英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

人知を超えた存在に

2017-02-09 | 病気
アジアのとある辺境の街に、こんな猫がいたらしい。









あれ?
栗吉や、しばらくうすらぼんやりしてると思ったら、こんな遠いところまで行ってたの?
尻尾の曲がり具合で、すぐに気がついたよ?ww




「おとぉはん」が心配だったそうです、いろんな意味で。ww

で、式神を飛ばしたんだか、生霊になって行ってきたんだか。
よくは分からないのですが。ww



今日の姑は、ずっと言い続けていた。

恥ずかしい
恥ずかしい
恥ずかしい
八百万の神さんが、あんまりたくさん来てくれはって、おひとりおひとりにお礼を言えへん
なあ、お礼を言ってえな
山の神さんに
川の神さんに
海の神さんに

そう言って、姑は、私の腕を強く握る。


おかあさん、神様、たくさん来てはりますか?

そうやねん、いっぱい来てくれてはるねん

神道では、そうよね、全てのものに神は宿る、ですよね。


ひとつひとつに、声を出して、お礼を言う。

山の神様、ありがとうございます。
海の神様、ありがとうございます。
川の神様、ありがとうございます。

姑は震えながら拝んでいる。


やっぱり人知を超えたなにかがあるんだろうな。


『介護』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会心の作? ww | トップ | ようこそ我が家へ!ww »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たくさんのかみさま (そらにゃん)
2017-02-09 10:56:29
デレ吉くん、アジアの果てまでおとうはんのことが心配で馳せ参じちゃったんですね。…残念ながら、「馳せ参じた」感がイマイチですが…(笑)。
彼の地では、ちょっとオリジナルよりアジアンテイストが強い感じの出で立ちですね。ほら、左甚五郎の彫った眠り猫とかに全体のフォルムを寄せてる感じ。でも、尻尾はちゃんとデレ吉オリジナルで、自己主張も忘れない。式神やら生霊やらを駆使できるなんて、さすが神さんのお遣いの有難い猫さんだけのことはありますね。

お姑さん、八百万の神さまをおもてなししなくちゃならなくて、テンパっちゃったんですね。きっと、家族のみんなにも手伝ってもらわなくちゃ間に合わないって思って、アワアワしちゃったんでしょう。そんな中、ポン吉さんやお義姉さんが一緒にお礼を言ってくれるのは、どんなに心強かったかと思います。

残念ながら私はお会いしたことがありませんが、この国にはあらゆる所に神さまがあらせられるのでしょう。
だって、いいことも悪いことも、偶然では片付けられないことって確かにありますもの。Mr.が遠く離れた土地でデレ吉くんに会えたのも、神さまが成された業説を否定し切れませんし。あ、そうすると、日本以外でも、神さまは其処此処に御出でになるってことですよね。なんて心強い星なんでしょう。…話がでっかくなっちゃった😋

そちらは雪ですか?こちらは雪予報で戦々恐々としていましたが、今のところ気温は低めなものの薄曇りで経過しています。
白菜と鮭と春雨のスープを元気玉にして飛ばしますね。熱いので気を付けて下さいね。
さすが、おかあさんの息子 (えむ吉)
2017-02-09 15:49:18
いやー、とうとう猫版Kurikichi君まで登場ですか。
尻尾がもうそのものだし、前を向けば白いバンダナ巻いてるし(あ、ヨダレかけ?)ww 今日の栗吉君はちょっと魂半分抜けているっぽいので、また行っているんでしょうねぇ。「あ、こっちの方が体が軽くて楽?」とか思っていたりして。ww

それにしても、栗吉君まで心配して見守りに言っちゃうなんて、愛されてるんだか頼りないと思われてるんだか。まぁ、事故に転落とくれば、心配にもなりますわね。Mr.しっかりー!

でも、おかあさんの息子ですから、あっちゃこっちゃでいろんな神様が、あるいはそのお使いが、見守っていてくれるんでしょうね。

お母さんはお見舞いがたくさんで大変ですね。東の方にご挨拶対応の下請けがいますから、安心して東に回して下さい、って言ってもダメでしょうか。「あんたには50年早い!」って言われちゃうでしょうかなー。「いっぱい来てくれてはるねん」って、感謝形で話せるところが、おかあさんのすごいところです。

こちらは雨がみぞれになりました。寒いですねぇ。西の日本海側は雪になるとか聞きましたが、大丈夫でしょうか。

私からはベリーベリーのスムージーでーす。あったかいお部屋で飲むと、気分転換に良いかも。
そらにゃんさま (ポン吉)
2017-02-09 17:02:09
わかります!左甚五郎っぽい猫!
本当にそんな感じですね。っていうか、うちのデレ吉が痩せたらこんな感じなんだな、と思ったり。ww
尻尾の先が、ちょんと曲がっているのには参りました。やっぱりいるんですね、似たような子、いえ、うちの子が体重減らして彼の地まで行ったんですけどね。ww 

姑の言うことが、せん妄なんだとはわかっているつもりなのですが、そうとは思えない瞬間を掬っていったら、なにか形になるように思えてしまいます。
ただ、姑は、「恥ずかしい、恥ずかしい」と言ったり「私に何が足りひんの!」と叫んだりするとき、とても苦しそうな顔をするのです。この頃ずっとそんな顔をしています。命があるというのは、ある意味残酷だなと思ってしまいます。

こちらは、雨がみぞれになったり、ボタン雪になったり、とにかくものすごく寒いです。あったかいもの大歓迎!
こちらからは、カチカチに凍った、ハーゲンダッツを送りますね。お部屋で柔らかくしてどうぞ♪
えむ吉さま (ポン吉)
2017-02-09 17:08:13
いや、絶対思ってますって!「こっちの方が軽くて身軽やわ!」って。笑
それにしても、彼の地の子たちは、みんな食糧事情が悪いのか、それとも、野生を残しているのか、スマートです。夫はよほど猫充足度が足りていないらしく、あちこちで犬猫の写真を撮っています。仕事はどうなっているんでしょう?笑

姑は、苦しそうです。いつも自分を責め続けています。「自分には何かが足りない。」とか「大事なことを思い出せない。」とか「恥ずかしい!」とか。骨折前は穏やかな顔をしていたのに、本当にかわいそうです。どうしたらいいのかわかりません。そらニャンさんへのコメントにも書きましたが、生きることはある意味残酷だな、と思ってしまいます。

さてさて、こちらはとっっても寒いですよ。私の家の周りは積もっていませんが、きっと明日の朝のテレビでは、「雪の京都」とかいって、白いお寺なんかが放送されることでしょう。

ベリーベリーのスムージー♪
暖かな部屋でいただきます!
こちらからは、カリフラワーのスープを!熱々をどうぞ。
Unknown (くにちゃん)
2017-02-09 19:35:43
僕も、八百万の神々を信じる感じです
先日、陶芸教室ってのに初めて行きましたが、轆轤を使って皿を作ってると
粘土が成りたい形になって行くのを感じます
そうですか、神々がお母様の所を訪れたんですね〜

いつか、僕も会えるかな?
くにちゃんさん (ポン吉)
2017-02-09 23:44:30
轆轤には、土の神様やら、器の神様やら、いっぱいいらっしゃるのでしょうね。

いつか、くにちゃんさんにも会えるかって?
分かりました!
仲介して差し上げます!
つきましては、手数料のご相談を!


なんて言いません。
いつか、会えるのでしょうね、それぞれの信じる神様に。

コメントを投稿

病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL