英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

高瀬のつぶやき、緑のつぶやき

2017-09-12 | 日記
半年ほど前に、高瀬川沿いに小さなカフェができた。
独自にブレンドしたコーヒーを出す、小さなテーブルが5つほどの、本当に小さな店だ。
MURMUR'S COFFEEという名前も気になっていたのだ。
murmurって、ブツブツ言うとか、つぶやく、だよね?
誰がどうして何にブツブツ言ってるんだろう?


以前から、お店が完成したら行こう、と楽しみにしていたのだけれど、元来のシャイな性格ゆえ、なかなか一人で脚を踏み入れることができなかったのだ。

シャイの定義が間違ってますって?
ほんとに?ww


今日、前を通りかかって、思い切って入ってみた。

あれ?
すごく快適な空間だ。
開け放たれた前面の窓の向こうは、高瀬川だし。
窓で切り取られた緑の高瀬川は、非日常の美しさだ。
毎日見ている景色なのに、どうしてこんなに違うのだろう?




「高瀬川」と銘打ったコーヒーを注文する。
やってきたコーヒーは、爽やかな香りがする。
キリマンジャロベースですって、よくわからないけれど。



ポツポツとお客さんがやってくるので、ずっと適当に席が埋まっている。
満席にもならないし、無人にもならない。
いいな、仕事をするのに最適の環境だ♪
しばらく、持っていた仕事に没頭する。

一息ついて、真横の壁に、きれいなカリグラフィーの作品があることに気づく。
お店の命名由来らしい。




そうか!
つぶやいているのは、人じゃなくて、高瀬川や緑の木々だったんだ。
思わず、笑みがこぼれる。


いいお店ができたものだ。
よし!
これから、書き物系の仕事は、ここでするぞ♪
ずっと集中できる場所を探していたのだ。


だってね、家でやってるとね、これですもの、ご存知の通り。涙







ジャンル:
その他
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のんびりした日曜日、だった... | トップ | 錯視のせいです!そうなので... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くにちゃん)
2017-09-12 00:52:57
まー!なんと素敵なお店でしょ!
こーゆーお店との出会いは、幸運としか
言いようが無いですね

ところで、言葉の変化は目紛しく
意味が曖昧になり、勘違いが別な意味を生み出します
例えば「吝かでは無い(やぶさかではない)」って
今では、しょーが無しだけどな!みたいな
恩着せがましい感じですが
本来は、「何をさて置き、馳せ参じます」または
「よろこんで、役に立たせていただきます」なんですがね〜

シャイって、どんな意味でしたっけ?
意味がよくわかんないなー
僕が無口だから、言葉を知らないだけかな?

とても良い仕事場が出来て
良かったですね〜
大阪は、絶望的に無いんだなーこんな店
緑の圧力 (そらにゃん)
2017-09-12 08:44:58
まったまた〜
本当は、くーたんのお尻としっぽと格闘しながらのお仕事も大好物なくせに〜ひひひ。

緑のつぶやき、ですか〜。いいですね、適度な緑。うちの周りは、つぶやいてません。真夏なんて、唸りなら圧力かけてきます。昔、「緑を眺めると視力が良くなる」なーんて言われてましたけど、その原理だと、今頃私は京都辺りまでなら軽〜く見渡せる視力の持ち主になっていると思われます。

くにちゃんさんがおっしゃっている通り、しっくり来る場所との出会いって運ですよね。あ、もしかして、そのお店はお姑さんが「いつも頑張ってくれてありがとうね。たまにはりふれっしゅしなはれ」って気持ちを込めた、ポン吉さんへのプレゼントかも。で、お店のキッキンを覗くと、実はこんたら号の乗組員が働いてるの。耳をすませてみると、緑のつぶやきだけじゃなく、店員さんの喉からゴロゴロいう音も聞こえてくるかも。
まあ、なんにせよ、せっかく見つけた素敵な空間に、観光客が殺到しませんように。

今日は、きゅうりの輪切りとサバの水煮缶の和え物の元気玉です。お醤油と胡椒も少々。これ、簡単なんだけど、美味しいんです。
壮大な前書き (えむ吉)
2017-09-12 12:49:57
ご近所に素敵なカフェができていた、と。
シャイ?謝意?斜意?(変換ミス?)な性格のため
ようやく行けた、と。
店の名前もオラオラ文句系ではなく
オサレで可愛い由来であることが分かった、と。
落ち着いた雰囲気でここなら仕事もはかどるぞ、と。
だって家ではプリンス・テフが邪魔するから、と。
で、写真を載っけて
「ヤダもうこーまーるーーーー」(くるさん風)

早い話が自慢話の壮大な前書きだったってことですよね。素直に「こんなに愛されちゃって困っちゃう~」って言わないところが、さすが京女です。次からはオンライン英和辞典を引用しないで、京女本音辞典を引用していただいた方がいいかも。あ、京女だから絶対しないんですよね、そういうの。

これまでこちらのブログを拝読してきた経験から言わせていただければ、「シャイな性格」というのはですね、強烈なオーラを放射しながら某地元銀行で何本もの尻尾をぶん回して行員をビビらせるほどの存在感を体現する性格、でしょうかね。うふ。
猫下僕さま〜 (N)
2017-09-12 15:23:03
ああ、私もちょっと思いました。きっと素敵な喫茶店や美味しいコーヒーにも感激なさったのでしょうけど、一番おっしゃりたかったことは「く〜たん王子と私はラブラブ〜💏」ですよね? もし、く〜たんが突然聞き分けよく「お母はん、今日はな、じゃませんと隣の部屋でおとうなしゅうしときますさかいに、安心してお仕事しておくれやす」なんて言い出したら、きっときっと、悲しみにくれてお仕事どころじゃないことでしょう!
今日は、洋梨とチョコレート、カスタードのタルトの元気玉をどうぞ。久しぶりに作ったら甘さ控えめすぎました、(^◇^)。
くにちゃんさん (ポン吉)
2017-09-12 17:00:06
そういえば、独壇場(どくだんじょう)ていうのは、本来は(どくせんじょう)って読むんだと聞いたことがあります。これは、意味は同じで読み方が違う例ですが。「全然」だって、今は肯定文でも全然使っちゃいますもんね。笑

それで、ですね。
くにちゃんもシャイだったんですね♪
シャイ同盟を作らなくっちゃ。そうか、シャイな人間はシャイ同盟なんて作って旗振りはしませんよね。ww

外に仕事をできる場所が見つかると、なんだか楽しくなります。しばらくは、これで仕事が捗りそう、かも。
そらにゃんさん (ポン吉)
2017-09-12 17:39:29
「唸りながら圧力をかける緑」!
こちらでも、真夏はそんな感じです。涙 ただ、緑の量が圧倒的に少ないので、そこまで力がないのです。ww
私も、幼い頃、しばらく本を読んだり宿題をした後に、必死で庭の外の緑を見ていました。おかげで、視力は2.0を下回ることなく来たのですが、途中からどんどん遠視(老眼ともいう。笑)が進み、あっという間にメガネが必要になりました。近視を留めるのがよかったのか、老眼になるのが遅い方がよかったのか、こうなるとよくわかりません。

カフェ、いいですね〜♪コンタラ号の面々が働いていて、時々尻尾をぶん回しているのが見え隠れするなんて。それこそ、最高の居場所です。ああ、本当にそうだったらいいな。

鯖缶、私も大好きです。小さい頃から、キュウリの薄切りとマヨネーズとお醤油で食べていました。胡椒もよさそう♪
こちらからは、青唐辛子とおじゃこを炒めたのを送りますね。暑ご飯の上に乗せたら美味しいです。親戚から大量に青唐辛子をいただいたのです。ありがたや〜♪
えむ吉さま (ポン吉)
2017-09-12 17:52:33
バレてしもうた。ww
えむ吉はん、京女のおそろしさ、ようご存知どすな。
ああ、そういえば、えむ吉はんも、関西においでやったんですもんな。
それなら、あたし達、似た者同士ですわよね♪

[murmur]って、どっちかというと、文句をぶつぶつ言っているイメージで使っていたのですが、木々が囁く、でも使えるんですね。(調べました)知らなかったんです、お恥ずかしい。

シャイ、という言葉の定義に関しては、このブログ上の定義と、一般常識が、かなりかけ離れていることは、認めます、ハイ!涙




Nさま (ポン吉)
2017-09-12 17:55:48
あらら、Nさんにもお見通しでしたか。笑

家で仕事をする醍醐味は、机上の猫のしっぽとの戦いなんですもんね♪ 隣の部屋で、丸くなってねられたりしたら、すぐに仕事に飽きてしまうのです。笑

タルト、なんて美味しそうな材料なんでしょう。甘さ控えめでも、それはそれは美味しいだろうな♪
こちらからは、ケーニヒスクローネの抹茶ゼリーを送ります。お友達が持って来てくれたのです。なんと6つも♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL