雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

12/7 夏井先生 冬の足湯  続き

2016-12-07 14:22:28 | 動物の心理

12/7 夏井先生 冬の足湯


# 足湯人湯気に紛れて声高に


足湯の人たち、湯気で周りが見えないので、

自分たちも見られていないと思っているらしく

声が聴かれているのも気がつかないで

声張り上げておしゃべりに夢中。



# 足つけて湯の温もりに手まで入れ

足湯はやったことがないと最初に書いた。


これは想像。

もし足湯をやったら、

お湯の温かさに風呂嫌いも忘れて、

手までお湯に突っ込んで、湯をバチャバチャやるのではないだろか・・・・



# そっと歩く赤いモミジの毛氈かな


夏木先生のお題で紅葉の公園とかがあった。

あの時、黄色のイチョウの葉が地面に積もって

まるで絨毯のようで、

その上をそっと歩いてみたいと書きたかったのだけど

できなかった。

きょう、赤いモミジでスラっと出てきたのだけど、

どうでしょう、先生。


モミジの「の」だけでモミジが毛氈のようだと

わかるでしょうか?



# 青空や雲がとぶ飛ぶ冬一番


私は地上で風を感じなかった。

しかし、空の雲の流れの速いこと。

まさに飛ぶ感じだった。

それなのに、空は真っ青で、穏やかな日だった。


#澄み切った空に木枯らし雲が飛ぶ


同じ状況なのだけど、表現を変えてみた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  12/7 梅毒の話 | トップ |  12/7 稲田防衛大臣、区切り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。