十年もした頃には、老いに伴う介護やリハビリや治療への考えが全く変わっていて、「あの頃は、こんな風に考えていたんだね」「昔の考えだよね」なんて言われているのかも知れないですね。
そうやって、きっと答えなんか出ないんです。

今日は期待したほど暖かくならなかったんですが、庭のムスカリが咲き出してしました。小さなブーケにして元気玉で飛ばしますね。それにしても、植物ってどうやって季節を知るんでしょうね。
くにちゃんさん (ポン吉)
2017-03-18 14:46:22
国を牛耳っている、精力も体力も欲望もギンギンの方々も、自分の身近に死が迫らない限り、やっぱり人ごとなんでしょうね。で、身近に死が迫ったら、人のことなんてどうでもよくなっちゃうのかも。

ラクレット2回がけ、それは美味しいのですが、チーズの哀しい特性で、母がゆっくり食べていると、あっという間に、端からだんだん固まってくるんです。ですから、私が大急ぎで、固まりかけのチーズを横から食べていました。笑

アイスクリーム!!
食べたいな。ブツブツ ww
そらにゃんさま (ポン吉)
2017-03-18 14:53:57
そうか、あのラクレット、何かにいていると思ったら、チーズのマグマ大使だったのですね❣️笑
ほんとにそうです。これを食べるときは、カロリーとかコレステロール値、なんていう言葉を完全封印しなければなりません。
母には頭が上がらないのです、以前書いたことがあると思うのですが。涙 散々苦労をして、家を守ってきた人ですから。それに、姑を見ていて、母の老い先を考えると、今しか好きなものを食べられる時期が残されていないように思えて。すでに、老老介護の域に入りつつあるんですもんね。ww

そらにゃんさんのおばあさまと今の姑の状況は、とても似ているようんび思います。姑はあらゆることに絶望しているように思えるのです。人生の最後が、こんな悲惨な状況だなんてね。私たちにできることがだんだん少なくなってきてしまいました。


ところで、こちらも、思ったほど亜叩くないのです。三連休は、とってもいい春の日々だって、テレビで言ってませんでした?お花の元気玉、感謝です。こちらからは、揚げたてのフライドポテトを送りますね。どこまでも食欲関連で、ごめんなさい。ww
マグマ大使? (えむ吉)
2017-03-18 17:11:05
いかん、またコメント欄ですべてを忘れて違う世界にとびそうだす。です、じゃなくて、だす、なんですよ。

ハイジまでは理解できたんですけど、マグマ大使?なんでマグマ大使?そらにゃんさんの発想には驚かされます。ああ、自分の小市民ぶりを痛感するわー。

私としてはラクロスじゃなくてラクレット、素敵な野菜サラダをつけてもらえるとベストテンです。お待ちしております。あ、今日は数時間後にオタワにお願いします。どうもー。
えむ吉はん、コメントのキル・ビルや〜 (そらにゃん)
2017-03-18 20:47:11
えー?

チーズドロドロ→噴火したマグマみたい→チーズの活火山や〜ではヒネリが足りないのではないか→チーズのマグマ大使や〜

と、相成りました。
解説したら、全くおもろないやんけ!
えむ吉はん、無邪気なコメント殺し、やめてんか〜
えむ吉さま&そらにゃんさま (ポン吉)
2017-03-18 22:45:14
そうそう、チーズどろ〜り→マグマみたいな流れ方→あれ?火山やん!→マグマ大使参上!ですのよね♪

えむ吉さんはそろそろオタワ?カナダは随分寒いのでしょうね。こちらは三連休の間、春の陽気でとっても暖かい、という予想だったのに、結構寒くてそれほど晴れず。涙 

今日はから〜い四川料理を食べてきました。辛美味い麻婆どうふを元気玉に乗せて送りますね。食べたらきっと火を吹いてあったかくなるかも。ww


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

グルメ」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL